子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

混沌と書いてカオスと読む

(ああぁぁぁっっっ!!!痛い痛い痛い痛い!!!周りの視線が痛いっ!!)
楓恋が結構大きな声で言ったので、周りの奴らにも聞こえていたらしく
大勢の生徒が僕を見つめてくる
「ちょっと落ち着け楓恋。誰かと勘違いしてないか?俺にはそんな覚えが……」
「ねぇ、颯ちゃん…うそ…だよね?」
有咲は今にも泣きそうになりながら聞いてきた
「あんな約束した覚えないけど、何で有咲がそんな悲しそうな顔してんだよ」
「だって颯ちゃん、私にも同じ約束してくれたじゃん……でも、この子ともしてるってことは本気じゃ無かったって事でしょ?なんだか私馬鹿みたい……ほんとに」
そう言うと有咲は涙をこぼした
「まじかよ、あいつクズだな」
「泣かせるなんて最低。ありえない」
そんな声がいろんなとこから聞こえてくる
「有咲、楓恋。ちょっと来てくれ。屋上で話がしたい。」
そう言い僕は二人を連れて屋上へと向かった

「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く