記憶改竄的現世界物語

さも_samo

プロローグ

つまらない...
退屈という言葉は世の中に対して失礼かも知れない。

でも退屈だ。

日常とは常に同じもので、変動しない退屈なものだと俺は思っている。
言語や微妙な行動の変化こそあるが、日常とくくってしまえばどれも同じだ。

「おはよ~」

これもそう、いつものあいさつ。なんの変哲もない普通の【日常】

正直人と話すのは嫌いだ。
相手が何を考えているか分からないからだ。

しかしそのくせ、言動と内心が一致していない奴はすぐにわかる。

▼◇△※□◆■

俺に何気ない挨拶をしてきた友人の表情から感情が消える。

顔から光が完全に消え、何か大切なモノを失ったかの様にその場に棒立ちする友人。

彼の表情に光が戻ると、その友人はそのまま席についた。

これが俺の能力。【記憶を改竄する能力】。

友人との挨拶の記憶を改竄し、彼の記憶からさっきの挨拶を消した。

コミュニケーションを上手く回避して、それでいて交友関係を崩さない最高の手段だ。
人からの印象だってこの能力で自由に操作できる。

人に危害を加える能力だと言われれば否定はしない。でもちょっと記憶の一部を借りるだけさ、なんの問題もないだろ?

....嫌いだ。

こうやって能力を乱用している自分が嫌いだ。
俺が生まれつきで持っているこの【能力】が嫌いだ。

俺はこの能力で、殺人を犯している...。
醜く汚く、それでいて下劣な殺人....。

生きてるこの状態が嫌いだ。

生きてる今が、俺にとっての罪滅ぼし用の牢獄だから。

生きてる今が、殺人を犯した俺用の牢獄だから。

「記憶改竄的現世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く