話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

強奪の勇者~奪って奪って最強です~

雪桜 尚

ドラゴンから強奪!!

「こ、こはどこだ?」

俺が目を開けると見覚えの無い空間に寝転がっていた。
体を起こそうと思うが、思う様に体が動かない。
紺博していると、不意に凛とした声が聞こえた。

「ああ、目が覚めましたか?」

声のした方に目を向けると、美しい銀髪を肩まで伸ばした、美少女が立っていた。

「あの!ここはどこなんですか?」
「えっとですね、ここは時空の狭間と言うところです」
「時空の狭間?」
「はい、あなたは生前、地球と言う星の日本と言う国でサラリーマンをしていました。そしてオーバーワークによる過労でこの世を去ったのです」
「はぁ」

どうやら俺は死んだらしい。
と言われても全く思い出せないので何の感慨も抱けないが。

「それでですね、あなたには二つの選択肢があります」
「選択肢?」
「はい、そうです。一つ目はこのまま地球で生まれなおすこと。この場合はすべての記憶は消去されます。そして二つ目が、異世界に記憶をもって転移することです。この場合は、異言語理解とあなたの才能に合わせた祝福ギフトを授けます」
「はあ」

これは、明らかに異世界に転移させたいようだ。

「分かりました。それでは二つ目でお願いします」
「はい。それではこれがあなたに授けることのできる祝福ギフトです」

銀髪の美少女がそういうと、俺の目の前に半透明のウィンドウが現れる。

「これは?」
「あなたの取得可能な祝福ギフトです」

《取得可能ギフト》

身体能力向上・極
魔法適正・極
強奪・極
鑑定・全
神速
剛力
絶対防御
神の祝福

選択可能数:2

思ったより少ないな……でもその分質がいいのかな?
しっかしまあ、どれを選ぼうかなぁ……
俺はこれから三時間くらい悩むこととなるが、そんなことを誰が予想できただろうか?

「はぁ、さっさと決めちゃってくださいよ……」
「待ってくださいよ!これ俺の人生かかってんですからね?」
「そんなこと言われましても……分かりました!もうランダムにする代わりに祝福ギフトを三つにしてあげます」
「え?べつにいいで」
「もう決定事項です!向こうについたらステータスオープンと言って下さい!!それじゃあ、頑張ってください」

突如、俺の視界を白い日からが覆い尽くした。
次に俺が目を覚ました時、そこは森の中だった。
右を見ても、左を見ても、前を見ても、後ろを見ても木しかない森だった。

「えっと?ステータスオープン?」

俺は疑問形でステータスオープンと唱えた。

名前:アルティオム・ルーカス 年齢:15

レベル:1

HP 100/100
MP 100/100
ATC 100
DEF  100
AGL 100

祝福ギフト

強奪・極  鑑定・全 神速

思っていたよりもいい感じのステータスだと思う。

GYAAAAAAAAAAAA

森に不穏な鳴き声が響き渡る。
そして、その中に女性の悲鳴が混じっているような気がした。

「ちっ!なんか嫌な予感がするな」

俺は一人ごちりながらも、その声のもとに駆けだしていた。

「きゃぁぁあぁあああ!!」

声の主に近づくにつれて、はっきりと悲鳴が聞こえるようになった。
俺は、初めてギフトを使うことを決意した。

「神速!!!!」

そう唱えると、あたりの景色がものすごいスピードで流れていく。

「うおぉぉぉぉおおぉぉぉお!!」

俺は雄たけびをあがながら森をかけていった。
すると、不意に森の開けたところに出た。
そこでは、冒険者?のような服装の少女がドラゴンに襲われていた。
今まさに少女にドラゴンの爪が迫っている。

「まにあえぇぇええぇぇぇぇぇええぇぇ!!」

俺は全力で駆ける。
間一髪で、少女を助け出すことに成功した。

「え?」

少女は何が起きたのかわからない、そんな顔をしていた。
しかし、今はそんなことに気を取られている場合ではない。

「こいよ」

俺は、少女を木野の根元に下すと、なけなしの勇気を振り絞ってドラゴンと相対する。

GYAAAAAAAAAAAAAAA!!!

ドラゴンが大きく吠える。
俺は鑑定・全を発動し、ドラゴンを鑑定する。
すると、先ほどのウィンドウが現れた。

種族:英雄龍 年齢:120

レベル:150

HP 36700/46000
MP 589000/600000
ATC 67000
DEF 4000 
AGL 5000

《スキル》

龍化 龍魔法 飛翔 

おぉい!強すぎだろ!!これ俺勝ってこねえぞ……
俺は必死に頭を回す。
すると、ふと銀髪の少女が言っていた言葉を思い出す。

「鑑定・全と強奪・極にして、周りからステータス奪えばいいのに……」

それだ!!

「ステータス・強奪バンデット

カッとドラゴンが光り輝き、その光が俺に吸い込まれる。
すると、体の底から力が湧いてくるのがわかった。

名前:アルティオム・ルーカス 年齢:15

レベル:1

HP 46000/46000 
MP 600000/600000
ATC 67000
DEF 4000 
AGL 5000

《スキル》

龍化 龍魔法 飛翔 

祝福ギフト

鑑定・全 強奪・極 神速

うん、怪物だこれ……
まあいい!かかってこいドラゴン!
俺はそう思い、ドラゴンに目をやると、死んでいた。
見事なほどぽっくりと死んでいた。

「あれ?」

レベルが上がりました

どこかで聞いたことのあるようなファンファーレが頭の中に響く。

名前:アルティオム・ルーカス 年齢:15

レベル:120

HP 60000/60000
MP 680000/680000
ATC 80000
DEF 6000
AGL 80000

うん、また怪物化したよ……

「あ、あの!!」

怪物化したことに感慨を抱いていると、少女に声をかけられた。

「どうした?」
「えっと、さっきは助けてくれてありがとうございました!」
「ああ、別にいいよ」
「あの、これ少ないですけどお礼です!」

少女は、お金が入っているのであろう袋を差し出す。

「そんなの、もらえないよ。それよりここから一番近い街を教えてくれる?」
「いいですけど……それじゃ悪いです」
「いいからいいから」

俺は、うじうじしている少女を押し切る。

「ここから一番近い町は……ナロンですけど」
「分かった、でもそれどっちにあるの?」
「ここからだと、南南西ですね」
「分かった、ありがとう」

俺は、お礼を言ってその場を離れようとする。
すると、服の袖を少女につかまれた。

「ナロンまでは迷いやすいので私が案内します」
「いや、それは「案内します」わ、るいよ」

有無を言わせない感じで少女は迫ってくる。

「分かった。俺は、アルティオム。短い間だけどよろしくな」
「はい!私はキュテリア・アマラスです。こちらこそお願いします」
「それじゃ、失礼して」
「わ、きゃっ」

俺はキュテリアを抱え上げる。所謂、お姫様抱っこで。

「ななな、何してるんですか!!」
「いいからいいから」

俺は、肩甲骨のあたりに力を入れる。
すると、思った通り、さっきのドラゴンの翼が俺の背中から生えた。

「よし、いくぞ!!」
「え、ちょま、きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」

俺は、大きく翼をはためかせて、空を飛ぶ。
そして、キュテリアを抱えたまま、俺は初めて、空を飛んだ。

「強奪の勇者~奪って奪って最強です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く