話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

強奪の勇者~奪って奪って最強です~

雪桜 尚

ギルマスから強奪!!②

「まあいい、行くぞ!!」

ドンっと強く地面を蹴り、俺との距離を詰めてくる。
俺は足を龍化させ、神速を発動。
真正面からエミリアとぶつかった。

ガキィィィィィィン!!!

甲高い音とともに、二つの武器が交錯する。
そして俺のヘカトンケイルが霧散する。

「なんだ、君のヘカトンケイルとやらはそんなにやわな武器なのか?」
「そのようですね、まあそんなのなくても戦えますけどね!!」

俺は首から下を龍化させ、エミリアに殴りかかる。
エミリアは、その速度についてくることこそできなかったが、紙一重のタイミングでそれをいなした。

「やはり君は面白い。しかもまだ余力がありそうだ……」
「いえいえ、結構全力ですよ!!」

先程よりも速さ、重さ、強さともに上昇した攻撃をエミリアの仁義に何度となく打ち込む。

「ぐぅ!!」

そして、その一撃がついにエミリアの体を捉えた。
エミリアは、大きく吹き飛ばされるも体制を空中で整え、万全の体制で着地する。
しかし、食らった攻撃のダメージは大きいようで、口の端から血が流れていた。

「はぁ、はぁ、はぁ。まさか君の一撃がここまで重いとは……これは本気にならないと厳しいな」
「まだ隠し玉があるのか?」
「勿論だよ。伊達にギルドマスターなんてやっていないよ」

エミリアは自分の左手の肉を噛み切った。
そして、だらだらと流れる血を喉に流し込んでいく。

「あがぁ、ああ、うがぁああああああ!!」

エミリアの体が黒い靄のようなものに覆われる。

「なんだ?」

俺は状況を理解することはできなかったが、本能的に危険を感じ、大きく後ろに飛びのいた。
刹那、俺のいた空間が大きく斜めにずれる。

「は?」
「これをかわすとは……君は何者だ?」

そういったエミリアは、犬歯が大きく飛び出し、髪の色も燃えるような赤色から美しい銀髪に変わり、その瞳も髪も赤から金色に変わりギラギラと輝いている。

「そんな豹変するようなスキルを持っているあなたの方が何者だって話じゃないですか?」
「それを言ってしまえば、首から下が龍になっている君はどうなんだい?」

そんな会話をしながら、壮絶な戦いを繰り広げる。
俺がエミリアの右頬を殴れば、エミリアは俺の左頬を殴る。
まさにノーガードの殴り合いである。

「「はぁ、はぁ、はぁ、」」

あれから何度打ち合っただろうか。
俺は息が上がり、全身から血がしたたり落ちている。
しかし、エミリアは息こそ上がっているもののその体に目立った傷は見受けられない。
俺はエミリアに鑑定を使用する。

名前 エミリア・カーティム
レベル:147
HP 8970/14000
MP 6900/14300(1分につき1000減少)
ATC 54300(10000+44300)
DEF 5000
AGL 40000

《スキル》

吸血鬼化 天才魔法使い 剣の申し子 風の加護 

何じゃこりゃぁ、ばけもんじゃねぇか!!
正直龍のステータスを丸々強奪したにも関わらず、負けてしまっているステータスもある。
AGLとか高すぎだろ……

「さすがはギルドマスター……強すぎんだろ」
「いやいや、君もなかなかだよ。私に吸血鬼化を使わせたのは歴代でも君が三人目だ」
「三人目?」
「ああ、一人目は初代勇者、ヒデオ・アマノガワ。二人目が剣聖、レジーナ・プラカント。そして三人目が君だな」
「なんかすごそうな人たちの中に名を連ねることが出来て光栄だな」

ドンっと俺は強く地面をけるとエミリアに全力で拳を振るう。
しかし、俺の拳は空を切った。

「ははは、君はもう限界のようだね」
「ぬかせ、死んでも文句言うなよ」

俺は、エミリアを睨みつけると、意を決して全身を龍化させた。
ドクンっと心臓が大きく拍動した。
そして、頭の中にものすごい憎悪の念がなだれ込んでくる。

「がぁ、ああああ!!あぁあぁあああああああああ!!!!」

だんだんと自分が何をしているのかわからなくなってくる。
視界から入ってくる情報も何かもやがかかったような感じだし、何よりもものすごく眠い。
そんな中でふっとエイミーの顔が思い浮かんだ。

「え、いみー」

俺は自分の物ではないような体でぽつりとつぶやいた。
すると、頭のなだれ込んできていた憎悪の念がきれいさっぱり無くなった。

「あああああああ!!!」

俺は力任せにみ五位田を地面にたたきつけた。

ドオゴォオオオオオン

けたたましい爆音とともに俺の目の前にクレーターが出現した。
うん、いける!!

「げほ、げほ、げほ。理性が失われる可能性があるのに使ったね」
「ああ、俺もびっくりだまさかここまですごいとは思ってもみなかったからな」

俺は今の力を保ったままk日から下だけを龍化させるイメージを頭に思い浮かべた。
すると、俺の体が光り輝き、黄金の体を持つ龍人に変身することが出来た。

「これが俺の本気だな」
「そのようだね。私もこれが全力さ」

俺とエミリアはにやりと口角を上げた。
それが皮切りとなって俺の拳とエミリアの拳が交錯した。

「ふっ、どうやら私の負けのようだ……」
「その通り、勝者は俺だな」

俺達はまた楽しそうに声を上げて笑った。

「おっと、そろそろこの世界も崩壊してしまいそうだ」
「そのようだな」

あたりを見回すと地面には大きな亀裂が入り壁にも大きな穴が開いている。

「この世界の中では時間が流れていないから先と同じ時間のはずだよ。迷惑をかけたね」
「いや、俺も楽しかったからいいさ」

俺がそういい終わるの同時に視界が真っ白な光で覆われた。
どうやら時間切れのようだ。
次に俺が目を開けた時、俺の視界に入ったのは満足げな表情でこちらを見つめるエミリアだった。


「強奪の勇者~奪って奪って最強です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く