話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

強奪の勇者~奪って奪って最強です~

雪桜 尚

ドワーフから強奪!!⑨

俺はあの後キュテリアに同行の許可を得たことを報告。軽く雑談をした後、領主邸を4人で後にした。
そして今は鍛冶屋を営むドワーフ、ギムル・アーヴァヘイムの元へと向かっていた。

「ねぇ、アルくん」
「なんだ?」

キュレリアが俺の袖を軽く引っ張ってきたので振り返る。

「アルくんの言ってるドワーフの鍛冶屋ってもしかしてギムルって人がやってるとこ?」
「ああ、そうだけど。よくわかったな」
「当たり前だよ!この辺り、というよりこの街でドワーフの鍛冶屋と言ったらそこしかないもの」
「そうなのか」

俺とエイミーが話していると、ムスッとした表情でシュリンが俺の腕に抱きついてきた。

「キュテリアと話しすぎ〜。ちょっとは私やエイミーにも構ってよ!」

美少女さん人を侍らせている上にこんなことをされていると周囲からの視線が痛い。主に男性の。

「わかった、わかったから離れてくれ!」
「ぶぅ〜」

俺が無理やりシュリンを引き離すと、若干機嫌が悪くなったものの引き下がってくれた。

「ふふ、ご主人様が私を買った時とは比べ物にならないくらい賑やかになりましたね」
「だな」

俺はそう言いながらこの世界にきたときのことを思い出していた。

シュリンからなんか祝福ギフトをもらってドラゴン倒してキュテリアを助けて。ナロンまで送ってオーク倒して、領主様に色々もらって。エイミーを買って、エミリアと戦って、冒険者になって、フラグボコって、迷宮ダンジョンに潜って、ドラゴン倒して。

あれ?なんか戦ってばっかな気がするけど……まあいいや、ここまで楽しかったし、仲間もできたし。
なんか湿っぽい雰囲気になっていた俺だが、聞き覚えのある怒声でその雰囲気が全て吹っ飛んでしまった。

「さっさと出て行きやがれこの三下がぁ!!」
「なんだと言わせておけばこのジジイ!!調子乗ってんじゃねぇぞ!!」

ギムルである。おそらくギムルの出すお題に応えることができなくて追い出されそうになっているのだろう。
しかし、もう1人の声にも聞き覚えがある。
その声の主を見て」、俺とエイミーは苦笑を浮かべることしかできなかった。
なんせその声の主はフラグだったのだから。
俺が知らない人のふりを結構しようとしていると

「ちょ、ちょ、ちょっと2人とも落ち着いて。あっ、アルティオムさん!!助けて!!」

苦労人のオヤジさんが俺の存在に気がつき、俺に助けを求める。

「「なに!!」」

俺の名前に反応してか2人が血走った目で俺の方を見る。
うん、昔の俺だったら漏らしてても仕方がないな。

「おお、大変じゃったようだな!!」
「ああ、ほんと大変だったよ」

ギムルはフラグを投げ飛ばすと、俺の方に駆け寄ってきた。

「まあいいわ!!立ち話もなんだし、中に入れ!!嬢ちゃんたちも」

そういうとギムルは俺たちを店の中に案内した。
俺はその後ギムルに質問攻めをされ、迷宮ダンジョンで起きたことを洗いざらい話した。

「ははは、そりゃあ災難だったなぁ!!」
「まあ、そうですね。それにギムルさんに出されたオーガ・ロードの素材は手に入らなかったですし」
「気にするこたぁねぇよ、嬢ちゃんたちの装備は責任もって作ってやるからよ」
「ほんとですか!!」
「ああ、ほんともほんとさ。ドラゴンから女助けるために命投げ出すとか漢じゃなきゃできねぇことだ」
「はぁ」
「その漢っぷりに免じて装備を作ってやろうってわけよ」
「なんか、ありがとうございます」
「いいってことよ、それよりさっさと作り始めてぇし、嬢ちゃん達採寸するからこっちきくれ」

