話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

もう一人の子

二日目の教室、教室の窓際でボーっとしているとまた聞き覚えのある声がした
「失礼しまーっす」
昔遊んだ子かなと思い、声のする方を見るとやはりそうだった
昔と変わらない綺麗で長めのツインテール、自身に溢れた強気で整った顔
間違いない、楓恋かれん だ
(楓恋とは昔よく遊んだなぁ…)
なんて考えていると、楓恋が目の前に歩いてきた
別に僕に用があった訳ではないと思っていてので少し驚いた
「あなたが夜波颯よね?私は、天海楓恋。覚えてるでしょうね?」
「あぁ、覚えてるよ楓恋。十年ぶりか?」
詳しくは覚えていないが、適当に流してみる
「颯ちゃんおはよーっ!あれっ、その子はどなた?」
そんな話をしていると、有咲が教室へと入ってきた
「おはよう有咲。こいつは楓恋って言って、昔一緒に遊んでた奴だ」
「はぁ?それだけじゃないでしょ!」
「それだけじゃないって、他になんかあるか?」
「だーかーら!私達小さい頃結婚する約束したじゃない?」
「「えぇ!?」」
僕と有咲は、楓恋が急に変なことを言い出したので、驚いてマス〇さんの様な変な声をあげてしまった

「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く