話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

強奪の勇者~奪って奪って最強です~

雪桜 尚

ドワーフから強奪!!⑧

シュリンのことをすっかり忘れ結構長い間怒られていた俺たちだったが今は仲良く領主邸に向かっている。

「キュテリアにもあってオッケーもらったら私は晴れてアルティオムハーレムの一員なんだね!!」
「はい、キュテリア様にオッケーをもらえればご主人様のハーレムの末席に加わることができます」
「あの〜俺ハーレムなんて作って「「アル(ご主人様)は少し黙ってて(ください)!!」」はい」

俺の主張は最後まで紡がれることなくエイミーとシュリンに遮られる。
なんか最近俺の立場が弱くなっている気がする今日この頃である。
そんなことを考えていいると、領主邸が目の前に迫っていた。

「おお〜ここが領主邸?」
「はい」
「なかなかいい趣味してるじゃん」

シュリンは偉そうに領主邸の外観の批評を始めた。
まあ実際ちゃんとしたことを言っていたのだが。
俺はその間に門番さんに領主にもらった短剣を見せる。


「はい、確かにアマラスの短剣を確認しました。どうぞ中でお待ちください」
「はい、わかりました。お手数かけて申し訳ない」
「いえいえ、これが私達の仕事ですから」

門番さん紙コップのようなものを取り出すとそれに魔力を流した。
それを見てエイミーはふと思い出したように口を開いた。

「そいえばご主人様って魔法使えましたっけ?私たちを助けに来てから急に使い始めましたけど」
「ああ、そいえばそうだねー。いくらスキルをごうだt」

俺はシュリンの口を全力で塞ぐ。
もごもごとシュリンが唸っていたが俺の考えを汲み取ってくれたのか、徐々に抵抗が少なくなったので解放してやる。

「はぁ、はぁ、はぁ」
「どうしたのです?シュリン」
「さぁ?どうしたんだろうな」

俺の動きが一瞬だったためエイミーは何が起きたのか理解ができていない。
シュリンは暫く俺のことをジト目で睨んでいたがそんなことは知ったことではない。

「準備ができますしたので中へご案内します」

こうしているうちに前回領主邸を訪れた時のメイドさんが俺たちを迎えにくる。
暫く歩くと前回と同じ部屋に通される。
そこには

「どう、かな?」

煌びやかなドレスに身を包んだキュテリアがはにかみながら立っていた。

「似合ってるよ」

俺はそう言ったはいいも見慣れないキュテリアを完全に女の子と意識してしまい、恥ずかしくなってそっぽを向いてしまった。

「キュテリア様、ぜひお耳に入れたいことが」

その隙をついてエイミーがキュテリアに耳打ちをする。

「え、えぇ?今朝そんなことが……」

キュテリアはショックを受けていたがすぐにいつもの調子に戻ると、今度はシュリンを値打ちするような目で見ると、ひとり納得したように頷いた。

「うん、合格かな!君、というかシュリン様もある君ハーレムの仲間入りだね!!」
「やった!」

シュリンは可愛らしくガッツポーズをする。
それにしてもキュテリアもハーレムを認めてしまった。

「あとアル君、ちょっといいかな?」

あっ、これあかんやつや。
キュテリアの背後には修羅が降臨している。
俺はわずかながらの抵抗も見せたが、なすすべなく部屋の外に引き摺られていく。

「ねぇアル君?いったいいつハーレムなんて作ったのかなぁ?」
「いや、それはその」

エイミーの時と全く同じ展開だが、やっぱり俺は回答できない。

「こうなった以上、責任はとってもらわないといけないと思うんだ、私」
「せ、責任?」
「そう、責任」

これはあれか?落とし前つけて指詰めろとかそういうやつか?
俺が自分で自分の指を切るグロ画像を想像しているとキュテリアが俺の肩に手をおいて語り出す。

「まず私との婚約、または結婚。これは絶対だね」
「こ、こんやく?」

俺は修羅の威圧とキュテリアに張り付いた笑みのせいでまともに思考ができず、婚約という言葉を変換できなかった。

「それってあれか?ほんとは白色だけど改装などを混ぜることによって灰色にする製法が定着したプルプルした食感の」
「それはこんにゃく。私が言ってるのは婚約。アルくんふざけてるの?」
「そんな滅相も無い」

修羅の凄みが増し、キュテリアに張り付いた笑みがより華やかなものにかわる。しかしその瞳からはハイライトが失われている。その上、キュテリアは超がつくほどの美少女なので恐しい言ったら無い。

「アルくん、美少女だなんてそんな〜」

キュテリアはクネクネと体をくねらせながら恥ずかしがる。
それよりもナチュラルに思考を読まれた気がしたのだが気のせいだろうか?

「まぁいいわ、次にエイミーを奴隷から解放、婚約。そしてシュリン様との婚約」
「えぇ!!」
「何か文句がおあり?」
「強いて言うなら、お前らって俺のこと好きなの?」

俺は先程からずっと思っていた疑問を口にする。
すると、ダブルセイクリッドから避難が聞こえた。

神)あちゃ〜聞いちゃった
龍)さすが女殺であるな

「え?なんで好きじゃ無いと思ってるの?」

キュテリアはわけがわからないといった表情で俺を見る。

「ドラゴンに殺されそうなところを救ってくれたり変なのから絡まれてるのを助けてくれるような男に惚れない女なんているの?」

いない、のか?
しかし、キュテリアが俺のことを好きとわかると、割とすんなり受け入れることができた。

「そうか、でも俺はまだ・・お前らと婚約とか結婚とかできない」
「そっか……」

キュテリアは悲しそうでいて安心しているような表情を浮かべていた。

「でも!俺がお前らみんな幸せにできるくらいになったら俺の方からお前らに頼みに行くよ」
「うん!それじゃ今日から私はアルくんに着いて行くけどいいかな?」
「な、なんで?」
「そりゃアルくんに悪い虫がつかないように」
「で、でもキュテリアは領主の娘であって」
「そんなことはいいの!好きな男について行くのに理由がいるかな?」

キュテリアは上目遣いで俺の目を覗き込んでくる。
俺はその目を見ると何故か何も言えなくなってしまった。

「わかったよ、ついてきたいんならついてこい。でも親父さんの許可は取れよ?」
「わかてるって!」

キュテリアはこの日今までで一番綺麗な笑顔を浮かべて部屋に戻っていった。
まあこんなのも悪くは無いな、俺は心の底からそう思うことができた。

「アルティオムくん、ちょっといいかい?」

俺の方に手が置かれる。
振り返ると、ひたいに青筋を浮かべた領主様が笑顔で佇んでおられた。

「全部聞かせてもらったよ。うちの娘にあそこまで言わせたのにその婚約を断るとは」
「はは、申し訳ありません。でも、いまの俺じゃキュテリアは幸せにできませんら」

領主様は俺の目をじっと真っ直ぐに見つめてくる。

「そうか……うん、君になら任せられるよ。キュテリアに同行の許可を出そう」

 俺の目から何を感じ取ったのかはわからないが、キュテリアが俺に同行する許可を出してくれた。
そして最後に付け加えるようにこう言った。

「でも、娘をキュテリアを泣かせたらただじゃおかないからね」
「はい!絶対幸せにしてみせます」

あれ?なんか結婚の許可話もらったような雰囲気になっちゃったんだが……まあいいか
領主様とのお話を終えるとエイミーやキュテリアたちの待つ部屋に戻る。
その時、窓の外に見えた空は雲ひとつない快晴であった。

「強奪の勇者~奪って奪って最強です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く