話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

特殊科学研究事務所-muzina-

@ma-bo-@

第4話 おもひで

『あらぁ〜。うちの舎弟ちゃんをぶっ飛ばしたのはもしかしてそこのボーイ?』

 オカマ口調で現れたのは蒼い河童。
 しかし甲羅はなく、肌は鉄のような鱗で覆われ、指先には虎のような鉤爪がついている。

《ま、まさかこんなところにこいつがいるとは。まずいっ! まずいですよぉっ!》

 心の中でムジナが異常に取り乱している。

 こいつは一体何なんだ?見た目から想像すると河童の上位互換だけど……

《こいつは〝水の神〟水虎すいこ。四十八の河童達を統べる者。その強さは……計り知れませんっ!!》

『よく知ってるわね。舎弟は人間どものせいで僅か二人になったわ』

 先程とは比べ物にならない殺気。
 もはや逃げることなどできない。
 上位の敵に背を見せることは死を意味する。

 覚悟を決め、先程の猛スピードで間合いを詰める。風のように走る俺は、常人なら見えないほどのスピードに達していると思う。

 しかし殴ろうとした直前、水虎の鉤爪の餌食となった。

 横になぎ飛ばされた俺は、なんとか耐えられたが、体からは血がドクドク出ている。
 ケモノ化しないでこれか……

『ん?ああ、あそこのガールから始末しちゃいましょうか。絶望しながら死ぬといいわ』

 水虎は麗奈に近づいて行く。

 ヤガスがパタパタ羽ばたきながら攻撃するが、水虎の一振りで倒されてしまう。

『ガフッ…面目……ない』

 水虎は麗奈にあと一歩のところまで近づいている。

 やめろ!と言いたいが痛みで声を出せない。たとえ出せたとしてもあいつが止まることはないだろうが。

 水虎が鉤爪のついた手を振りあげる。

 俺は必死で掴もうとするが、当然空を切る。

 水虎の手が振り下ろされる。

『「やめぇろぉぉお!!!」』

 声がでたと同時にまた掴む動作をするが、先程と同様に空振る。
 しかし、俺の手から生み出された風は刃となって水虎に襲いかかった。

『痛っ。なぁにボーイ。まだそんな技があったのね。やっぱりあなたから仕留めることにするわ』

 少しは効いているかもしれないが、傷は浅い。

 何であんな事が出来たのかわからないが、今はそれどころではない。
 水虎が標的を俺に変えて歩いてくる。

『そう言えば前にいたわね。「私がモノノケと人間の共存できる世界をつくる」とか言ってた人間が。そいつが来た後は人間は全くここへは来なかった。けど数年前から急に人間があちし達を攻撃してきた』

 数年前、というフレーズに引っかかる。

『「もしかして……その人間は、言魂隆也という名前だったか?」』

『確かそんな名前だったと思うわ。あちしも昔は人間と共存しようと思ってたの。でも今となっては昔のことよ』

 独特な口調、それにその言葉。

 -あちしね、
          人間とは共存していきたいって思ってるの-

-あちしと一緒にいたら変人扱いされるわよ。あちしのことは忘れさせるから……普通の人間と…仲良く生きてね。さようなら-

 忘れられた記憶が頭の中を駆け巡る。

『せいぜい、自分の運命を悔いなさい』

 水虎の手が振り下ろされる瞬間、俺は言葉を発した

『「すーちゃん。すーちゃんだろ。久しぶり」』

 水虎の動きが止まる。

 全部、思い出した。
 俺は微笑んだ。

『そ、その呼び方。れいくん?れいくんなの?じゃああっちのガールがれなちん?………そんなに…そんなに大きくなってたら気づくわけないでしょう』

 水虎 いや、すーちゃんも、泣きながら微笑んだ。

 雨が俺らを優しく包み込むように降り注いでいた。

「特殊科学研究事務所-muzina-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く