話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

呼び出したところは

「有咲……か?」
そう、そこに立っていたのは僕が昔ここにいた時、一緒に遊んでいた子だった
「やっぱり颯ちゃんだ…!」
どうやら向こうも僕のことを覚えていてくれたらしく、すぐにお互いが分かった
「何々~?二人とも知り合いなの?」
周りにいた生徒が僕たちに問いかけてくる
「颯ちゃんが昔ここにいた時に一緒に遊んでたんだ~」
有咲はそう答えると、僕と話がしたいからと言い、昼休みに僕に屋上に来るように言った
4時間目が終わり、有咲に言われた通り屋上に向かった
入学前に校内地図を見たので大体頭に入っていて迷うことなく屋上へ向かえた
屋上の扉を開けると、そこには綺麗な髪をなびかせながら待っている有咲がいた

「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く