話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

学園編〜普通じゃない同級生

ついに学園編のスタートです



ついに、待ちに待った合格発表の日がやってきた。
ソージが結果を見るために学園に行った頃にはすでに、結果が貼ってある掲示板のすぐ側には数え切れないほどの人が居座っていた。

「やった、Aクラスだ!!」とか

「な、何故だ!こんな平民が合格していてこの私が落ちるなんて…」

とかそれはもう物凄かった。
Cクラスから見ていく。ソージ・シルフィードは……ない
Bクラスは……ない、Aクラスは……ない、となると残るはSクラスは……ない、だと…

「はぁ、ダメだったなんて…。お父様に土下座して冒険者として旅でもするか…」

なんて呟いていたら後ろから不意に声をかけられた。

「ねえ……キミ…ソージ……シルフィードくん?」

「そうですけど、何か。受かったなら落ちた俺なんかより他の受かった人と話せばいいのに」

と少し嫌味っぽく言ってしまった。初対面の、しかも女の子にこんなことを言うなんて、と思ってしまった。

「落ちた…?なんで……主席…合格なのに……」

「ふっ、何をふざけて。俺の名前はどこのクラスにも載ってないよ」

「主席は…どこの…クラスにも……載らないよ?…ほらあそこ……」

俺は指をさされた場所を見る。よく見るとSクラスの少し上に主席合格という欄ができていた。
そこには入学挨拶担当システィーナ王女、その他入学試験満点、ソージ・シルフィード、カリン・ナーベスト
と書かれていた。

「ね…ほら……合格してたよ?」

危うく落ちたと思い実家に帰るところだった。
この子に救われたって感じだな。

「と、とりあえずありがとう。教えてくれて。君の名前は…」

「私は…カリン…ナーベスト……キミと同じ…満点だった」

「カリン・ナーベストか、よしっ覚えた。これからもよろしくね」

と、俺はいいその場から去ろうとした。が、その時。
ガシッと俺の脇腹の辺りを抑えてナーベストさんが抱きついてきた。

「あ、あのナーベストさん?離れてもらっても…」

「カリンでいいよ?あとソージ君には……私の…お婿さんに……なったてもらいたいの…」

とんだ爆弾発言だ。お婿さんってアレだよな…

「でも、どうして突然……」

「私…王都で……有名な…商会の娘…パパに……学園で…いい人を見つけてきなさいって…いわれた。
 ソージ君なら…頭もいいし……バッチリ…だから」

「でもカリンさん「カリン…でいい…よ」え、じゃあカリン……婚約ってもっと仲良くなってからじゃないとダメじゃない?」

思いっきり被ってきたが気にしない。

「じゃあ…カリン……ソージ君と…仲良くなる。まずはカリンのうちに来て…ね?」

と上目遣いで言われて、無理矢理だがカリンの家へ連れて行かれて行かれるのであった。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〈〜〜〜side〉

「クゥ〜、ソージ君は私の王子様なのに…あんなにベタベタして……うらやましい」

と、ソージとカリンの行動を悔しがりながら見ているのであった。




学園編のスタートでしたがソージはどうなんのでしょうか。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く