子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

数年ぶりの再会

引っ越しを終え、転校初日
当然だがこんな時期に転校する奴なんてあまりいないので、今日の転校性は僕だけだった
朝のHRで教壇に上がり黒板に名前を書き、自己紹介を始めた
「初めまして。夜波 颯やなみ そうと言います。気軽に『そう』って呼んでください」
今までの経験より、長い自己紹介をするのはあまりよくないので、簡単に済ませた 
「颯ちゃん?」
不意にクラスのどこかからそんな声が聞こえた気がしたので不思議に思ったが空耳と言うことにした
指定された席に座り朝のHRを終えた
朝のHRが終わると同時に数人の生徒が寄ってきた。転校生に興味がわく学生ならではのあれだ
出身地や、昔ここに居た事があったなど、いろいろな話をしていると生徒の中に見たことのある顔の女子生徒がいた。
「有咲……か?」
そう、その子は俺が昔ここにいた時、一緒に遊んでいた子だった_____



「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 気まぐれ人

    訂正してもよいなら、転校性→転校生

    4
コメントを書く