話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

機密情報

 村民の団結力はすさまじかった。

 一週間という短い期間で、約三割ほどの家屋が元通りになっていた。怨神に押し倒されたはずの木々も、ほぼすべてが綺麗になくなっている。それらは家屋の建て直しに利用されているようだ。動物の力も総動員されているようで、人間に連れられて木材を運んでいる馬もあちこちにいる。

 当然だが、真っ先に修繕されたのは長老の家らしい。私の生まれるより前にそこにあったであろう建物が、ほぼ完璧な形で再現されていた。

「すごい……」
 来訪者に連れられ、村を見渡しながら、私は思わずつぶやいた。
「すごいよな。みんなまだまだ現役でよ、嬉しい限りさ」
 そう言って来訪者も笑った。

 それだけではない。村民らはこれ以上ないくらいに優しかった。働き盛りにして一週間も怠けていた私に、白い目を向けてくる者は一人もいなかった。気まずい思いで村を歩く私を、咎める者は誰一人としていなかった。久しぶり。元気か。大丈夫か。もう動けるのか。穏やかな顔でそう言ってくれる彼らに、涙をおさえて返事をするのが大変だった。

 賊のように、奪うことしか考えない人間もいる。
 そして村民のように、他者への愛を忘れない人間もたしかにいる。

「じゃ、俺は仕事に戻るからな。おまえらも早く仲直りしろよ」
 言ってから、来訪者はいずこへと去って行った。私とショウイチだけが残された。

「……じゃ、入るよ」
 彼の顔を見ずに、私は問いかける。
「……ああ」
 彼もたぶん、私を見ないまま応じた。

 扉を開ける。
 その先は、見慣れた村長宅そのものと言ってよかった。
 太い丸太がいくつも連なった床。その中心部を、村一番の職人がつくりあげた赤い絨毯が横断している。同じく丸太によって構成されている壁には、鹿の頭部や、獣の毛皮が飾られている。

「おお、チヨコ、ショウイチ、待っておったぞ」
 そして絨毯の先に胡座をかいて座っている老人こそが、村一番の権力者――長老である。

「なーに言ってんだジジイ。さっきちょっと挨拶したじゃねえかよ」
 髪を掻きながら言うショウイチに、長老は眉根を寄せた。
「あんな一方的な挨拶があるか! まったく、その歳になって礼儀も知らんとはな」
 大仰にため息をつく長老。ショウイチも悪びれることなく、腕を組んでそっぽを向いている。久々に会った長老に対してこの態度。彼は相変わらず、肝心なところが成長しない。

「まあよい。二人とも、そこに座れ」
 言われて、私とショウイチは数歩進み、そこに腰を降ろした。私は正座、ショウイチは胡座という格好になった。

 うむ。長老はうなずくと、まず私に顔を向けた。
「チヨコ。あれから一週間が経つ。心境のほどはどうかの」
「……自分でもよくわからないんです。ですがもう過ぎたこと。彼のことは忘れます」
「うーむ」
 長老は片手で頬をさすりながら、しばらく黙考していた。やがて神妙な声でつぶやく。
「つまりは、現在まだ心の整理がついていないんじゃな」

 痛いところを突かれた。顔を落とし、
「はい」
 と小さく返答する。

「いや、いい。仕方のないことだ。わしとてばあさんを亡くした。気持ちはようわかる」
「すみません……本当は真っ先に働くべきなのに……」
「気にせんでよい。村の者はみな、お主の心境を理解しておる」
「…………」

 いけない。

 また『あれ』が起こる。ミノルの顔を、声を、腕を……思い出してしまう。

 その私の思考さえも読み取ったのか、長老はやや明るい声で言った。
「チヨコ。あわよくばミノルに会いたいか」
「……はい、まだ」
「そうか。……会える方法なら、なくもない」
「え……?」
 思わず顔を上げる。
「いいか。これから話すことは言い伝えにも記されておらん機密事項じゃ。心して聞け。いたずらに村民に吹聴するなよ」

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く