話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Geschichte・Spiel(ゲシヒテ・シュピール)

ノベルバユーザー173744

zwei(ツヴァイ)

 アストリットの身体のまどかは、料理を見て溜息をつく。

 やはり固いパンに肉を焼いたもの、薄そうなスープである。
 しかし、固いパンはスープに漬けて柔らかくして食べる。
 お箸は当然なく手づかみの為、テーブルクロスとフィンガーボールが置かれている。
 そして……

Metミード?」
「左様でございます。姫さまはエールをお飲みになられませんから」
「……ありがとう」

 Metは、蜂蜜酒である。
 蜂蜜に水を混ぜて発酵させたもので、古代よりあったお酒である。

「未成年なんだけどなぁ……でも、当時は水が不衛生で、小さい頃からAleエールBierビーア……ビール……にミードに、時々Weinヴァイン……ワイン……とミードを混ぜて飲んだりするんだよね……」

 と漏らしながら、フィンガーボールで手を洗い、無意識に手を組み合わせて祈ると、まずはパンをスープにつけて、肉を骨ごと掴み、口に運ぶ。
 今ならはしたないが、そうしないとフォークも共用、何もないのである。
 異性がいないのだ、このように食べるしかない。
 口を開けて食べるが、

「……美味しくない……」

 血抜きがきちんとできていないのか、生臭く、その上半生。
 それに歯ごたえが強く、噛みきれない。

「どうされました?」

 ベアタの問いに、首を振る。

「……胡椒とか高かったよね……あぁ、ハーブとかないのかな。臭みを取るのに。それに、これはきっと、お父様がたが狩った獣……筋っぽいのも仕方がないわね……でも、かたーい」

 昔の人間よりも噛む回数が減っていると現代の子供をいうが、その通りかもしれない。
 瞬の顎は悲鳴をあげていた。
 一旦、食べるのを諦め、スープに浸していたパンを取るが、長い間染み込ませたと思うのに、パサパサして味気ない。

 ため息をつくと、手をぬぐい、ゴフレッドを手にして、ミードを口にする。
 すると、口の中に独特のアルコールの味が広がり、ゲホゲホとむせる。

「姫さま大丈夫ですか?」
「大丈夫よ……」
「やっぱりお疲れなのですわ。お休みください」
「大丈夫」

 自分は何故かお姫様なのだ……いや、伯爵令嬢……姫さまというからには、多分父のエルンストは帝国でも力のある実力者。
 その娘ということは、それなりに、政略結婚や人質ということもあるのだろう。
 あの青年は、その人質の先の人間だろうか。

 何とか時間をかけたものの料理を食べ、ミードを飲む。
 ミードは慣れないものの、水は飲めないのだ。
 不衛生なものを安易に口には出来ない。
 自分がどうなるか判らないのだから、体を大事にしなくては……。

 フラフラとしながら、告げる。

「ご馳走さま。下げて頂戴。ベアタ。着替えをしたいわ」
「かしこまりました」

 食事を下げて貰い、ドレスを脱ぐと、全身を覆うようなパジャマを着せられる。

 鬱陶しいと思ったものの、目の前に、

『この時代のベッドは不衛生で、ノミやダニが多く、肌を傷つけないように着込む。
 ベッドの中身はもう一度書くが藁である』

と現れ、ギョッとする。

「ノミ、ダニ……ダニを媒介にして病気が感染るって聞いたわ……」
「姫さま?」
「あ、大丈夫よ。ベッドに入る前に、ちょっと調べ物をするわ。ベアタ下がって頂戴」
「姫さまお一人には出来ませんわ」
「……解ったわ。私が何をしても気にしないでね」

 髪を片側に軽くしばった瞬は、部屋の隅に置いていたバッグを引き寄せ、中身を確認する。

「あった……」

 ランプの置かれた机に並べるのはゲームの中身である。
 自分自身が何故こうなったのか、確認したいと思ったのだった。
 持っていた本をもう一度よく読み、ゲームの中身を確認したかったのだった。



