話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜あっけない結末




地龍の森で魔物の異常発生が起きているのに気付かず、ソージは鼻歌を歌いながら森に入っていく。

ソージは普通の魔物の量をしらないため、異常なくらい発生している魔物の量に何の疑いもなく片っ端から片付けていく。
森に入ってから数分、いままでの魔物とは比べものにならないような気配がする。森の木々をバキバキとへし折り進んでくる大きな熊のような魔物がそこにはいた。

「あいつ、何て奴だろう」

ソージがそんなことを考えると頭の中でピコンという機械的な音がしたような感じがした。

A マスター、あの魔物はベヒモスという魔物です

ベヒモスって言うんだ。てっきり俺の異世界知識でいうと地球のサイみたいなのかと思っていた。ん?てかいま誰と話した。

Q お前誰だ?
A 名前はありません。何と言われるとマスターのスキル〈創成魔法クリエイト〉です。先ほどマスター困っていらしたので〈ヘルプ〉と言うスキルを作り答えました。

Q そうか、名前がないとこれから聞くときに不便だから、そうだなクリエイトからとってクーとかどうだ?
A どうかと言われても、マスターが考えてくれたものなら何でもいいです。

Q ならそれでいいな。これからよろしく、クー
A はい、マスター

Q クー、あいつの弱点とかわかるか?
A はい、ベヒモスは物理耐性は高いですが、魔法耐性は低いです。とくに雷魔法が苦手です。

クーに教えてもらった通りに雷魔法を使う。とりあえず全力でぶつけるか。

「雷魔法ライトニングランス」

言い終えると雲が黒に変わり大きな槍の形をした雷が落ちてくる。
その槍はベヒモスに直撃し、当たったベヒモスは燃え崩れてしまった。やばっ、やりすぎた。

A マスター、少しは魔力の調整ぐらいしたらどうですか?

そう言われて〈魔力調整〉というスキルを覚える。
さっきと同じように強敵の気配がする。いや、正確には森の奥から大きな気配がして、そのせいか森にいた他の魔物達が王都側に向かって逃げていく。

Q クー、この気配は?
A これはこの地龍の森に住んでいる地龍です。

龍か、やっぱりかっこいいのかな?
普通なら急いで逃げるのだが、ソージはまだかまだかと待ち構えていた。


 ◇◆◇

その頃地龍の森に向かっていたグレース達は、森から逃げてくる魔物を始末していた。
個々ではそれほど強くない魔物でも、数の暴力というようにさすがに千単位の数を相手にするのは楽ではなかった。

「高ランクの奴は前線で戦え、低ランクはその援助だ!」

なかなかにギルマスらしいことを言うグレース。その指示通りに冒険者が動く。残り数が数百となり対応できるようになってきた頃森の奥から大きな反応をグレースは感じる。

「なるほど、こいつらはこの魔物から逃げてきたのか。おそらくだが地龍だな。
お前ら、命捨ててでも地龍の進行を防げ!」

そう声を荒げたが次の瞬間驚くようなことが起こる。
一人の少年が木からジャンプし魔法を放つ。すると地龍の腹に穴が開き地龍は絶命する。
それを見ていた他の冒険者も何が起こったかよくわかっていない。普通なら何百人の命と引き換えに倒す魔物をたった一人でしかもたったの一撃で仕留めてしまったのだから。
グレースはその少年に見覚えがあった。そう、その少年がソージだったのだ。


 ◇◆◇


ソージと地龍の距離が少しずつ近くなる。
そしてついにソージが目で地龍を確認することができたとき、ソージから先制攻撃をする。

「穿て、ゲイ ボルグ」

もちろん〈魔力調整〉で威力は落としてある。ソージはそんな威嚇と等しい攻撃で死ぬとは思わず目をパチクリさせる。

Q クー、地龍がいきなり倒れたんだけど
A マスターいくら調整したからといっても雷魔法のおうぎをマスターの魔力で打てばああなりますよ。

そんなもっと熱い戦いができると思っていたのに。
確認のため地龍に近づく。少し進むとそこには腹に穴がぽっかりと開いた地龍が横たわっていた。

さっきの気持ちを返して欲しいと思いながら地龍に触れる。〈アイテムボックス〉にしまい森を出ようとすると、グレースさんと他の冒険者とあった。

「さっきのはソージがやったのか?」
「あぁ、そうですけど。あんなのが地龍何ですか?弱すぎますよ、ワンパンですよワンパン。」

そういうとグレースさんを含めた冒険者が固まる。それはもうカチンという音が聞こえるぐらいに。
するとグレースさんが口を開く。

「ソージ、地龍って言うのはな何百人の命と引き換えに倒す魔物なんだ。それをワンパンで倒せるお前をギルマスである俺は放っておけない。今から王宮へ行くぞ。お前達、撤収だーーー」

グレースはそういってソージを拉致って王宮へ向かうのであった。



こんな感じでどうでしょうか。タイトル詐欺にならなくてよかった。
今日で冬休みが終わってしまいました。
私は学生で一応今年は受験があるのでこれからは毎日はあげられないかもしれませんが良かったらこれからも応援してください。
でも週2は絶対あげるのでm(_ _)m

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く