極寒の地で拠点作り

無意識天人

合流


「ふッ、『ジャイアントキリング』」

「――っ!?」

容赦無くスイングした大槌は目の前の男へ襲いかかり、クリーンヒットする。そいつはそのまま吹き飛ばされて近くの木に思い切りぶつかった。しかし、その衝撃に喘ぐも息絶えることは無い。

「は、クソ……流石にしぶとい……」

協力したりして何人か殺ったが、心做しか一撃一撃が鈍くなってきている様な気がする。やはりこいつら、防御力が上がっている? 数が減れば減るほど上がるのだとしたらそれはそれはタチが悪い。
だが嫌なのはそれだけじゃない。薄々感じていたがこいつら、何処かおかしい。

範囲がどうとか関係無く、中心に留まっている奴含めこの群れは私達のギルドホームへ向かってくるだろう。だから私はその針路上に居るのだが、連中はいったい何を考えているのか、こちらが劣勢の癖に積極的に攻め込んでこようとはしてこないのだ。
死んで復活するまでと戻ってくるまでの時間はギルドホームの近い私達が圧倒的に短く、そのサイクルをその戦力で上回り攻略せんとしないのは何か別の目的でもあるのだろうか。若しくはただ単に手勢の数で負けるのを恐れているのか、或いは……。

「いや、今は……目の前の敵を倒すのみ……」

最終的な判断は我らが団長がすることだ。その団長がひたすらに敵を切り倒していくのだから私はそれに従うまで。
大丈夫だ、このまま耐えていればいつかは中心が姿を現す。その機会を逃さなければいいだけの話。

そう考えつつ、私は目の前の男を今度こそ塵に還すのだった。

「クアイさん!」

一息吐いてすぐ、すぐそこから聞いた声が私の名前を響かせた。ひょこっと姿を現したのは、一瞬モンスターだかに見えるくらい闇のオーラ漂わせる外套に身を包んだ少女、ユズだ。

「あっ、クアイさんだ!」

「痴女……」

となるともう一人、と思った所で現れたその少女の名はハープ。たった今、うっかり口を滑らせてしまったが格好は全くその通り。年がら年中寒暖も気にせずサイズの合わないコートを着て腹と胸元を常に露出させている変態だ。
……とそんな冗談はよしとして真面目な話だと、ざっくり言えば団長の同志、AGI値四桁代生粋の化物だ。冗談とは言ったがこちらもある種の変態なので、結局の所そのレッテルからは逃れられないのだ。

「どうですか、そちらの状況は」

「良いとは……言えない……」

まだ殺ったのも二人。普段のペースならこんなものではない。それを許さないのはあの異様な硬さだ。

「やっぱり皆そうかぁ」

「そういうお前らは……どうなんだ……」

「んーユズ、何人キルしたっけ」

「何人? ちょっと待って、えーっと……」

するとユズはなんと指を折り始めた。そんなに倒したのかと一瞬驚いたが、少し考えてみれば納得行くものだった。化物の友達は化物とでも言うべきか、こっちも相当だからな。恐怖という言葉に遮られて目立つことは無いが、唯一の第七魔法の使い手でそして何よりSTR値が頭三つ分くらい抜けているのだ。

「六人? そう、六人だよ!」

「ふっ……流石……」

この硬さの中でペースを落とさずそれだけの数を稼げるのはやはりこの二人の成せる技なのだろう。

「それでどうします? やっぱり一人一人で戦うよりある程度固まっていた方が良いような気がするんですけど」

「賛成……どうやら奴ら……防御力上がってるから……」

「あ、確かに手応え少し悪くなってたかも」

「まあ私は元より弱点突きもVIT値高過ぎて出来ないし、協力するなら1ダメージでも通ればこっちの物だし」

二人も攻撃が通りにくくなった感覚はあったらしかった。尤もユズに至っては手応えが少々悪くなった程度というので、やはり違うなと感じる。

「恐らく奴ら……数が減れば減るほど……個々のVIT値上昇の倍率が上がっているのだろう……」

「具体的にはどのくらいまで?」

「わからない……この部隊がここまで戦闘するのは……これが初めてだろうからな……」

私は防御力が上がっているらしいことに憶測を立てるが、私自身この部隊と闘うのは初めてだ。そもそも今言った通り、それほど表立って行動したことがない連中だ。当然その情報は知れず、倍率範囲が何処までか構成人数さえもわからないから最大倍率も予想出来ない。少なくとも今は三倍から三・五倍程度に上がったんじゃないかと感じている。

