極寒の地で拠点作り

無意識天人

散歩


――眩しい白が視界から消える。
辺りはシーンと静まり返ってかすかに風の音が聞こえるだけ。どうやらまだ誰もログインしていないみたいです。

「む、リンか。今日はお前一人だぞ」

誰もログインしてないだけで誰も居ない訳ではありません。私達が『神様』と呼んでいる、自称闇と混沌の神であるアフィポスさんがただ一人居ます。

「そうなんですか……あれ? ユズさんとハープさんは良いとして、ケイさんはどうして?」

「ああ、ケイだったらさっき一旦入ってきてな。急用を思い出したから今日はプレイ出来ないかもしれないとお前に伝えとけとのことだ……はは、そうがっかりするでない」

「が、がっかりなんかしてません!」

くくく、と私をからかって笑う神様ですけど悪い人ではないです…………良い人でもないですが。

「ん、なら、何しようかな」

ケイさんが来ない日は珍しく、こうなってしまうとどうしても暇になっちゃいます。

「ふむ、ではちと散歩してきたらどうだ? たまには一人で街を歩いてもいいだろう」

「そう、ですね。わかりました、そうします!」

「ああ、行ってこい」

神様の提案の下、街へとお出かけすることにしました。雪は神様が止めておいてくれたのですが、シャードさんが居ないので遠回りに行くことになります。けれどそれも散歩の内、そう思うことにします。

道中は一人な上に戦闘向きではない私なので、弱い敵モンスターは逃げてしまうのですが、念には念を入れてエンカウントしにくいルートを選んで歩きます。それでもエンカウントする時はしてしまいます。

「ビビッ!」

「やあっ!」

遭遇したのはファットキャタピラー。文字通り、太った芋虫です。
私とて虫の中でもこういう類はかなり苦手な方ではありますが、最初の頃よりは問題なくなってきてはいます。
それもこれも、だいたいユズさんとハープさんのお陰ですね。いつかのレベリング作業では一日で数十匹倒しましたから……。

杖を振り下ろし振り下ろし振り下ろすこと数回、ファットキャタピラーは青いエフェクトを散らして消えた。はぁ、やっぱり私一人だと遅いですね、あのお二人なら一瞬なのに。

あ、たまに勘違いされるのですがユズさんやハープさんと違って私とケイさんは常人です……わわっ! ちょっと言い方が不味かったですね、すみません。
私は特別なお二人と違って極振りをしてる訳でもユニークシリーズを所持している訳でも無いただの一般人、という意味です。
なのでくれぐれも和みの館を化け物ギルドなんて呼ばないで下さいね。お二人にも悪いですから……け、けっして私が化け物って呼ばれたくない訳じゃありませんから!

そんなことを考えている内に数体の敵モンスターを倒して森を抜けていた。街はもう、すぐそこだ。

「いつ来ても良い匂いですね」

いつもの様に北門から入ると、両隣からこれまたいつもの様に美味しそうな匂いが鼻腔をくすぐってきます。
屋台は右に左にずらりと並び、それぞれ特徴のある食品、装飾品、怪しいポーション屋、中には本屋など割と沢山種類があるので全く飽きません。

「クモ糸綿菓子、舌に絡みついて美味しいよ!」

「ムカデタコ焼き、噛みごたえあるよー! そこのお嬢ちゃんどうだい?」

ええ、飽きません、飽きませんとも。見ている分には。私は丁重にお断りして再び歩き出す。
このように、数ある店の中には名前からして明らかにゲテモノな食べ物は幾つもある。

今のクモ糸綿菓子のお店はプレイヤーさんが経営しており、その『クモ糸』とは空に浮かぶ雲ではなく文字通りクモ糸なのです。クモ系モンスターから取れるクモ糸の中でも美味しくて、且つより綿っぽい物を厳選に厳選を重ねたらしい、ツッコミ所過多な食べ物です。

そしてムカデタコとは、足がムカデみたいに沢山あるタコです。確かサイズはそのムカデくらいで群れで洞窟に住み、集団で敵を攻撃する習性を持っていた気がします。
私自身、闘ったことはありますが、あまり思い出したくないです。だって彼ら、張り付いてきたり登ってきたりするのですから堪りません。その時はハープさんに落としてもらいましたが、ローブの内側に入り掛けた時は死ぬかと思いました。

話が逸れましたがそんな感じです。それで、そんなゲテモノの中でも行列を成しているのが、

「はーい、コスバそばだよ! 安いよ美味しいよー!」

「ああ、まーた並んでるぞコスバそば」

「しょうがないよ、あの味は癖になるからね」

例のコスバそばです。ユズさんとハープさんも食べたと言っていましたがとっても甘く、お二人はまずまずという評価でした。まあゲテモノというのは当たり外れの激しいものなので仕方の無いことなんでしょうが。

その列に並ぶことなくスルーして向かうのは、私にとって思い出の場所である中心部の掲示板です。私が和みの館に入団した、その場所。あの時の加入で私はどれだけ救われたことか。

