話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜授与式





地龍の森で拉致られてからソージは今王宮に連れてかれていた。

「グレースさん、なんで今王宮に連れてかれているんですか?」
「それはお前が間接的ではあるが王都を救ったからだ。しかも地龍を瞬殺だったんだからな」

王宮に到着した俺たちは警備兵の指示で
王のいる場所まで案内された。

「王都冒険者ギルドマスターグレース、冒険者ソージ入ります。」

中に入ると鮮やかな赤色をした絨毯が入り口からその先の階段まで続いている。そして階段の上には国王とその他の王族がいて絨毯の横には国王の家臣や高貴な貴族が立っている。
俺たちは階段の手前で片膝をつき首を下げる。

するとある貴族がソージに向かって声をあげる。

「貴様、国王の前でそのようなものを被っていていいと思っているのか!その面を取れ!」

「よい、頭を上げろ。此度の活躍ご苦労であった。早速で悪いが冒険者ソージ、君にに勲章を授与したいと考えている。受け取ってくれるか?」

「は、はい国王様。ありがたく受け取らせていただきます。」

「そんなにかしこまらなくてもよい。君はセレスティーナの婿、つまり義息子になるのだから。」

ん?今なんて言った。確かにセレスとは公には行ってないが婚約はした。しかし今は冒険者ソージとして変装をして面まで被っているのになぜソージとわかったのだろうか。
国王のすぐ隣にいるセレスに目を向けるとこちらの視線に気がつきにこりと微笑む。
あ、こればれてるやつだ。
そんなことを思っていると国王が話し始める。

「私たち王家の者にはみな〈見破り〉と言うスキルを持っている。それによってこう言った時正体を見破るのである。」

「そうでしたか。では隠していても仕方ないですね」

ソージはそういって変装を解き面を取る。セレス以外のものは驚いたり警戒したりしていた。
セレスはやはり見たいな顔をしていた。

「驚いたぞ、それが本当の姿か。何故姿を変えていた?」

「私もまだ子供ですが婚約をしている身です。冒険者のいざこざにその婚約者をまきこみたくなかったので。」

「セレスのことを考えてくれたのか。君がセレスの婚約者とはなんとも頼もしいことか。おっと私情はこの辺にしておいてカイナース、勲章のことを」

「はい、では授与についてお伝えします。地龍の単独討伐及び王都への進行を防いだことにより数多くの命をあなたは救いました。それにより王国はあなた個人に男爵の爵位を与えたいと考えています。理解できますか?」

「はい」

カイナースさんはなんとも優しそうな30代前半の男の人だった。

「しかし、領地については学園卒業までこちらが管理したいと思います。あなたには学科で貴族科に入ってもらい、経営について学んでもらいます。領地はフェルト領となります。この後からはソージ・フェルト・シルフィードと名乗ってもらいます。」

「王都に屋敷も一応あるのでいつでも引っ越してください。」

おっ、これは嬉しい。これからいろんなことをやっていきたいから土地をもらえて良かった。

「ソージくんまたいつでも遊びにおいでよ」

最後にそう言われて王宮から出て行く。
帰りは、途中から空気だったグレースさんと一緒に帰った。
この日最年少貴族が誕生した。



次回はスキルの説明をします。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く