『このゲームは、中世ヨーロッパをベースに街に住んで仕事についたり、旅に出たり、成長とともに色々なイベントが起こりますが、その都度、初期能力値でもある体力、精神力、敏捷性、知力を駆使し、イベントをくぐり抜け、選択肢においては職業として、剣、魔法、治癒の力などが使えるので、レベルを上げつつあなたの世界を旅してください。

 ではいくつか質問と、その後に初期能力値を決めますので同封されている【Buchブーフ】、【Würfelヴュルフェル】、【Zeichenblattセイヒェンブラッド】を確認してください。

 ※注意

Bleistiftブライシュティフト】を用意して、【Zeichenblatt】に記入していってください。
【Buch】を確認し、【Würfel】を用いきちんと記入してからゲームを始めてください。

 HPは体力×2
 MPは精神力×2
です。

 レベルアップした際や何かあった時には毎回【Würfel】を用いて下さい。
 初期能力値は4、6、6、8の四つの【Würfel】の出た合計で決まります。
 攻撃の際には6面体のもの二つで、6が二つ出た時にはクリティカルということで、攻撃大成功。
 1が二つ出た時はファンブル、攻撃大失敗となります。

 最初に所持しているお金は【Thalerターラー】銀貨、1000枚となります。
 買い物などに使ってください。

 こちらをしっかりと記入して、ゲームを開始して下さい。
 どうぞ、貴方の国へ。』



「えっ?【Zeichenblattキャラクターシート】?そんなのあったの?」

 箱をひっくり返すと紙が数枚落ちてくる。
 予備のものを含め4枚ある。
 当然、瞬は書いていない。
 真っ青になりながら、バッグからシャープペンシルを出し、書き込み始める。

 しかし、書こうとペン先を置くと、バァァッと文字が書き加えられ、

『名前:アストリット・エリーザベト・ディーツ。
 ディーツ伯爵エルンストの娘。
 年齢:15歳。女性。髪はプラチナブロンド、瞳は淡いブルー。
 抜けるような白い肌の愛らしい少女で『妖精姫』とも呼ばれている。
 兄弟は兄2人、妹と弟は幼くして死亡、現在、母のエリーザベトが妊娠中。
 ベアタは乳母うばで、アストリットよりも二つ上と、同じ年の息子がいる。
 職業は【Einエイン Edelmannイーデルマン】……ノーブル。貴族の令嬢。
 体力・精神力・敏捷性・知力:それぞれ不明。
 武器:不明
 レベル:不明
 特殊能力:不明

 注:当初入力した『シュン』という言葉のみ残っているが、何処に入力されるはずだったか不明である。
 アストリットは、アストリットとして生きるべし。
 レベルアップなども何かをきっかけにあり得る。
 もしくは特殊能力を持っているやもしれぬが、こちらには不明でしかない。』

と現れる。

 呆然とする。

「ちょっと待って……これ、どーいうこと?」

『きちんと説明書にあったはず。よく読まず迷い込んだのだ』

 目の前に文字が現れる。

『だが、運がいいのだな。何も書かず迷い込んだのは初めてだ。しかも、貴族の娘。幸せだぞ?』

「運がいい……今から、じゃぁ、体力とか……」

 ガサガサとサイコロを取り出すが、四面体と六面体が二個、八面体の4つを振っても、全く反応しなかった。

「どうして……?じゃぁ、私は……」

『アストリットとして生きるしかあるまい。まぁ、我も、何故かそなたの中にいる羽目になった。よろしく頼む』

「頼まれたくないわよ!どうして?こんなところで生きられないわ!不衛生だし、お姫様の暮らしって穴蔵の中にあるの?それに、ろうそくで煤けてる!臭いも耐えられないわ!……でも、ゲーム機も何もない……生きるしかないの?」

