話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

入学試験〜前編

王立ヴァイス学園に入るには、まず入学試験に受からなければいけない。
試験会場にはすでに多くの人が並んでいた。俺は入学試験者の列に並びしばらく待つ事にした。

並んでから2時間が経った頃、やっと俺の番がやってきた。用紙には年齢、名前、選んだ学科を書くだけだった為すぐに終えることができた。

入りたい学科が、魔法科だけだった為学科についてはよく知らないが貴族科や商業科などがあるらしい。

その後は選んだ学科ごとにまとめられ、それぞれの会場へ移動した。


「やあ、本日君たちの試験官を務めさせてもらうヒューズだ」

その挨拶を聞いた入学試験者はざわざわと騒ぎ出した。

「マジかよ、じゃああの人がAランクの冒険者で宮廷魔法騎士のヒューズさんか…」

「俺、初めて見たよ」

「俺も初めて」

「俺も俺も!!」

などと言っている。
そんなに有名な人なのか?

ヒューズは、そんなことを気にせず試験内容を言い出した。午前中に実技試験で午後に筆記試験らしい。
早速、魔法がどれくらい使えるか試す為の試験が始まる。

用紙に登録した順に、20メートル先にある的に何の魔法でもいいから当てるように言われた。

続々と俺より先に登録していた奴らが、名前を呼ばれ前へ出て行った。

この学園にはEクラスからSクラスまでのクラスが存在する。成績上位15名がSクラスに入ることができる。
Sクラスは、試験以外の全ての授業の免除、学費、学食の免除がある。
俺はSクラスを狙う為にここで一発好成績を残しておきたかった。

「次、ソージ・シルフィード」

ついにソージの名前が呼ばれる。
俺は前へ進み魔法を行使する。

「我、汝を欲する全てを燃やす焔よ〈火玉ファイヤーボール〉」

直径5センチ程の火球が的へ向かって飛んでいく。
他の入学試験者も〈火玉ファイヤーボール〉はよく使われる魔法の為特に騒いだりしない。
すでに試験官のヒューズさんも俺の評価を書こうとしている。
ペンを動かそうとした瞬間、俺の放った〈火玉ファイヤーボール〉が的に当たる。
火球が的に当たる。すると本来なるはずのない音がなる。


ドッカーン……


それを聞いた入学試験者達はあんぐりと口を開きヒューズは持っていたペンを落とす。

火球の当たった的は、跡形もなく焼け焦げその下の土は焦土と化していた。

入学試験者達は未だに我に帰ることができていない。
それはそうだ。本来の〈火玉〉の威力はせいぜい的を焦がすくらいだ。
これが真実だと言われるならば、いっそ上級魔法や幻だったとか言われた方がまだマシだろう。

魔法の行使を終えた俺はヒューズ試験官に近づき

「すみません。もう終わりでいいですか?」

と言う。

ヒューズは急いで実技の記入欄のところをSに変えて

「あぁ、終わったのなら筆記試験の会場へ行きなさい」

と伝えてくれた。

実技の評価がSになったことに喜び俺は次の会場へ向かうのであった。




「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く