極寒の地で拠点作り

無意識天人

第二回イベント その七


「死ね……ッ」

「うわわっ!」

「ちょこまかと……!」

さて、遂に始まってしまったブラストさん達との対戦だけど、やっぱり数の利もあってか押され気味だ。
最初に暗転したは良いものの、闇からハープが突然突っ込んでいくいつもの戦闘スタイルは受け止められて意味を成さなかった上に、ドーム全体に攻撃を加えられたので退避せざるを得なくなり、その後何度か暗転するもした瞬間に中心にいる私の所まで攻撃しに来るので結局、基本暗転無しで戦うことになった。
因みにハープの奇襲が防がれてしまったのは、距離を取られていたのもあるけど、シェーカさん達によれば、

『まあ、ソレに情熱を燃やす、困った人がいつも近くにいるからかしらねぇ……?』

だそうだ。共感の嵐がとある二人を除いて吹き荒れる。ああ、うん、何故か凄い納得出来るよ。その二人はキョトンとしてたけど。

話は戻るけど、私は大槌使いのクアイさんと、変わらず副武器で短剣使いのシェーカさんを相手に、ハープは同じく短剣使いのサラさんとシェーカさんを相手に、ケイ君は防御に回れるので全員が相手となる。ブラストさんは両手の大剣使いであるが故に一振り一振りが大きいので基本三人の後ろで見守る形で、時折シェーカさん達三人が退避すると私達全員に攻撃してくる。
なので、実質全員が全員と戦っている様な物だ。今だって、クアイさんはすばしっこく避けるハープを追って攻撃している。

「この痴女が……」

「え、ち、痴女!?」

ハープは突然そんなことを言われて、自分の格好を再確認する。見るからに年下の女の子にそんなこと言われると思ってもみなかった様で明らかに狼狽している。

「このクソ寒い中……そんな胸元やらヘソやら晒してる女の何処が痴女でないと言うの……」

心做しか少し饒舌になったかな、と感じるその口から突き刺さる言葉を放たれて赤くなるハープ。

「そ、そんな……露出度、だいたい35%くらいだし! 痴女なんかじゃないよ!」

「……ハープ、そこなの?」

何とも微妙な数値に微妙な反論をするので、私はこれまた微妙な視線を向けてあげた。

「露出度とか……関係無く、痴女……」

気になる判定は、そもそも格好の時点でアウトとされた。大丈夫だよ、ハープが痴女でも私達は何時までも親友だからね!

「やめて! 私、痴女じゃないから! そんな目で見ないで! 微笑んでこないで!」

おっと、いけない。いつの間にか、目だけじゃなくて顔にも出ていたみたいだ。反省反省、っと。

「仕方無い……次……」

「うぅ…………ッ!? ケイ!」

突如、唸っていたハープが立ち上がった。そう思ったら、ケイ君に向かって叫んでいた。

「下種野郎……」

原因はクアイさん。見れば、ハンマーを持ってケイ君へ毒を吐きながら走り始めていた。

「おっと、行かせないよ」

助けに行こうとするハープを今度はサラさんが相手する。

「退いて!」

「退かないって言ってるじゃない、ハープちゃん?」

「気をつけろよ、サラ! ハープちゃんは弱点突きが上手いからな。まあ、奇襲じゃなく真っ向からの攻撃だからお前なら大丈夫だろうがそれでも強敵だ。何せ、俺が認めたんだからな」

「はい! わかりました、先輩!」

やっぱりブラストさんはちゃんと見ている。
ハープは何処で磨いたのか知らないけど、知っての通り弱点を突くのが上手だ。その精度は奇襲時なら基本一撃、多くともだいたい二、三撃程、確かな物だ。しかし、チートとも思われそうなアレに気づかれていなさそうなのは幸いだった。

