話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜正体




「ここが奴隷館です」

 セレスに案内されてやっと奴隷館につくことができたソージ達は入り口のドアを開けた。
すると、中にいたここの主人らしい人がこちらの存在に気づいて駆け寄ってくる。

「どうも、お客様。私はこの奴隷館の主人をやっていますダンと言います」

男は駆け寄ってくるなりソージ達に向かってお辞儀を何度かして挨拶をしてきた。
 
ダンといった男は額に汗をかいていて腹の辺りが少し程たるんでいた。
歳は30ほどであった。

個別の部屋に案内をされた俺たちは早速、どのような奴隷がいいかいうことにした。

「すみません、メイド用の奴隷を買いたいのですがどういったのがいるのでしょうか?」

あって間もないのにいきなりタメ口だと悪いと思ったソージは丁寧な言葉づかいで質問をした

「お客様、余りかしこまらないでください。それでメイド用ですね。だとすると家事が出来る方がいいでしょうか。
しばらくお待ちください。只今該当する奴隷を連れてまいります。」

そう言って、先ほど異なった気配がした方へと飛ぶように走って行った。
それから程なくすると、ダンが帰ってきた。

「該当するものが多いため十人づつ連れてまいります。」

ダンはそういってドアの前で待機していた奴隷達を連れてきた。
身なりは整っており丁寧に扱われていたようだった。

「ここにいる者はすべて元貴族だったものです。戦闘は出来なくとも一通りの家事などは出来ます。」

ダンは連れてきた奴隷達を紹介した。
俺が男だからか見た感じ全員女であった。悪いがこの中にはピンとくるものがいなかった。
俺はダンに次の者を連れてきて欲しいと伝える。
するとまた、ダンは忙しなくさっきとは違う奴隷達を連れてきた。

「連れてまいりました。ここにいるのは家事は最低限ですが戦闘に関しては期待できるもの達です。
 以上が該当するもの達です。」

残念ながら、ダンが連れてきたものの中にはやはり先ほどの気配のするものはいなかった。

「すまない。思っていた奴が居ないようだ。連れてきてもらっていて悪いが自分で探すことも可能か?」

「もちろんでございます。こちらの指示に従ってさえいただければよろしいですよ」
俺は探していたものがいなかったのを伝え許可を得たことで奴隷達が暮らしている場所へと連れて行ってもらった。

「気になったのがいましたら声をかけてください。」

ダンはそう言いながら案内を始めた。
先ほどの見たものやそうでない奴隷がソージのことをジーと見てくる。
案内が終わりの方へと近づき今までとは違った頑丈のドアの前でダンは足を止める。
 ソージは気になり質問をした。

「ここから先には何が?」

「この先には犯罪奴隷や身元の不明で危険と判断されたものが入っています。どうしますか?」

どうすると言われても、きになるのがここの先にはいるのだから行くしかあるまい。

「ああ、見せてもらう」

「この先は衛生的に整っていませんので気おつけてください。」

そういってソージはその頑丈なドアをくぐった。
希望を失ったような目でこちらを見てくる奴隷達を目を合わせないように進んでいく。
ダンが一人の少女の前を通りかかったところでソージはダンに声をかけた。

「すまないが、この少女は?」

「お客様は5年ほど前にこの国とここから少し離れた場所にあるパルティータ帝国が戦争をしたのは覚えていますか。その戦争が行われた場所にただ一人の生き残ってきたものです。
 国王はいいと言いましたが一部の貴族達が危険だと言い出したのでやむおえず観察保護の奴隷となりました。」

なるほど、戦場にこんな少女が一人でいたらさすがに怪しむだろ。見た目は何の変哲もない女の子だが凄まじい異様な気配は確かに感じる。
ソージはその正体を知るために〈鑑定〉を使って少女の正体を調べた。

鑑定結果ーーー




〈鑑定〉
〈見破り〉の上位互換
見破りでは調べられながったところも見えるようになる。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く