「ただ、これだけの能力……元から三倍ともなれば……三桁は居ない筈……」

「私達が六人、他の人達が合わせてそれ以上倒してるとしてそれで倍率の段階が一つだけ上がって元の人数がそんなに居ないならそこまで酷い倍率にはならないかな?」

「それほど数を刻まなければ多分そうだと思うけど、全体的に見れば少し上がるだけでもキツいよね」

まあポジティブに考えれば、段階を一つ上げさせたということは着実に数を減らしている、そして倍率が上がったということは一旦範囲を縮ませたことになるから親玉の位置を特定しやすくなったと言える。

「何にせよ……結局私達が……親玉を見つけ出して……殺すことに変わりはない……」

「それなんですけど、これだけ闘ってて見つからないのっておかしいですよね?」

「周りと同じ様な格好してたとしても防御力無いからどうしようもないだろうし普通の状態では居ないだろうしね」

「うーん、じゃあ何処に……」

となれば中心のそいつが残りやるべきことはただ一つ。

「何処かに……隠れているのか……」

そういう理由ならば、この集団がギルドホームに向かって進むスピードが遅いのも納得出来る。

「ちゃんと隠れるなら光魔法の系統かな?」

「あっ、じゃあ私だね!」

一つ、ハープが予想を立てるとユズがいきいきとした声で任せてと言い出した。

「大丈夫なのか……?」

そんな感じのユズに私はつい、不安に思ってしまった。悪い前例がある程の友人関係は築いたつもりはないが、なんとなくとんでもない技でも使うのではないかと心配になったのだ。

「光魔法なら私の魔法で殆どどうにかしちゃうので大丈夫ですっ!」

「と、言っているが……?」

「張り切ってるんですよ。何せ光魔法のカウンター、ちゃんとしたのユズ一人ですから」

ああなっちゃもう止められませんよ、とハープは笑う。まあ拮抗状態に相手に得意な面で決定的な一打を与えられるならこんなになっても仕方ないのかもしれない。

「わかった……任せる……だが、どうするんだ……?」

「この集団の中心っぽい辺りで隠れていそうな所で暗転するんです!」

「は……?」

ユズは要するに、虱潰しをしようと言うのだ。確かに範囲は狭まったとはいえそれは漠然としているし、広くないとはまだ言い難い。それ故に、あれだけ自信満々だったのは何か隠れている者に効果的な手段でもあるからだと思っていたんだが。
それに心配事はまだある。

「暗転とは……あの技のことだろう? ……他の団員が混乱する……」

「まあ、そこは……よろしくお願いします?」

「はぁ……クソ……」

結局私頼みか。
私は若干申し訳なさげな笑いのユズを尻目に愚痴りながら私達のギルドのチャットを開いて、『突然目の前が真っ暗になっても冷静でいるように』という趣旨のメッセージを送った。
この文面を正しく理解出来る人間はそう多くないだろうが、どうせ巻き込まれればすぐにわかることだ。そういった質問が来たらそういうことだ、と締めておこう。

「しっかり……伝えておいた……」

「ありがとうございます!」

「構わない……これが決定打になるかもしれないから……」

私はあとは任せた、と伝える。
仮にそうだとしたら驚きを通り越して笑わずにはいられないかもしれないが、もしかしたら忍者宜しくカモフラージュ用の布を被ってそこらに隠れているとか無くもないかもしれない。まあ、そうだとしても取るに足らない問題だろう。

そうして私達三人は敵のリーダーを探しに、連中が密集している中心らしき方向へ歩を進めていった。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く