そして、ハープがサラさんと睨み合っている間にもケイ君とクアイさんの距離は縮まっていく。

「『壁』!」

「死に晒せ……」

見た目も幼い女の子が透き通った声でこんな汚い言葉を放つのは何とも嫌なものだけど、そんなこと言ってる暇は無い。こうしてる間にもせり上がったケイ君お得意のソレを破壊せんばかりにハンマーを振りかぶり跳び上がってくる。
その力が何処から沸いてくるのか、その外見からしてわからないけど、恐らく破ってくるだろう。

「『毒の雨』」

「はあっ!」

クアイさんが声を上げてハンマーを振り下ろすと予想通り、大きな音を立てて崩れ落ちる壁だったけど、それを見越していたケイ君は二、三歩後退してこれまたお得意の組み合わせ魔法を唱える。

「……!?」

すると、そのままの勢いで着地したクアイさんは、その紫色に濁った水溜りに足を滑らせて後ろ向きに思いっきり倒れて後頭部を強打する。そのせいか、動かないクアイさん。その機会を見逃す私では無い。

「あらぁ、ユズちゃん。まだ私は倒せてないわよ?」

そして当然の様に立ち塞がるシェーカさん。しかし私はそこの所はちゃんと対策しているつもりだ。

「そうですね。でも大丈夫です!」

「……何が大丈夫なのかは知らないけど、どのみち加勢に行かせはしないわよ」

私が少し巫山戯た調子でそう言うと、シェーカさんはいつもと違った雰囲気で、訝しむ様子を見せながら構えてくる。ちょっと怖い。

「ええ。ですから、元より私は行きませんよ?」

「それってどういう……」

「やっちゃって、シャード君!」

「……!!」

私が合図を出すと、ケイ君の影からひょっこりと全身を現したシャード君。今日はハープの所でなく、ケイ君の所にお邪魔させておいた。
影から出てきたシャード君は、合図通り倒れるクアイさんに襲いかかる。

「サラ! シェーカ! クアイを援護だ!」

「なっ! いつの間に……」

「助かります、ユズさん!」

「いいのいいの! ほら、ケイ君もばしばし攻撃しちゃって!」

「はい!」

ケイ君はケイ君で得意の水魔法で倒れているクアイさんを攻撃している。
なかなかに酷い光景だよね、これ。だって、倒れて動かない女の子を一人と一体が嬲ってるんだもの。まあ、相手が相手だけにそんなことで止めてあげる様な油断は出来ないんだけども。

「仕方無い……俺が行く! 二人共、近寄るなよ!」

「ごめんなさい、お願いするわ」

「おうよ。二人は足止めしといてくれ」

「こ、来ないでください! 攻撃すれば、この人も巻き添え食らいますよ?」

攻撃を止めて、クアイさんに近寄るケイ君とシャード君。ケイ君、流石にソレは、小さな女の子を人質に取ってその台詞は、ねぇ? それになんか、こう、死亡フラグっぽいし。

「うわぁ……私、今まで割と冗談っぽく思ってたし言ってたけど、まさかほんとにそんな奴だったなんて…………ごめん、ケイ。認識改めるよ」

悪党にありがちな言葉を吐いたケイ君は、その一言でハープをドン引きさせてしまった。
そんなケイ君は今、私に助けを求めている。
けれど、私も例に漏れずドン引きしているため、弁明してあげることは出来ない。という訳で無視する。

「そ、そんなぁ……」

「……っ! ケイ君、後ろ!」

クアイさんの指が一瞬動いた気がした。その後、私にもわかるくらいの強い殺気が放たれ、近くにいたケイ君は数歩後ろに飛び退く。すると、ゆらりとクアイさんが起き上がり、立ち上がる。勿論、手にはハンマーが握られている。

