話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)

46猫

プロローグ

   ある雨の日、佐倉悠二さくらゆうじは下校中であった。
悠二には友達がいない。
    顔は上の中でほとんどの事をそれなりにできるそんな少年だった。それでも友達がいないのだ。
    そんな学校からの帰り道どこからか降ってきた酒瓶が頭に当たり死んでしまった。

    目が覚めた場所は何もないただ真っ白な世界だった。そして目の前には白い顎髭がよく似合っているおじいさんがいた。

「俺どうしてこんなとこにいるんだろう。たしか家に帰っていたら空から酒瓶が…」

    頭にはまだ酒瓶が当たった感覚があった。

『ゴメンな。』

    目の前の爺さんが突然そう言ってきた。

『だってよ、まさか下に人がいるとか思わないだろう』

    悠二はそれを聞いて気がついてしまったこいつが酒瓶を落とした犯人ということを。

『そうなんじゃよ。ちと酔っ払ってしまってな。
    おっと自己紹介がまだだったな。ワシはゼウス
    と言ってなこの世界の神様をしている』

「で、その神様が何の用だ」

    悠二は、はやくして欲しかった。酒瓶に当たって死にその原因が神様のせいだったのだから。

『君が死んだのはワシのせいだから、せめて異世界に転生するか、天国に行くか選んでもらおうと思ってな』

「異世界転生ってのはラノベみたいな奴か?」

『そうじゃ。ちゃんと魔法もあるぞ』

    なんだそんなの転生に決まっているじゃないか!

「転生の方でお願いします」

『よし、分かったちょっとまっておれよ』

    神様はそう言って何やら唱え始めた。
    唱え始め絵から1分ほど経った頃、突然俺の体が光り始めた。

『出来たぞい。スキルとかは適当に選んでいくからな
    。頑張れよ‼︎‼︎』

    そして、俺は意識を失った…





初めての投稿なので誤字などがあるかもしれませんが、これからも読んでください。

「mob少年は異世界で無双する⁉︎(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く