話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

人類滅亡

 とても見ていられなかった。
 ミノルがゆっくりと、ショウイチから刀を引き抜く。ぷしゅうという生々しい音。ショウイチの胸から鮮血が勢いよく飛び出す。
 ショウイチは完全に意識をなくしたようだった。そのままぐったりと全身をミノルの肩に預ける。かつて友人同士だったはずのミノルは、そんなショウイチを鬱陶しそうに押し退けた。ショウイチは弱々しく地面に倒れ込む。

「……さて」
 刀身にこびりついた血液を一振りで払いのけながら、ミノルは目線だけを私に向けた。
「どうする。戦うというのなら相手はしよう」
「ミ……ミノル……なんで……どうして……」
 自分に負けちゃいけない。それはわかっていた。だがどうしても涙が止まらない。
 私は震える手で刀を構えた。
 止めなきゃ。彼を。私の大好きな人を……

 そんな私を見て、ミノルはため息をついた。
 瞬間。
 私の視界が急に回転した。脇腹に激痛を感じて初めて、投げつけられたのだと悟った。まかに神速のごとき動き。本当に――私が憧れ愛したミノルはもういないのだ。
「う……」
 それでも立ち上がる。刀の切っ先をミノルに向ける。

 ミノルの攻撃に隙などなかった。私は一方的に蹂躙されるのみであった。
 やっと姿勢を立て直しても、すでに視界にミノルはいない。思考が追い付かないまま、ひたすら殴られ投げられる。
 意識が遠のいていく。
 身体の節々が悲鳴をあげる。
 私は死を覚悟した。これもミノルを裏切った罰か。

 瞬時、けたたましい男の叫びが聞こえた。
 地面に横たわったまま顔だけを向けると、カクゾウがミノルへ斬りかかるところだった。憤怒の形相で俊敏な斬り込みを入れる。
 ミノルはそれを刀身で受け止めた。カクゾウが押し返そうと鈍い声をあげるが、ミノルは意に介さない。
「へえ賊の長か。なぜかおまえからはそれほど欲を感じないね。不思議な男だよ」
「黙れ下郎が! 貴様のせいで我々の計画は台無しだ!」
「賊なんかに下郎呼ばわりされちゃ終いだよ」

 ミノルは、ふんと刀に力を込めた。武器ごと弾かれ、体勢を崩したカクゾウに、斜め一文字の斬撃を叩き込む。
 おおおお、とカクゾウが片膝をついて悲鳴をあげる。カクゾウの直垂を紅色が染め上げていく。
 賊の長すらもミノルにはかなわない。なんてとんでもない強さだ。

「はっ、このままおまえたちを殺すのも訳ないけどね。そろそろ遊びはやめにするよ」
 言うなり、ミノルはふわりと空中に浮かび上がった。これも怨神から授かった悪魔の力か。
 悪魔の使いは、こちらからは点にしか見えないほど高く浮かぶ。その一点から、見覚えのある紅い光が輝きはじめた。かつて怨神の手から発せられた、あの光にそっくりだ。

「まさか……」
 カクゾウがなにかを察したように目を見開く。
「やめろー! 都長の屋敷を壊すなー! 人類が滅ぶー!」
 都長の屋敷。
 はっとした。
 そうか。この都を運営してきたそいつを殺してはじめて、都の破壊は成立する。そして都の破壊は、自給自足のできない村にとって死の宣告を意味する。都がなくなれば、食料の流通が滞る。

「くそが! 怨神の野郎、徹底的に我々を追い詰めるつもりだな!」
 カクゾウはちらと私を見ると、怒りの捌け口を求めるように怒鳴り散らした。
「最近わかったことだがな、怨神が襲う村には共通点があったんだよ!」
「え……?」
「良質な土地で、作物を育てやすい村。怨神はそこしか狙っていない!」

 なんだと……!
 それでは人類全体が飢餓するのも時間の問題ではないか。たしかに私が訪れた村では畑が完膚なきまでに荒らされていた。私の故郷も自力で生き延びられるだけの収穫があった。そういうことだったのか……!

 だがカクゾウの声は届かなかった。
 紅の光点が狂おしいほどに輝かしく膨張すると。
 かつて怨神が見せたような、死の可視放射がミノルから発せられ。
 巨大な屋敷を、一瞬にして猛火が焼き尽くした。





 決戦の結果は、人類の完敗に終わった。
 人類の滅亡まであとわずか。
 人々に打てる手は……もはや無きに等しかった。


【二章 終】

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く