話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜初めての対面

俺がカリンさんに拉致られてから1時間が経った。
未だに家についていない。これ本当に向かっているのだろうか。本当は拉致しているんではなかろうか、そんなことを思っているとカリンさんから声をかけられる。

「大丈夫…だよ。ちゃんと…家に…向かっているから」

何故だ何故わかった。

「ん?女の……勘?」

だから君はエスパーか‼︎
そんなやり取りをしているといつの間にかカリンさんの家へ着いていた。

「ソージ君…家……着いたよ」

そう言われるやいなや、また腕を掴まれ連れて行かれる。俺より小さいその体のどこにそんな力があるのか、そんなことを思うソージであった。

「パパ…ただいま。お婿さん……連れてきた」

「おー、カリンか。どうだった結果は?」

「ん?満点だったけど?」

「おーそれは良かった。で、後ろにいるのは?」

「ん、ソージ君は……わたしの…お婿さん」

カリンさんや事をの感想が短い。あといきなりお父さんと対面とか難易度が……

「君はソージ君というのか」

「ソージ・シルフィードです。カリンさんの友達です」

「私はカルトス・ナーベストだ、そんなに照れなくてもいいのに。カリンと仲良くしてやってくれ」

まぁ貴族なら婚約しているのが普通だからな、それにカリンも結構好みだし。
そんなことを思っているとまた急にカリンが抱きついてくる。

「ソージ君…これから毎日……いっしょに学園…行こうね」

ソージはカリンの勢いに押されてこれから毎日カリンと学園へ行くことになった。

「ソージ、今日は急に連れてきてしまってすまなかったね。帰りはうちが送るから」

そう言われて再び馬車に乗り屋敷へ帰ることになった。

「カルトスさん、今度商会に用があるのでまた来ます。」

「あぁ、いつでもきなさい。」

最後にお辞儀をして家に帰るのであった。



いつも閲覧ありがとうございます。
やっていてとても励みになります(`_´)ゞ

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く