極寒の地で拠点作り

無意識天人

ずっとクアイさんのペース


「もう、ハープのあの音消す技、パーティ全員にかかればいいのに」

「それやったら色々強過ぎない?」

「そんなこと言ってたら二人共、既にチートじみてると思うんですが……」

「わっ、また靴が……た、助けてください」

愚痴を零しながら地面をズボズボ言わせて進む私達が居るのは柵の内側だ。こんなでも、ギルドホームの敷地内だと言うんだ。全く不便って言ってたらキリが無い。
いつか私達のギルドホームがダンジョンと化してるかも…………って思ったけど、吹雪、迷路、落とし穴に精神攻撃のもや、加えて突然現れる谷の様な大穴。特徴だけ並べると、既にダンジョンな気がしてならない。

そんなダンジョンスレスレのマイギルドホームの庭を抜けるのは、騒乱ノ会へと向かう為だ。今回の訪問はエンブレムの柄の由来を聞くことが目的だ。そんなの、メッセージ送って解決すればいいと思うかもしれないけど、やっぱり会って話したいからね。ここ最近会ってないし、良い機会だと思う。

「あー、埋まって……いや、大丈夫か」

最短の出口となる南側の抜け穴は入り口の所が下に深くなっていたせいで、入ること自体は出来た。

「気をつけてね。足掛けたりする所あるけど滑りやすいと思うから」

「うん、わかった」

そう言われて気をつけて降りる。所々危なかったけれど、何度も通った道だから殆ど問題無かった。
全員が降りたことを確認したら川辺の出口に向かう。さて、ギルドホームレベル上げてから南側行ってないからわからないけど、何処まで積もってるのかなぁ?
出口は絶対積もってるとして、川まで範囲内だったら嬉しい。だって態々迂回する必要も橋を架ける必要も無くなるもん、って思ったのだけれど。

「しかし、危なくないですかね。川の表面だけしか凍ってなくて、表面の氷を踏み抜いたりしたら大変ですよ。ゲームの中とはいえ溺れるのは怖いでしょうし」

と、ケイ君に指摘されてしまった。こればっかりは正論だし、危険さを抜いたとしてもいちいち落ちるのは良いことじゃない。
比較的浅い川とは言っても、こうすることでリアルでも気をつけることが出来るようになるとも思えたので、ここはケイ君に賛成して大人しくいつもの場所から渡ることにする。

「あっ、やっぱり埋まっちゃってますね出口」

何処から渡るかの話をしていたけれど、実際まだ抜け穴を抜けてすらいない。で、その出口が雪に埋れちゃっているのでここはシャード君に頼もう。
ギルドホームの建つ地面とは高低差があるせいで結構積もってると思うから、ケイ君のスキルじゃなくてシャード君の方が良い。

「……!」

「うん、宜しくね」

とりあえず右側に向かって掘ってもらう。範囲外に出てしまえばそれでいい。
最初、トンネルみたいになるかな、って思ってたけど天井落ちてきたら大変ってことで上も掘って崩してもらった。

幅は二人入る程度にはあって、高さは背丈以上ある雪の壁の間を通り、ようやく抜けることに成功した。シャード君、なんかもう戦闘よりこういうことで使うことの方が多い様な気がしてきた。

シャード君を引っ込めた後は、例の如くカーブで渡り東へ向かう。その途中、南側の範囲を確認したけど川より南に少しの所までで、森にギリギリ差し掛かるか否かくらいだった。

道中はいつも通り何も起きず、弱い敵モンスターが私達を見て逃げるくらいだった。疲れてる時とかにキツいの来るならこういう時に回してほしいのになぁ。

「んー、と。あ、旗見えてきたね」

飽きるくらい変わらない緑に突如として現れる赤背景のフラッグ。相変わらずわかりやすい。

「やっぱり背景にせよ、色って大事ですよね。印象がそれで決まったりしますから」

「それなら、ユズのアイデアでいいんじゃない?」

「私? 暖色系ってこと?」

「そうそう…………あ、見張りの人だ」

「お前ら、何処の連中だ!」

こっちが哨戒中の団員の人を視認すると同時にあっちもこちらに気づいた様で、声を荒らげて寄ってくる。割とピリピリしてるし、また最近何かあったのかな。

「あー、ブラストさん達に用があって……」

「団長にか? お前らいったい……ちょっと待て」

私がブラストさんの名前を挙げると、より警戒を強めてきた。なんか状況がデジャヴだし、あの時みたいに、連絡済みなのに予定は無いって言われたらどうしよう?
でもそれは要らぬ心配だったらしく、私達の前でウィンドウを開いて暫くすると確認が取れたとのことで、声の調子も穏やかになった。

「失礼した。魔女の噂は聞いていたが、こんな女の子だったとは」

「ああ、いえ。大丈夫ですよ」

私達、割と騒乱ノ会と交流があるつもりだけど、直接交流があるのはブラストさん達上層部のそのまた一握り。対して所属プレイヤーは三桁台だ。例外はあるけど、実際会ったことの無い人は多く、私のことをちゃんと知る人は少ない。それに加えて変な噂がひとり歩きしてるせいで、更にイメージのかけ離れが加速する。

