話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禁断の愛情 怨念の神

魔法少女どま子

長老の予感

  鍛錬場は村からすこし離れた位置にある。村民に迷惑をかけないためと、集中して修行するためだ。
 私たちは浮き足立っていた。暗い話が絶えない昨今だ。きっとみんな喜んでくれる。

「ねえ、手つないでいかない?」
 私は茶化すように言った。
「え? いまかい?」
「そう。みんなを驚かすの」
「うーん。いいけど、恥ずかしいな……」
 と言いつつも、ミノルがこちらに手を伸ばしてきた瞬間。

「あぁぁぁぁぁあ……」

 断末魔のように聞こえたそれは、間違いなく悲鳴だった。しかも村の方向からである。
 私とミノルは顔を見合わせた。
 聞き違いであってほしい。だが、いまの声の主は……

 私とミノルは条件反射的に駆け出した。
 血が騒ぐ。たぎる。鍛錬によって磨かれた戦闘本能が燃え盛る。
「いまの声! 誰だと思った!」
 息を切らしながらミノルが訊いてきた。
「長老! それしか考えられない!」
 ミノルも同意見だったらしい。暗い顔で頷いた。

 視界が開けてきた。じきに森を抜ける。そうすれば村はすぐそこだ。

「なにがあったの!」
 叫びながら、私は生まれ故郷を見渡した。
 村のあちこちにある家屋よりも、ひときわ大きい家。その手前のほうに、うつ伏せている老人がいた。顔を見ずとも彼が誰であるかはわかる。

「長老!」
 私は長老のもとに駆け寄った。ミノルも後から続いてくる。
 返事がない。
 急いで長老を起こそうとした瞬間――

「あーいたたたた……」
「ぎゃっ」
 あまりの衝撃に、私は間抜けな声を発した。
「たたたっ……あー死ぬかと思ったわい」
 場違いなほど明るい声で言いながら、長老はよっこらしょと立ち上がった。その腰がぶるぶると震えている。

 私とミノルは顔を見合わせた。思い人はあっけらかんとした表情をしていた。たぶん私もそんな顔をしているのだろう。
「あ、あの……長老」
 ミノルがおそるおそるといったふうに訊いた。
「どうなされたのですか。あのような声を出されて」
「いやーすまんすまん。歳を取るとな、腰がもろくなるんよ」
「こ、腰……?」
 ミノルが間抜けにつぶやくと、長老は自分の腰をトントンと叩きながら、
「そう、腰よ」
 と、こちらも間抜けな声で返した。

「いやーどうしたどうした!」
「長老ー! 大丈夫かー」
 今更のように村民たちが駆けつけてくる。だがみんな三十代や四十代の老人ばかりなので、当然ながら足どりは重い。

「気にするなー! 腰を痛めただけじゃい!」
 長老が意外にも元気な声で返答する。
「なにー! それだけかー!」
「それだけじゃーい! お主らもはよう農業に戻らんかーい!」

 あっけらかんとする私とミノル。あたたたと腰をさすりながら、長老は言った。
「で、どうしたんかね? 二人揃って」
「いや、その……」

 言いづらくなってしまった。私がしどろもどろしていると、ミノルが代わって話題を変えた。
「長老こそどうされたんですか。お身体が心配ですし、安静になったほうがいいと思いますが」
「ああ、それなんだがな」
 長老は震える腕で空を指し示した。
「変ではないかね?」

「禁断の愛情 怨念の神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く