話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜魔人の目撃




〈???side〉

「くそっ、あいつらせいで。あいつらさえいなければ」

自室で怒りをあらわにしていた男はそう呟いた。
その後もポツポツと独り言を繰り返す。
そんな男の前に突然、黒いフードを被った者が現れた。

「憎いか、何が憎い。お前はそのものに何がしたい。」

「俺は、俺はあいつらに復讐がしたい!」

その言葉を聞いた黒フードは口元をニヤリと動かした。
そして、黒フードは両手を突き出す。

「ならばこれをやろう。多少の危険はあるが必ず復讐が遂げられるだろう。危険はあるがな。」

そんな黒フードの言葉を最後まで聞かずに男はその力を手に入れるのであった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈ソージside〉
学園祭の翌日、ソージは冒険者ギルドの方へきていた。

あの日、ソージが家に帰ると一通の手紙が届いていた。
中には“明日、ギルドに来い。 ギルドマスター”と書いてあった。
ソージは悪態をついていたが、結局行くのであった。

ギルドに着くと受付にルナさんの姿があった。

「ルナさん、お久しぶりです。」

ソージは軽く挨拶をする。
すると、にこっと笑い彼女は返事をした。

「お待ちしていました。私についてきてください。」

何も言わずにルナのあとをつく。
しばらく歩いたあと見覚えのある部屋の前で止まった。

「ここでギルドマスターがお待ちです。」

数回、ドアをノックして部屋へ入る。ギルドマスターであるグレースは部屋の奥にある椅子に座りソージが部屋に入ってきたことを確認すると、早速話をきりだした。

「ソージ、単刀直入で悪いが魔人の存在は知っているか?」

「あぁ、本での事しかわからないが魔族の力を宿した人間のことだろう」

「その通りだ。昨日、ギルドの方に魔人らしき存在の目撃証言が届いた。過去に何度か同じことはあったが、そいつらは力を抑えられずに暴走していたために対処が簡単だったが……」

「なんだその言い方。まるで今回は違ったように。」

「その目撃された魔人は今まで確認されていなかった、完全に力を制御できている意思のある魔人だった。」

「意思のある魔人は、魔人化する前の姿になることができる。そいつが市街地で暴れればどうなるか分かるな」

「で、今回はそいつを片付けろと?」

ソージの言葉を聞いてグレースは首を横に振った。

「いや、もし一人でやり合って想定外のことがあった場合の為に今回は探すのが目的だ。」

「探すったってそんなの区別できないぞ」

するとグレースは小さな箱を開けて中に入っていたブレスレッドをソージに渡した。

「お前には渡していなかったがAランクになった冒険者にはこれを渡しているんだ。」

続けてその説明をしていく。

「このブレスレットには、魔人が近づくと強く光るように魔法陣が描かれているんだ。」

「つまりは、これをつけておけば、魔人が近くにいたら知らせてくれるんだな」

「あぁ、その通りだ」

ブレスレット自体の作りは至ってシンプルで金属製の輪に紅の宝石が埋まっていた。確かに腕に接する部分には、魔法式が描かれていた。

「話は以上だ。もう一度言うが、見つけたからといって決して一人では戦うな。応援が来るまで待ていいな!」

「分かっている」

こうして、魔人探しの依頼を受けるソージであった。




最初の方がちょっとわかりにくくなった為、多少書き直すかもしれません。そういった場所があったら、その話のコメントにてお伝えください。


「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く