話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

適当ってなんだろう

    
    目を開けると、見たことのない天井だった。
    ふと横を向くと、自分の5倍程の美人の女性が椅子に座っていた。
    すると女性が「ふふ、やっと起きたのね」と話し出した。
    なるほどこの人が俺の母さんなのか。母親がこんなに綺麗なら自分の顔も期待できるな。
    
    赤ん坊の小さな手で母親に触れようとするが、何故か思うように動かなかった。
    そんなことをしていると急に眠気が襲ってきた。
    
    気がついた時には、もう夕方になっていた。
    
    そんな時母親が「ごはんですよ」と言いおっぱいを飲ませてくれた。
    体は赤ん坊だが精神年齢は前世の分も含めると18歳になるのでものすごく恥ずかしかった。
    
    やはり母親だからか興奮はしなかった。

   その後は毎日同じようなことが続いて半年が経った。

    ハイハイができるようになったり、少しづつちゃんとした言葉が話せるようになった。

    その頃やっと家のことや自分のステータスが分かってきた。
    まず家のことだが貴族で爵位は子爵だった。そのため家にはたくさんの本があった。
    俺はこの家の三男3歳上の兄と5歳上の兄がいた。

   ハイハイができるようになってからは親やメイドの目を盗んでよく魔法や歴史の本を読んでいた。
    
   何故言葉がわかるかはステータスのところで話すとしよう。

   ステータスだか結果を言うとこんな感じだった。

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   ソージ・シルフィード

LV1

HP 1000

MP 2000

攻撃 1500

防御 1500

魔攻 2000

魔防 2000

  スキル………アイテムボックス、叡智ノ才
                       武術ノ才、魔法ノ才、料理上手
                       言語翻訳


      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    こんな感じだった…







勉強や仕事の息抜きに読める、そんな物語を考えています。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く