記憶改竄的現世界物語

さも_samo

第17話:復讐鬼

仮面の表情にノイズが走る。

仮面がノイズしか走っていないアナログTVのように変化していく。

数秒もしないうちに仮面はコトリと地面に落ちた。
仮面の下の女の表情。

その表情に、思わず生唾を飲み込む。

目が何者かにくり抜かれ、血の涙を流している。
口元は裂けており、正直見たくもないグロテスクなものになっていた。

バタンと倒れる女。

「やっぱり死体だったか....」

俊介の冷静な分析を聞くのと同時に、テラがあたりを不信そうにキョロキョロ見回す。

テラが何を探していたか....その地面に落ちたはずの仮面を探していると分かった瞬間、世界から色が消えた。

咄嗟にミレイ・ノルヴァの方を見たが、彼女は原因ではないようだった。

コツンと言う音と共に、仮面が机の上に落ちる。

その仮面は宙に浮き、カタカタ笑い出した。

竜巻の様なものが起こり、吹き飛ばされない様に体重を移動させる。

「よぉ、よぉ。マヌケさん方....お探し物はコレかい?」

仮面の口が開き、そこから声が聞こえた。

竜巻は大量の仮面を生み出し、廊下に向かっていった。

ドン。ドン!ドン!と大きな破壊音が部屋中を包み込む。

パァン!とガラスが大破し、室内に無数の首なし、四肢なしSPが入り込んできた。

風が人の体の形を作り出し、風人形が喋った仮面を装着した。

右手から鬼火のようなものが見えたかと思えば、そこから一つ青と赤のラインが入った異質な仮面が生まれ、風人形はその仮面をテラの兄?の胴体に取り付けた。

数秒もしないうちにテラの兄が起き上がる。

首なし死体で。

操り人形のように....。

「お兄様....?」

テラが嬉しそうに近づく。

「危ない!」

首なしのテラの兄はテラの腹に拳を入れた。
人を遥かに超えた筋力で。

化物さえも超えたような、そんな筋力で。

兄の拳はテラの胴体を貫通した。

テラの血反吐が地面に落ちる間も与えず、テラは壁に吹き飛ばされた。
胴体に空いた穴、壁に強く打ち付けられる痛み。

あの年の娘に与えていい痛みじゃない。

【ウッドソード】

俊介が能力を唱えると同時に、テラの傷口はあっという間に塞がった。

【ロストブランク】

ミレイ・ノルヴァが能力を唱えると、風人形はかすれて消えた。
しかし再び風が巻き起こり、人形は【再結成】された。

カタカタと宙に浮き笑う仮面。

この2人のコンビを持ってしても決して優勢とは言えないこの相手。

SPがこちらにターゲットを変えたようだ。

クソ....またこれか。

自身の記憶を改竄する....【自己改竄!】

反射的に目を瞑る。再びまぶたが上がると、目の前のSPの動きが圧倒的に鈍くなっていた。
右足に力を入れて思いっきり飛ぶ。

空中に飛ぼうと、SPはお構いなしにこちらに突っ込んでくる。

その動きに知性を感じなかった。

ならば俺は闘牛士の様に....。

両手の拳を構え、宙に浮きながら無数の仮面にラッシュを食らわせる。

何処からか銃が飛んできたが、きりもみで回避した。
奴らが化物だとしたなら、今の俺はきっとハンターだ。

仮面持ちが獲物にしか見えない。

体が本能的に殺戮を求めているのだろうか?

考えたくもない。

バリッバリッと仮面が割れていく。

仮面さえ割れば死体は動かなかった。
実在してないのに、仮面を殴る感覚はハッキリあった。

もはや奇妙を通り越して【理解不能】だ。

地面に着地するのと同時に後ろからナイフが振られる。

死角になっているせいで反応できない。

なら....。

地面に力を加え、大きく上に飛ぶ。
クルリと後ろを振り返り、ナイフの上に乗った。

ハリウッド映画でしか見ないようなアクション。

パルクールの演者の様な....そんな視界。

もはや俺の足は無意識に動いていた。

仮面の割れる音と同時に、頭に重い一撃が入る。

さっきまでいなかったはずの背後に、テラの兄の姿があった。

かすれる視界。
立ちくらみのようなノイズが視界に入る。

ものすごい吐き気が体を駆け巡ったが....。

仮面を握ることに成功した、このまま握りつぶし....。

気づけば仮面を握っていた右手が消えていた。
兄の手刀。

手から血が噴き出す。

「ウオォォッ....」

地面に蹲る中、ハッキリとした大声が耳に入ってきた。

「勝治!私にも貴方のそれと同じ記憶を頂戴!」

テラだった。
殺意の篭った目で、圧倒的な怒りの感情をまとって....。

あんな小さい子に肉体疲労をさせるわけには。なんて色々な考えが頭の中をよぎったが、テラのその目を見ればその本気度は伝わった。

彼女の事だリスクは考慮しているはず。

ならばここで俺が出し惜しみしていても蹉跌を産むだけか。

【テラの記憶を....改竄する!】

テラがギュッと目を閉じる。

一瞬体が変な方向に曲がったように見えたが、それは記憶に体が付いていこうとした証だろう。
瞳を開けたテラの目から眼光が鋭く光る。

その様は復讐に燃える鬼のように恐ろしく、美しかった。

傍から見るとこんな風になっていたのか。と思うのと同時に、俺の意識は限界地点に近づいてきた。

【ウッドソード】

あぁ....ちょっとばかし遅いよ....先生。

「記憶改竄的現世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く