話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

3歳

このヴァイス王国では5歳になったら神殿に行きステータスを調べなくてわいけない。
俺はそれまでに《隠蔽》というスキルをみにつけなくてはいけないのだ。

〜〜3年後〜〜

無事3歳になった俺はシルフィード領にある森にきている。
5歳になるまえに《隠蔽》をみにつけなくてはいけないからな。家族には言ったか?そんなの決まっている。
もちろん言ってないさ。

家にあった剣を構え耳を研ぎ澄ます。
木々の擦れ合う音、小動物が駆け回る音、その中に魔物が歩く音がする。
そっと近づき魔物に向かって剣を振り下ろす。
《武術ノ才》のおかげか刃は、スッと魔物を断つ。

初めてだったが無事に倒すことが出来た。その後も続けて
夕方までに15体の魔物を倒すことが出来た。

「さて、早く帰らないとみんなにばれてしまう。」

帰宅後服の汚れなどがばれないように急いで風呂に入り部屋へ向かった。

まわりに誰いないことを確認してステータスを確認する。

「ステータスオープン」

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ソージ・シルフィード

LV5

HP 5000

MP 10000

攻撃 7500

防御 7500

魔攻 10000

魔防 10000


スキル……アイテムボックス、叡智ノ才
                  武術ノ才、魔法ノ才、料理上手
                  言語翻訳、気配察知、暴食ノ才

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「《気配察知》は魔物を探した時か…でも《暴食ノ才》ってのはなんでろう。」

そんな事を考えているうちにソージは寝てしまっていた






やはり名前を考えるのは難しいですね。




「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く