話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜一滴の涙




鑑定ーー

========================================
 姫椿
LV248

スキル 武器化 暴虐

========================================

調べた結果知ることができたのはそれだけだった。
しかしソージはスキルのとこにあった武器化が気になっていた。
ソージは昔、まだ王都に来たことのなかった幼い頃お父様の書斎で魔剣についての本を読んだことがあった。
魔剣は大きく分けて二つの種類がある。

一つは腕の立つ鍛治師が長い年月をかけてできるもの。
そしてもう一つが、戦争などの魂の奪い合いの中で互いを憎む憎悪の気持ちが結晶としてできたものだ。
前者は、値は張るが誰でも買うことのできるもの。そして後者はその魔剣に選ばれなければ扱うことはできないという。
最悪の場合は保有者が魔剣に飲み込まれてしまうらしい。そのことをソージは知っていた。

「魔剣か……」

ソージはそっとその言葉を呟く。
そして決断するーーー

「この少女を頂く。問題はないな」
「もちろんでございます。ではここの鍵をお持ちいたしますのでしばらくお待ちください。」

ダンがこの場から離れていくのを確認してソージは少女に向かって問いかける。

「なぁ、魔剣ってどんな感じなんだ?」
「っ、、どんなって分かるわけ…ないだろ!私たちはお前達の勝手で作られてようが無くなれば捨てられる。この気持ちがお前達に分かってたまるか。」

少女はその言葉に驚いたように少し間を空けて言葉を発した。

「人の勝手か……。確かに俺には分からない。でもな分かろうとはできるんだよ。」
「…….……….…」
「これからお前にはウチでメイドとして働いてもらう。もちろん、人として扱うつもりだ」
「………、ここではそういうが連れて帰って早く武器化しろと言うんだろ。私はそうされた仲間を知っている。」
「さっきも言ったように俺にはお前のことは分からない。でも分かろうとはしようと思う、これから一緒に暮らしていき俺のことを本当に信頼できたら武器化するんじゃダメか?最悪、武器化しなくてもいい、俺はメイドを買いに来た。でも俺はお前のことが気になった、お前と一緒に生きていきたいんだ!!」

言っておいてアレだか告白的な流れになってしまった。すると姫椿の瞳から一滴の涙がこぼれ落ちた。

「ひっひっ、もうヤダよぉ。わだじもう誰も恨みだくないよ!!」

彼女の中にあった悲しみの感情が溢れ出てきた。ソージは姫椿との心の壁が少し小さくなったのを感じた。

それから何分だったのかは分からないがしばらくしてダンが戻ってくる。

「さぁ、参りましょう。奴隷契約は別の部屋で行います。」

ダンは手に持っていた鍵で扉を開けて姫椿を連れ出す。彼女はそれに従い、ソージも無言でついていく。
姫椿を出すときに彼女が泣いていたのに気づいたダンだったがそこには触れないでいてくれた。

来た道を引き返し契約の道具のある部屋にやってきた。

ソージと姫椿が向かい合った状態でその間にダンがいる。

「まず、契約するにあたりこの奴隷の金とここでの生活費を払ってもらいます。」

ソージは言われた通りの金額を払った。
金額を確認したダンは契約に取り掛かる。

「それではこれから奴隷紋をつけていきます。」

そう言って姫椿の右手のひらに人差し指を当てしばらく発動の詠唱をしていた。
少しづつ手のひらに赤い十字架のような印が浮かび上がってくる。
それから数分ーーー

「これで奴隷契約は終わりです。知っていると思いますが命に関わることなどは命令できませんのでご了承ください。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

契約が終わった俺たちは入り口で待っていたセレス達と合流した。

「みんな、彼女が俺のメイド、そして新しい家族だ」

その発言にみな驚いていた。
しかし1番驚いていたのは姫椿で泣くのを我慢している彼女を見てみんな微笑んでいた。




受験が終わったら新しい小説を出そうと思います

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く