極寒の地で拠点作り

無意識天人

第二回イベント その六


という訳で四人がいる場所のすぐ近くの通路まで進む。

「ユズちゃん達もよくこれだけの物を作ったわね」

「だよな! 見た感じ、凄い広さっぽそうだったしな!」

すると相変わらず元気そうなブラストさんの声が聞こえてきた。シェーカさんもしばらく会ってなかったけど、変わらない感じで良かった。

「団長、煩いです…………」

「ほらぁ、クアイも言ってるじゃないですか、先輩」

「仕方無いだろう、こうでなきゃやっていけないんだよ。それから、サラ、先輩って言うのやめろっていつも言ってるだろ?」

「仕方無いですよ、先輩は先輩なんですから」

「先輩っつっても、このゲームでの話だろ? それも一、二週間の差の」

「もー、そんな細かいこと気にしてると女性が離れてっちゃいますよ?」

「でも、サラ……今の団長……傍から見たらハーレム状態……」

「なっ!? 先輩、やめてくださいよ!」

「なんで俺なんだよ!」

「ブラスト? 貴方、後で……ふふ」

ここからは見えないけど、シェーカさんが怖いオーラを出しているのがよくわかる。

「うわぁ、先輩。ご愁傷様です」

「サラ。貴方もよ?」

「ええっ!? なんで私も?」

「サラ……正妻に逆らっちゃ駄目……」

「ハーレムとか言い出したのはクアイなのにぃ…………」

とか言って落ち込んだっぽい声を出すサラさん。
って、ちょっと待って。

「ね、ねぇ、ハープ、今のクアイさんの聞いた?」

私は衝撃の事実に少し狼狽えつつも小声で問う。

「え? 聞いたけど、正妻って所のこと?」

「うん。そうだけど…………知ってた?」

「うーん。まあ、それとなくは……でも驚いたことには驚いたよ?」

なんとハープは薄々感づいていた様だ。でもまさか、ブラストさんとシェーカさんはリアルなご夫婦だったなんて……それに、クアイさんの口振りからするに冗談って訳でもなさそうだし。
それにしても夫婦揃ってあれだけの強さって、改めてすごいことだと思う。

「……ユズさん、ハープさん。驚いてる所悪いですが、もうすぐ第一の罠です」

「えっ? わ、わかったよ……」

少し動揺してしまっているが、やることはやる。
第一の罠とは毎度お馴染み、落とし穴(冷水付き)だけど、今回は一応、いつもと違って防衛戦となるので少し手を加える。

「いいから……早く進もう……」

「あー、もう他人事みたいにぃ。いいよ、私先行っちゃうから!」

「そんなに急ぐと危ないぞー」

「大丈夫ですよ、先ぱ、ってうわぁっ!」

「サラが……消えた……」

「消えたわね」

油断してくれたサラさんは、こっそりケイ君が作動させていた落とし穴に落ちてくれて、他の三人に無様を晒している様だ。

「ほーら、言わんこっちゃない」

と、ブラストさんは笑いながら穴に向かおうとしている様な音がするけど、ここで私達はもう一押しする。

「ケイ君、お願いね」

「了解です」

ケイ君が少し顔を上げて、『壁』へ杖を掲げる。

「『壁』」

「……! 団長、天井が……」

「おおっ、と!」

クアイさんが声を上げてブラストさんは避けた様だ。出来るだけ早く、天井の『壁』から生やしてもらった『壁』はシャッターの様に下りてきて落とし穴にいるサラさんと三人を遮断したことだろう。

「遮断成功ですかね」

「そうっぽいね」

「それじゃ、次行きます。『壁』」

またしても、生える音が聞こえる。今度は地面を擦る音も聞こえてきた。

「えっ!? ちょっ、閉じ込め……」

迅速に進められた作業のお陰で、サラさんの叫びは聞こえなくなった。彼女の言いかけた通り、落とし穴に蓋をして閉じ込めるのが目的だった。

「おーい、サラー! どうしたー!」

壁を叩く音と落ちたサラさんに呼びかけるブラストさんの声が聞こえる。

「『分離』……それから、『戻れ』」

ケイ君がそう言うと、ガッ、ズズズ、という音がした。すると、

「サラ!」

というブラストさんの声が聞こえ、駆け寄る音がした。
私達も鬼では無いし、一応防衛戦とはいえ迷路は迷路であってほしいので攻略を完全に阻止する方法は取りたくなかったのだ。ブラストさん達からはちゃんと迷路の概念を壊さない上で防衛していきたいと思う。
…………閉じ込めるのは道を妨げることにならないか、と思うかもしれないけど、まあ、迷路自体の道は塞いでないし、罠の一環でもあるし、何より一定時間を過ぎれば解放してあげるつもりだし、そこは……ね?
等々、私が誰に向かってか弁明していると、不意に迷路内から落ち着いた感じのこんな声が聞こえてきた。