ギムルが自称俺ハーレムのメンバーを連れて作業室に消えていく。

「にしてもほんと大変でしたね」
「ええ、まあ死ぬかと思いましたよ」

俺とオヤジさんがそんな会話をしていると、バターンと店の扉が開けられた。
俺とオヤジさんが扉を開けた主に視線を注ぐ。
そこに立っていたのは、切れ長の目、眩いほどの金髪を所謂縦ロールと呼ばれる髪型にまとめた美女である。胸のことにあえて触れなかったのは、それを考えることを許さない雰囲気、というか鬼の視線が俺に注がれていたからである。

「ギムルのおじさまはここにいらっしゃって?」
「ええ、いますよ。ただいまは採寸のために作業室に行ってっますけど」
「そう。珍しいですわね、ここにお客がいるなんて」
「ははは」

オヤジさんは苦笑いを浮かべている。
にしてもこの金髪縦ロールの令嬢系美女は誰だろう?
俺がそんなことを思っていると、ギムルが作業室から出てきた。

「おじさま!!」
「おお、レジーナか!!」

金髪縦ロールの令嬢系美女、レジーナはギムルに駆け寄る。

「お元気そうで何よりですわ!」
「そりゃ元気に決まっとるわ!!それでお主がここにきたってことはアレの調整か?」
「そうですわ、アレの調整でここにきましたの」
「そうか、それじゃちょっと見せてみぃ」
「わかりましたわ。おいでになって、不滅の聖剣・デュランダル!!」

レジーナおそらく神器の名前を唱えると、あたりに眩い閃光と、爆風が吹き荒れた。
その輝きは俺の神器の比ではなく、とてつもない実力者であることがうかがえる。
俺は、レジーナのステーテスを覗いた。

名前:レジーナ・プラカント                    年齢:25

HP 50000/50000
MP 2000/2000
ATC 5000
DEF 2000
AGL 7000

《スキル》
剣聖術 聖魔法 火魔法 風魔法 
身体強化・極

《称号》
大剣聖 行き遅れ縦ロール 人族最強の女

やはりこの人が大剣聖、レジーナ・プラカントか……
ステータスだけどいえば勝っているが、経験を加味すれば勝機はほぼないと思っていいだろう。
それにしても新しい項目が出てきたな……なんだこの行き遅れ縦ロールって。

俺がそんなことを思っていると、恐ろしい殺気を感じる。
殺気を辿るとそこには、大剣聖が美しい微笑みを浮かべていた。しかしその瞳はかけらも笑っていない。

女は皆、笑顔のままで人を威圧するスキルでも持っているのだろうか?

「あららぁ?今何か失礼なことを考えられた気がいたしたのだけれど」
「何を言っとるんじゃお主」

ギムルはないをばかなことを言っているのかと言った表情でレジーナを見ているが、俺は行きた心地がしなかった。

「それよりさっさと始めるぞ」
「わかりましたわ」

レジーナは神器、デュランダルを収めると、ギムルに背中を向けた。
ギムルはそのまま瞳を閉じて、なにかを探るようにしている。
そして、目を開くと、マッサージを始めた。

「あっ……、んっ、んん!!あぁ、いい、いいですわぁ」
「変な声を出すでないわ。集中しとんじゃから」
「だってぇ」

そしてまた、レジーナの口から嬌声が漏れる。
オヤジさんが、なぜか前かがみになっているが俺はなにも見なかったこととする。

「はぁ、はぁ、はぁ、ありがとうですわ、おじさま」
「なんてことないわ。また、調子が悪くなったら来るんじゃぞ」
「わかっていますわ。あと一ヶ月くらいは此処に胃いる予定ですから時々顔を出しますわ」

そういうと、レジーナは俺のそばをスッと通り抜ける。
その時俺にしか聞こえない小さな声で

「深夜、冒険者ギルドの前で待ってますわ。お話があります」

そう言って、店を後にした。

これが、将来の強奪の勇者と大剣聖の出会いであった。

「強奪の勇者~奪って奪って最強です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 水野真紀

    面白いですけど少し謎な部分も
    よければ僕の作品も呼んでみてください

    0
  • ノベルバユーザー285987

    すべての敵に強奪すりゃあいいのになぜしない?
    タイトルにあってない

    0
コメントを書く