子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

帰り道

帰り道、少し歩いたところだったが、僕と有咲にあるのは静寂だった
(何か切り出さなきゃ…急に約束のこと聞くのは変だよな)
そう思った僕は最近楽しかったことを聞くことにした
「なぁ有咲。最近何か楽しいこととかあったりした?」
有咲は少し考えると答えてくれた
「ん~、友達とカラオケ行ったりしたこととかもあるけど……」
「一番は、颯ちゃんが転校してきてくれたことかな」
有咲は今日一番の笑顔でそう言ってくれた
そんな不意打ちを食らった僕は赤面してしまった
今更だが、有咲はなんだかんだ言ってクラスで一番といえるほどの美少女だ
うちの高校の二大美少女の一人とか言ってるやつもいる、そんな奴だ
「あれぇ~、照れちゃったのかな??」
僕が赤面したことに気づくと、すかさず有咲は僕を煽ってきた
まずいと思った僕は別の話題を切り出した(仕返しのため)
「有咲って結構可愛いのに、彼氏とかっていないの?」
「っ!?いっ、いるわけないよ!」
突然のことで有咲もビックリしたようだ、これで仕返しは完了___そう思っていた
「だって、約束の事もあるし、彼氏なんて作れないよ……」
ビックリしたのは僕の方だった
ここで約束の事が出てくるとは思ってもいなかったからだ
「その約束って何の事だっけ、ごめん、どうしても思い出せない」
約束の事が出てきたのでそれに乗って有咲に聞いてみた
「……いや、別にいいの。自分で思い出してくれるまで私は待ってるから」
そう言う有咲の顔はやっぱりどこか悲しそうだった
ちょうどそこで、僕と有咲が分かれる道に着いたので「さよなら」と言ってお互いの帰り道に着いた



「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く