夜蝶々

水乃谷 アゲハ

終夜

 全員が顔を見合わせた。その日の授業はどの5人の頭にも入ってこなかった。


 「……何で?」
 「……さぁ?」
 「ちゃんと埋めましたよね?」
 「はい、たしかにうめました」
 「……」
 全員が黙ってしまう。
 「…も、もしかして失敗した?」
 「いや、それはないかと…」
 「では、もともと呪いが存在しないという方向は…?」
 「そう、なのか…?」
 「い、いや、わかんないけど」
 「でもソレしか…」
 「ヤマト君?…どうしたの?」
 「……」
 「ヤマト?」
 「あ、あのな?い、一個、聞いてくれないか?特にシィ」
 「は、はい……?」
 「たぶん、あの呪いは成功してるんだ。でもな?たぶん呪いは……」
 「ヤマト君!」
 「スミレ、いいから」
 スミレがとめるのも聞かずに、ヤマトは次を続けた。
 「呪いは……俺にかかった……と、思うんだ」
 「「「は?」」」
 「昨晩のことだよ」
 そういってヤマトは話し始めた。

 「昨晩のことだ。俺はスミレと、ちょっと興味本位で鴻の山に上ろうとしたんだよ。いやさ、掘り返すつもりとかはなかったんだ。ただ見たかった。だから二人であの木の根本にいったんだよ。そしたらな?人がいてさ。掘り返してたんだよ。あの箱を。思わず頭に血が上った俺は、そいつと取っ組み合いになったんだ。夜だったから誰かはわからなかった。んで、負けたんだよ。取っ組み合い。スミレは陰に隠れててくれたらしいから助かったんだけど、俺はさ、そいつに髪の毛を抜かれたんだ。それから山からけり落とされてさ、あの山、土が軟らかいからそんなに大きな怪我はなかったけど、その後、スミレが動けないまま見たのは、とはいっても暗いから音とか影で見てたんだけど、見たのは、髪の毛の交換だって」


 「いいいい、いや、まってよ!?もしそれが本当だとしても、ヤマトが死ぬとは限らないじゃん!」
 「そうだぞ!まだ決まったわけじゃねぇ」
 「そ、それに、それなら今から髪の毛をとってくれば!」
 「そ、そうだよ!」

 「無理だ」

 「「「・・・え?」」」
 「朝からずっと、背中が痛くてさ。背中をさっきの休み時間、スミレに見てもらった。肩甲骨の辺りが真っ青になってるってよ。まったく笑えるよな。人を呪わば穴二つなんていうけど、それがこうなるなんてな。まぁ、みんなの穴を全部俺に来るっていうならいい気がするけどさ」
 「い、いや、でも髪の毛を!」

「無理だって言ってんだろ!分かれよ!箱が掘りだされっちまったんだよ!」

 「なっ…!!!」
 その言葉に全員が固まった。
 「今日の朝調べにいったんだよ!そりゃあそうだろ!自分の命かかってんだから!でも、髪の毛どころか箱ごともってかれたんだよ!もはやなにもできねぇんだよ!」
 ヤマトはそう叫んで、教室を飛び出した。
 「ヤマト君!」
 と、スミレが手を伸ばしたが、その手は空をつかんでいた。

 「はぁ、はぁ」
 一気に屋上まで駆け上がり、ヤマトは疲れたように寝転んだ。

 「…やっぱりここだよね」

 その言葉とともに屋上に入ってきたのはシィだった。
 「ほかに行く場所がないものでね。」
 「あ~ら?スミレさんの下っていうのもあるんじゃないの?」
 「ない。そんなんで迷惑はかけたくない」
 「さっすが。…ね、隣いい?」
 「どうぞ?」
 「小学校の頃から、屋上が好きだったよね。ヤマト」
 「はっ。幼馴染は何でも知ってるよ的な?」
 「あははは。そんな感じ?」
 「怖いわ~。ストーカー?」
 「否定はしない」
 「いやしろよ!!!」
 「私もスミレさんと同じでヤマトが好きだった。だから視線でストーカーをしてたんだよ」
 「うそだろ?」
 「いや?本当。私はこんな性格だから、告白って苦手だった。だから、スミレさんとの関係を知ったとき、ちょっと悲しかった」
 「……」
 「あぁ、私も告白すればよかったな~って。そしたら悲しい気持ちにもならなかったのになぁって。この前ね?スミレさんとヤマトの話をして、二人とも想っていたって、ヤマトが好きだったって知ったんだ。それで勝負をしようって話になったんだよ」
 「……」
 「だから、告白すればよかったって今おもうんだ」
 「……たたず」
 「ん?」
 「後悔先に立たず。やらずの後悔よりやって後悔するべきって言葉」
 「あ、あぁ、あはは」
 「止まりの一歩と動きの一歩」
 「……なにそれ?」
 「人間でも何でも、慣性の法則があるから止まっていた直後は動きにくい。しかし、動いてる一歩は気にせず出せる。気持ちは動けば簡単だけどソレまでが大変っていうことだ」
 「へぇ……」
 「まぁ、俺が作ったんだけどさ」
 「なんだそれ」
 そういってシィは笑った。
 「じゃぁ……今告白したら?」
 「あん?」
 「今ヤマトに告白したら、どうなる?」
 「さぁ?」
 「あいまいな返事だね……」
 「ま、したところで今日までなんだから関係ないけどな」
 「そ、そんなこと言わないで。ヤマト、言わないで」
 「……」
 「大丈夫。大丈夫……」
 そんな風に言うシィの目からは涙がこぼれた。すると、不意に下のほうからアキトの声が聞こえた。


 「ヤマト!見つけたぞ!箱だ!犯人も見つけた!」

「夜蝶々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く