話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜襲来

 扉の先には「住処cat」の名前に相応しくいたるところに猫が座っていた。

「いらっしゃいませ!!2名様でいいでしょうか?」

「ああ、此処は自由に猫に触っていいのか?」

「はい。ご注文さえしていただければ構わないですよ。ではお席ご案内いたします」

 ソージの質問に対して店員はサクッと話してくれた。席へ案内されている間カリンは、ずっとそわそわしていた。
どうやら、今まで触ることができなかった猫についに触ることができるということで感情が前に出てしまっているのだろう。

そうしている間に、指定された席についていた。

「ご注文が決まりましたら店員を呼んでください。」

そういって店員は席を去っていった。

とりあえず注文しないと猫に触ることができないのでメニューをみるとしよう。
ソージはメニューに手を伸ばし特にお腹が空いてなかったこともあり、コーヒーだけに決めた。

「カリンは何にするんだ?」

メニューをカリンに渡しソージはそうたずねる。
カリンは少し考えた後、新商品と書かれていた『住処cat特製猫とにゃんにゃんパンケーキセット』を選んだ。
ソージが学園祭で出していたパンケーキが早くも街中で商品になっていたとは。

「すみません。注文したいのですが」

「注文ですね。はい」

「コーヒーとこの住処cat特製にゃんに、、、」

ソージがそう言おうとした瞬間ブレスレッドが光りだしたのだった。

おそらくはソージの気配に気がついて向かってきているのだろう。
クソが!!!せっかくのデートだというのに。

「カリン、すまないが邪魔者が来たようだ。この店を守っていてもらえるか?」

「ん、わかった。怪我だけは気をつけてね」

「ごめんな、また今度来るからさ」

そういってソージは店を飛び出した。





ついつい読み専になってしまって。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く