だけど私が今日、ここに来たのは感傷に浸る為でなくただの散歩、暇潰しです。しみじみとた気分になるのはまたの機会にして、大きな掲示板の前に立ちます。

「何かないかなぁ」

掲示板はパーティやギルドのメンバー募集に限らず、ちょっとした世間話的な話題も貼られています。私は掲示板のウィンドウを開いて、スライドして気になる話題を探す。

「んっと、『紅蓮連盟の勢力拡大は何処まで』……違いますね。『最初の街名物、北部商店街レポート』、ここはもう頻繁に来るので別にいいです」

指を下から上へ、何度も何度も動かす。でもあんまり面白そうな話が無いんですよね。一応あることにはあるのですがそれが、

『ちょっと恐怖の魔女の実態に迫ってくる』

『例のUFO事件、恐怖の魔女が関わってるかもしれないぞ』

『あれ? 恐怖の魔女ってもしかして普通に可愛い?(秘蔵画像貼ってく)』

等々、私にとって身内の話となるものが割とあって、その殆どがユズさんの話題でした。いつも会ってる人となれば、真面目に議論されていることがなんだか面白おかしく見えますね。
ただ、今挙げた三つ目のは、私達と一緒に居るユズさん中心に撮られていて、いつ何処から撮ったのという感じでちょっとゾワッと来ました。

そんな真面目からおふざけまで取り揃えられているカオスな掲示板のタイトル達の中、ちょっと気になるタイトルを見つけた。

「『変わったギルドホーム? 見つけた』」

そこには、森の中にひっそりと佇むちょっとお洒落な一軒家が建っている写真が貼ってあった。投稿者の人は通りがかった際、偶然見つけたと言っています。そして丁度その時、中から人が出てきて見つかったので怪しまれないように挨拶したら何故か仲間全員キルされた、と。

タイトルに『?』があるのは、ファンタジーな家でギルドホームらしくは無かったけれど出てきた人は確かにプレイヤーで、投稿者の人を見つけたらすぐ攻撃したからそこを守っているのだろう、ということで確証は持てないけど多分ギルドホームってつもりでの『?』らしいです。

「うーん、でも会いに行くのは危なそうですね……あっ、これなんか良さそう」

『謎の大穴、突起、立方体の岩々……何かのイベントか』

次に私が目をつけたのはこんな記事だった。
場所は最初の街から南にある草原、掲載された写真を見ると並べられたり突き出てていたりする岩々、そしてとんでもなく大きな穴がぽっかりと口を開いていた。
その記事のスレッドには当然、土魔法の一環じゃないかとレスポンスがあったけど、こんな大きくて一度で掬ったかの様にきれいな半球はなかなか作れるものじゃないとのこと。
なるほど、確かにケイさんも一度、出来るだけ大きな『壁』を作ろうとしたことがあったのですがこの写真のほど大きくなることはありませんでした。

「へぇ、行ってみるのもアリですね」

私が一人で頷いている、その時だった。

「なーに見てるのリンちゃん」

「ひゃわっ!?」

不意に横からひょこっと顔が現れた。
その顔は見覚えのあるもので、綺麗な白い髪に赤い目、そしてその髪に負けないくらい眩しい笑顔の女の人。

「り、リザさん!?」

「ふふっ、どう? 驚いた?」

ええ、リザさんです。
リザさんはそう無邪気な雰囲気を振りまいて笑う。その笑顔に私はふと、あの時のことを思い出してしまいました。

「っ、すみませんリザさん……あれからまともな挨拶もせず」

「いいのいいのリンちゃん。まあ、あの後のことは順を追って話すからさ」

私は以前、和みの館とはまた別のギルドに所属していました。その頃、そのギルドにてそこの団長さんから酷く……その、暴行を受けていました。そこから助けて頂いたのがこのリザさんです。
そして前イベントの際、再度捕まってしまいなんやかんやあって再び助けて頂いたのですが、それからのことはリザさんが自分で片付けると話していたので私は知りません。

「……まずアレかな。あのギルドのメンバーについて」

「お願いします」

私とリザさんは近くの休憩所に入って、テーブル席で向かい合って座っています。座ってすぐ、リザさんが口を開き、あのギルドで同じ様な被害を受けていた女性達の話が始まりました。

「やっぱりね、殆どは辞めたよ」

「……」

「残ったメンバーもそれぞれのツテだったり私のツテだったりで別々のギルドに入ったりしたよ」

「……あの、団長さんは」

「アイツ? あーそれがさ、音沙汰無くてね。まあ私的にはこっちの方が助かってるから良いんだけど」

「そうなんですか」

「うん。今の所変なこともしてこないし、だから多分大丈夫だと思うよ」

リザさんはそう言って安心させてくれる。こんな時に何だけれど、誰かさんの大丈夫よりもよっぽど大丈夫に聞こえてくる。

「ありがとうございます」

「どういたしまして。ま、そんな感じよ。だからこの話は終わりね? それでリンちゃん、さっきは何見てたの?」

突然の切り替えだけど、いつまでもしんみりした空気が続いても仕方ない。それにこういう所もリザさんの良い所だ。折角親切にしてくれているのにそれを無視するのは良くない。

「あ、えっとですね……」

私はさっき見ていた、二つ目の記事について話をする。

「ふーん、大穴に大岩ねぇ」

「散歩がてら、行ってみようと思うんです」

「そっか、じゃあ私も行くよ」

「えっ?」

私は、散歩への突然の参加に驚いてつい声を出してしまった。

「ごめん、もしかして迷惑だった?」

「いえ! 全然そんなこと!」

「そう? なら良かった」

そうしてリザさんはまた微笑んだ。
やっぱり、リザさんは良い人だ。そう感じながら休憩所を後にして、私達二人は件の大穴へと身を運んだ。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く