記憶改竄的現世界物語

さも_samo

第12話:自己【改竄】

男は足を抑えながら蹲っていたが、ゆっくりと立ち上がるとこちらに向かって一つ溜息を付いた。

「そうか」

バァン!と響く銃声。

撃たれたのは季子だった。
肩を押さえ蹲る季子。

その様を不安そうに見つめるテラ。

なる程、計算したのは逃げる所までか....。

反撃手段も用意してくれよ....。

いや、俺は子供に何を求めてるんだ....アホか。

この距離からでもギリギリ記憶を読めるが、改竄できて数秒って言ったところだろう。

足りない。

近づくか触れるかしなくては....。

視線を下に落とすとさっきテラが落とした電車があった。


ラバーチェアの向こうにいる銃持ちの男。

その机の下に落ちている電車。

肩を押さえ蹲る季子。
その奥で半泣きになりながら何かを考えてるテラ。

この状況で....何をすれば....。


時間がない。

男は数秒もしないうちに季子に止めを刺すだろう。
俺がここで騒いで撃たれればターゲットを季子から俺に移す事は出来るだろうが、そんなの時間稼ぎにもならない。

一体...ハッ!

可能性だ。

人間の可能性。

達也は自分の記憶の中に【自分は殺し屋】と言う記憶をねじ込まれていた。

そして実際に季子のあの一撃を防いだ。

なら、俺も俺自身の記憶を【改竄】したなら....。

試す価値はある。
ただしリスクが大きすぎるのも事実だ。

どうする――――
間髪入れず男が二発目を季子に撃ち込んだ。
背中を撃たれ絶叫する季子。

もう時間は無い。

自分の記憶を【改竄】する。

【自分には人間離れした身体能力がある】

....。

瞬間。俺の中の何かが【書き換えられた】。
無意識のうちに瞳を閉じ、そしてゆっくりと開ける。

自分でも信じられない集中力だ。

男の動きがコマ送りの様に見える。
季子の絶叫が耳で分散されて脳まで入ってこない。

それ程の集中力。

右足を深く踏み込むと同時に、男がこちらに銃を向ける。
何の躊躇いもなく引き金を引く男。

弾の軌道が見える。

ゆっくりとコマ送りの様に....。

体が追いついていない。
間に合わないことがすぐに理解できた。

なら簡単な話だ。

足元に落ちていた電車を蹴り上げる。

顔面0距離まで近づいて来たその弾は、蹴り上げられた電車に当たり軌道を変えた。

躱すのに足りなかった距離が補われ、男の弾が俺に当たることは無かった。

男の怯む表情がよく見える。
心なしか視界もクリアだ。

踏み込み十分。

地面を蹴り上げ男の元に向かう。

「オラァァァァ!」

拳を深く握り、男の顔面に一撃加えた。

脳震盪を起こしそのまま地面に倒れる男。

「フゥ....」

手をパンパンと払った。
人の顔面を殴る機会なんて滅多にないものだから少し痺れた。

しかし想像以上だ。

記憶の改竄によって自分の無意識を【操作】してみたが、まさかここまで出来るとは....。

「何者なの...?」

「え?」

「勝治...だっけ?お兄さん何者なの...?」

テラが怯えた目で聞いて来る。

「さっき言ったばっかりじゃないか。俺は理由あって季子の手伝いをしてるただの高校生さ」

「あの男は綿密に【殺しの手段】を立ててこっちに来てたはず。でもそんな計画を実行させる前に倒すなんて....ありえない!」

テラの怯えた目は、どこか嬉しそうに見えた。

「取り敢えず先生呼ばないとな....」

「こっちに来るまでに時間かからない?」

「ん?あぁ、そっちの先生じゃないんだよ」

携帯を取り出す。
電話の相手は当然【俊介】だ。

ツー。ツー。ツー。

出ない。

おいおいおいおい。

季子の出血量....医者を呼んで間に合うか?

と言うか医者を呼ぶのは非常に危険だ。
警察が関与してくるだろ、こんな怪我。

そうなったらもう【捜査】を続ける事は出来なくなる。

一体どうすれば....。

━…━…━…━…

一瞬、世界から色が消えた。
世界に色彩が戻る。

圧倒的なプレッシャー。
俊介に似た、この感覚....。

「ミレイ....ノルヴァ?」

「あら、私の事覚えてくれてたのね」

テラが理解不能と言わんばかりの表情をしている。
そりゃ何の前触れもなく急に現れたら驚くだろう。

まぁ、この女の場合は自分の思った【シナリオ通り】に動いてくれなかったから驚いているのだろうが....。

ミレイ・ノルヴァは季子の怪我を見て、手をかざした。

【ロストブランク】

彼女がそう唱えると同時に季子の傷は跡一つ残さず消えた。

「弾丸は?」

「消えてるわ」

「一体...何を?」

テラが俺の後ろにしがみつきながらミレイ・ノルヴァにそう聞いた。

「私の能力【ロストブランク】は望んだモノのパラメーターを【0】に出来るの。今は季子の怪我のパラメーターを0にしたわ」

テラはゆっくりと目を閉じ、何かを考える仕草を取った。
目を開けると、そこにさっきのタジタジさは消えていた。

どうやら常識を書き換えた様だ。

「どうしてここに?」

「外を歩いてたらたまたま貴方達を見つけてね、今にも死にそうだったから助太刀しようと思ったのよ」

そう言って手元に魔法陣の様なモノを広げるミレイ・ノルヴァ。
魔法陣の上に円形の液体が浮かび、その液体にはこの部屋が監視カメラ映像の様に映っていた。
非現実的すぎるその光景に、無性に【美しさ】を感じた。

「ただちょっと距離が遠くてね、今になっちゃったって訳」

「驚いたわ勝治。まさか貴方があんな人間離れした身体能力を持っていたなんて」

ミレイ・ノルヴァがそう言うと、俺の体は本来の自分を思い出したようで、虚偽で固めていた肉体疲労が一度に襲いかかってきた。

その場に倒れこむ。

薄れていく意識の中、ミレイ・ノルヴァの【ロストブランク】だけはハッキリと聞こえた。

o0O○O0o0O○O0o0O

「※▼□....える?おーい」

「あ、あぁすまん。能力で身体能力を無理やり書き換えてたもんだからつい....」

「そういうことだったのね」

気付くと季子が起きていた。

どれぐらい寝てたんだ....?


「さぁ、俊介の所に連れて行ってもらってもいいかしら?」

「え?」

「記憶改竄的現世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く