そうしてその見張りの人に連れられて騒乱ノ会ギルドホームへと向かい、門番の人に挨拶をして庭の魔法陣に乗る。ここは相変わらずだ。

「お、来たか」

眩い光が完全に掻き消えた後、聞き覚えのある声が聞こえた。その声の主がブラストさんだとわかり、客間には他にクアイさんが既に座っていた。

「うっ」

「なんだ……ケイ……その目は」 

意外な組み合わせだと思ったけど、これでもまだクアイさんとは二度目だ。よくあるのかもしれない。
で、そのクアイさんは早速ケイ君で遊んでる。格好としては私と似た雰囲気のローブで、いつも被ってるフードの奥から不敵な笑みを浮かべてケイ君を見ている。

「ふふ……私に会いに来たんだろう……嬉しいぞ……」

「えぇ? まあ、会いに来たと問われれば……間違いではないですが」

「なら、私の為だけに……ここまで来たと……素直に言えば……良い……」

「え、えぇ? そんな言い方で? ……く、クアイさんのた、為……だけに、ここまで! えーっと……」

ケイ君困ってる困ってる……! クアイさんも好きだなぁ。
そして、こんなやりとりをしてるんだから決まって仲裁が入る。

「ほらほら、やり過ぎだぞ、クアイ」

「そう……? ケイはまだ行けますよ」

「なんで勝手に……」

訴えるケイ君を置いてブラストさんは、そうじゃないと応える。

「後ろだ」

「後ろ? ……ああ」

ブラストさんの促しで皆振り返る。皆と言っても一人を除いているけど。
まあ、そこには納得の理由があったよ。

「…………」

「リンちゃん! 顔! 顔怖いよ!?」

「ふぇっ!? わ、私、今まで何を……!」

どうやらボーっとしてたらしい。何を以てボーっとし始めたのか、何を考えてたのかはこの際考えないことにする。
それにしてもかなり怖かった。不機嫌っぽい時ならいつも、『むぅ』って感じなのに、今回はそれすら無かった。

「そういうことだ。これ以上は止めておけ。この感覚は…………アイツと居るとよくあることだからな。ケイ、気をつけろよ」

「え? あ、はい」

「納得した。この辺で……止めにする……」

アイツって誰を言っているのか、想像に難くない。多分皆同じ人を考えてる。

「さて……んじゃ、気を取り直して。今日はウチのギルドのエンブレムについて、だっけ」

「はい! 宜しくお願いします!」

「お、おう……」

私が意気込んで返事をすると、少し困った様な顔になってしまった。

「団長……そこまで深く……考えてない……」

「おまっ、そんなこと言うもんじゃ……!」

「そうなんですか?」

「うぐっ」

リンちゃんからのトドメを刺されたブラストさんは一瞬唸り、押し黙った。

「……ああ、そうだ」

長い静寂の後、それを破ったのはブラストさん本人となった。

「ふふふ……団長……期待背負って……このザマ……」

「煩いな。ま、アレだ。ウチも最初っからこんな大ギルドだった訳じゃないから、強く見えるようにそれっぽく、な」

「それであんな……背景を赤にキメラみたいな動物を描いたって訳ですか」

「クアイも含む十数人の初期メンバーの内、絵の上手い奴が居てな。そいつに任せたらあんな国旗っぽくなったんだ」

「詳しくは……『騒乱ノ会の興亡』……って本があるから……それで……」

「あ? そんなのあったっけか。それから言っとくが、まだ亡びてないからな」

俺のギルドを過去の物にするな、とブラストさんは言う。

「ふふ、冗談……騒乱ノ会は……永遠……」

「あ、本自体はあるのね……」

そんな感じで今回の訪問は終わった。
短かったけど、あっちは忙しいだろうしこれくらいが丁度良いでしょ。

「すまんな。シェーカもサラも、今は遠出しちまっててな」

「そういえばまた哨戒の人が警戒心剥き出しにしてましたけど、何かありました?」

「……いや、特に何も無い。いつもの小競り合いがちょっと大きくなっただけだ」

やっぱり踏み込んで欲しくないらしい。この前は結果として巻き込まれる形で協力出来たけど、あの時も巻き込みたくないって言ってたし、ギルド同士の関係として個人的な感情で踏み込むべきじゃないのかな。勝手に介入して不利な方向に進まないとは限らないし。

とりあえずここは引いて、別れを告げる。
外まではクアイさんが見送りに来てくれた。

「ケイ達は……次……何処に行く?」

「あー、えっと……何でしたっけ」

「そういえば! あれだけ交流があるのにギルドの名前知らないや」

「あの人がカナカって名前だってことも前回知ったんだもんね」

更に私達は、あの時フレンドになることもしなかったからそこから調べることも出来ない。そしてフレンドじゃないので連絡が出来ないことも今気づいた。一応カナカさんとラギさんについてクアイさんに聞いてみたけど、

「すまないな……私も……知らない……」

って感じでやはり頼りになるのは私達の記憶。
だいたい何処ら辺にギルドホームがあったか、それを引き出す。西の方って言うのは覚えてるけど森は広いから、谷の所の分かれ道から辿る必要があるだろう。なんかもう、ほぼ感覚頼りになりそう。

さて、聞くことも聞いたし、立ち話続けるのも悪いからそろそろお暇しようかね。

「突然のお願いでしたが、今回はありがとうございました」

「構わない……どんどん聞きに来てくれた方が……団長も喜ぶから……」

「シェーカさんとサラさんにも宜しくとだけ」

「ん……わかった」

そうしてクアイさんにもさよならして、一旦お昼を食べにログアウトしてからカナカさんとラギさんの所属するギルドのギルドホームへ直接向かうことにした。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く