話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

プロローグ

「また転校か」
高校二年に上がり一か月程経ったところでで高校生生活で二度目の転校をするそうは心の内でそう呟く
「前の学校では仲の良い友達もいっぱい出来て、良い生活が送れそうだったのに」
そう思う颯だったが、親の事情ならば仕方ないと、その思いを心の底にしまい込んだ
親によれば多分高校の間は転校しなくてもよくなりそうなので、慣れた転校だったが、少し緊張しながらも期待に胸を膨らませ、引っ越しの準備をする颯だった




「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く