「やっぱり……お前は……下種野郎……」

「よう、クアイ。やっぱ起きてたか。一応、来たんだが大丈夫みたいだな」

「勿論……でも、少し意識飛んでたのは……事実……心配かけた……」

「俺なら問題無い。さ、攻撃再開と行こうぜ」

「了解……それじゃ、っ!」

すると、早速ケイ君に襲いかかった。

「……!!」

「シャードさん!」

が、すかさず二人の間に入り込んだシャード君がハンマーを抑える。
まだ木を運搬させる作業と切る作業くらいしかさせてなかったせいか、本来使うであろう戦闘面でのスペックを知れていなかった。だから今だって、打撃面を抑えて耐えている姿に割と驚いている。一応、私の魔法で出した眷属なんだけどね。
まあいいや、頑張ってるし応援してあげよう。

「おーい! シャー……あいたっ!」

頭にゴツンって来た。ゴツンって。

「ユズちゃーん? そろそろ余所見、止めましょうか」

見ると、笑顔なんだけど何処と無く怖さを感じさせる表情のシェーカさんがそこに立っていた。
私達は戦闘中。ついケイ君達のやり取りに気を取られていて、シェーカさんがそこにいることすら完全に忘れてた。

「す、すみません!」

「ふふ、いいのよ。それじゃ、始めましょう? ハープちゃんとサラの方も始めちゃったみたいだし」

間を取って睨み合ってるだけみたいだけど、双方共様子を窺っているのだろう。現にハープの目も何時に無く真剣な物になっていた。
一触即発の状態で、こちらにまで緊張した空気が伝わってくる…………時折聞こえてくる誰かさんの素っ頓狂な声が無ければ、よりシリアスな雰囲気になってただろうけど。

まあ、二人共頑張ってるみたいだし私も頑張んなきゃね!

「じゃあ、行きますよ! ……『暗転』!」

私は一番のお気に入りの、いつもの技を繰り出す。色々解析されてるとはいえ、これをするかしないかで大分変わってくる。何せ私は防御、素早さ共に貧弱という言葉が惜しい程には貧弱なのだから。

「っ、流石ね……」

「これがなきゃ、私即死ですので……ぐっ!」

唱えた直後、シェーカさんは私目掛けて突っ込み飛び込んできた。
ブラストさんの言う通り、展開中の私はドームの中心点にいる上に一瞬だけど無防備だ。その隙を狙われて、攻撃されそうになったんだけどすんでのところで受け止める。結果、何とかなった。
うーん、一対一で特に相手のAGI値が高い時は気をつけなきゃいけないかな。

一瞬の隙を短剣で切り込んできたシェーカさんは私からの反撃を避けるために素早く元いた所まで戻っていく。私も中心点から少し外れて様子を窺う。

さて、どうしたものか。暗転のドームはいいとして、急降下型アトラクションこと奈落の穴はハープやシェーカさんくらいの人には何故だか察知されて穴が開くと共に避けられてしまう。シャード君はケイ君の所に出払っちゃってるし……生気の強奪はリスクが大き過ぎるし今使うべきじゃない。
かといって闇から抜けて突っ込んでSTR値にものを言わせて殴りに行くのも暗転が無駄になる。
って、あれ? 何か一つ忘れてる様な……?

「ユズちゃんが来ないなら、私が行かせてもらうわよ?」

「えっ? あっ、はい!」

思い出せない物はしょうがないと割り切って何か行動を取ろうとしたら先を越されてしまった。それで何か慌てちゃったし。

そういえば気づいたんだけど、何気にブラストさんだけじゃなく、シェーカさんも光魔法のおまけ的な魔法群がユニークスキルってだけで何をしてくるかあんまり知らないんだよね。
分身とか…………あ、それから、見えない攻撃?盗賊団の首領倒した時の。
まあ、幻術使いと言われるくらいだから何にせよ気をつけないと。

何度も言うけど、このドームから出たら私終わりだからね。ここが私のフィールドだ! ……みたいな?
って、全然ふざけてる場合じゃないんだけど、仮に全部魔法が効かなくても私には文字通り『力』があるからね。何かシェーカさんのことだから効かなそうで不安になってくるけど……大丈夫だよね? うん、大丈夫!

そう自分に言い聞かせた所で、私の行く先不安な戦いが始まった訳だ。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く