『アストリット。この世界を楽しむがいい。ではな』

 文字は消えた。

「待って……」
「姫さま?どうされました?」
「ベアタ……」

 近づいてきたベアタに説明することもできず、見られないように慌ててシートを折りたたみ本に挟むと、他のものをしまい始める。

「な、何でもないわ」
「顔色が悪いですわ。大丈夫ですか?」
「大丈夫よ。ベアタ」
「姫さま?ペンはこちらにございますよ?これは?」
「あぁ、何でもないわ。借りたものよ。今度返すの」

 ベアタから隠すために、バッグにしまい込んだ。
 そして、ファスナーで閉め、DIYショップで購入していた鍵をかけた。

「じゃぁ……ベアタ。私は眠るから……おやすみなさい」

 バタバタとバッグを抱えたままベッドに入る。

「姫さま。そのようなものを持って……」
「いいの。ベアタ。もう寝るからランプを持って下がって。大丈夫よ」

 ベッドに座り、壁を見つめている主人にため息をつき、

「解りましたわ、姫さま。何かありましたら隣におりますから、声をあげてくださいましね?」

とランプを手に下がっていった。

「……どうしよう……それよりも、私がアストリットじゃないってバレたら……そう言えばお金は……あるわけないわね……お父様にもらって逃げたら泥棒よ……」

と呟くと、

 ヒュン、ドス!

と目の前と言うか膝すれすれに落ちる大きな皮袋。

「ナ、ナ、ナ……?」

『忘れていた。1000Thalerだ』

「えっ……」

 紐を解くと、約4センチの円型のずっしりとした銀貨がザラザラと入っていた。

「日本の記念千円銀貨と同じくらいじゃない……」

『ちなみに、ゲームの世界ではどうかわからないが、この世界ではこの一枚は、1グルテンの価値があり、日本円で約12万円に相当する。一般家庭の一月がこのコイン二枚。このままでは使えない。バッツェンに両替するといい』

「バッツェン?」

『1グルテンが、15バッツェンの価値がある。1バッツェンが約8000円。1バッツェンが4クロイツァー。1クロイツァーが、12ペニヒ』

Groschenグルテン」『Batzenバッツェン』『Kreuzerクロイツァー』『Pfennigペニヒ

 と言う単語が頭の中に踊る。
 慌てて、バッグにつけていた携帯ライトをつけ、バッグをもう一度開けると、忘れる前にメモに書き込む。

 [1テーラー銀貨=1グルテン(約12万円)
 1グルテン=15バッツェン
 1バッツェン=約8000円
 1バッツェン=4クロイツァー
 1クロイツァー=約2000円
 1クロイツァー=12ペニヒ
 1ペニヒ=約166円
 2グルテンで、一般家庭約ひと月分の生活費になる]

 とここまで書き込み、ハッと我に帰る。

「ちょっと待って……じゃぁ、この重いの……一般家庭500ヶ月分って訳ぇぇぇぇ!」

 アストリットの悲鳴に、扉が開く。
 その時には慌ててライトを消して上掛けで隠している。

「姫さま?大丈夫ですか?」
「あ、ご、ごめんなさい。ちょっと心配になって……大丈夫よ。明日お父様に伺ってみるわ」
「本当に大丈夫ですか?ついておりますよ?」
「大丈夫よ。もう大人ですもの。おやすみなさい、ベアタ」

 ベアタは、主人の言葉に下がるしかない。
 扉が閉じられたのを確認し、もう一度ライトをつけた瞬は、恐ろしいものを触るように、銀貨を収め、袋を閉じ、バッグに投げ込むとファスナーで閉め、鍵をかけた。

「一枚12万円の銀貨が千枚……冗談でも怖すぎるわ。物の値段がどれくらいか、確認したいけど両替できるの?偽物だったらどうしよう……」

『本物だが』

「余計いらんわ!一億二千万円……宝くじじゃあるまいし!」

 ブルブルと前とは違う場所にバッグを隠したあと、ライトを消し、本を握ったまま目を閉じた。

「夢でありますように……」

 そう祈ったのだった。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く