「団長……退いて……私がやる……」

「えっ?」

私が驚いているのも束の間、何か重い物が床というか地面に当たる様な音と衝撃が伝わってきた。

「もう一回……」

その声の主はクアイさんで、間髪入れずに彼女がそう言うと再び衝撃が伝わってくる。そう二、三回程度、それも割と早いペースでそれを繰り返していると、ピシッ、と何かに亀裂が入る様な音がする様になった。次第にその音は大きくなる。

「……っ! 『壁』が破壊されます!」

「えっ?」

「最後……」

ケイ君が叫び、クアイさんがそう呟いた所で割と大きな音が響き、崩れ落ちて水に落ちる音がした。

「わわっ、ちょっと、私、避けれ……危なっ!」

「破壊成功……」

「お疲れ様」

「流石だな、クアイ。相変わらず、お前のハンマーは凄いな」

「よっ、と。本当にね、その小柄な体の何処にそんな力が……まあ、ありがとね」

「ふふふ…………」

褒められて嬉しそうな声を出すクアイさん。

「まさか、あのフード被ったローブ姿の人がハンマー使いだったなんて……ハンマー持ってなかったじゃん…………」

事前に彼らの姿を遠目で見ていたケイ君だけは、何とも微妙な表情でそれを聞いていた。

「まあ、私でも間違えるよ。ローブ姿なら杖使いだと思うし……ほら、ケイ、落ち込まないで?」

「いやいや、落ち込んでませんよ!」

そんなケイ君を冗談っぽく慰めるハープとそれにつっこむケイ君。何気にこのコンビ、良い組み合わせだと思うんだよね。

「突破されちゃった物は仕方無いけど、冷水に浸からせることには意味はあるから、このまま行くよ?」

「うん。仮にこのまま、突破されても温泉が待ってるからね。あの性格悪い隠し扉が見つけられなきゃ大丈夫だよ」

「ちょっと、ハープさん。性格悪いって何ですか、アレもれっきとしたギミックです。まあ、女性が相手方に多ければ多い程バレる可能性は高くなりますが……」

ケイ君が弁明していると、

「さ、寒い……これ作った人、なかなかに性格悪いですよ……」

ケイ君の作った落とし穴に落されたサラさんが、考案者が壁越しにいるとも知らずに愚痴り始めた。

「ほらぁ、相手さんにも言われてるじゃん」

ケイ君はああ言うけど、私としてもやっぱりアレは性格悪いと思う。だって男の人は見つけられない以前にそこを探すことさえ許されないんだもの。

「む……」

味方側からも相手側からも罠や仕掛けが性格悪いと言われて、何か言いたげな目で私やハープ、壁越しのサラさんへと見やるけど、結局それ以上何も言わずに押し黙ってしまった。
とりあえず一旦、それは置いておくとして、罠に集中することにする。とは言っても、私、特にハープは何もせず、ケイ君が作動させるのを見守るだけなんだけど。

結局、その後、同じ様に落とし穴に嵌めたり、冷水に潜って進む所をより複雑に入り組ませたり、こっそり天井に穴を開けて毒を浴びせたりしたけど割と簡単に対応されてしまい、騒乱ノ会の凄さを見せつけられてしまった。まあ、単純に迷路としての機能は働いた様で結構迷ってくれて、そこは良かったと思う…………罠やってもやらなくても殆ど変わらなかったとかいうのは置いといて。

「あれー? あっ、やっと抜けましたよ、先ぱーいっ!」

「はしゃぎ過ぎ……」

「まあまあ。良かったじゃない、抜けられて」

「やっぱり、ユズちゃん達だったよなぁ」

「そうね。あの子達、かなり凄いことやってくれたわね……それにしても、あの罠とかって誰が考えたんでしょうね」

「そうだな。ユズちゃんもハープちゃんもリンちゃんも罠に精通してなさそうだしな」

「あ、そういえば結構前になるけれど新メンバー迎えたって言ってたわね」

「あー、じゃあ多分その子だな」

「凄く……性格悪そうな悪人面してそう……」

「あの子達からして根から悪い人間は入れないと思うけど…………っ、まさか、脅されて?」

「今の和みの館はソイツが握ってるって訳か」

「夜な夜な、ベッドの上で……嫌がる行為を強要してたり……」

「許せないわね…………」

「女の子三人を脅して物の様に扱ってる、ですって? 許せません! 先輩、私に倒させて下さい!」

温泉前広場にて、ゴールするなり騒乱ノ会ワールドを展開して、理不尽な言いがかりがケイ君を襲う! まあ、あちらも冗談でやってるのだろうけど。というか、割とシェーカさんがノリノリなのに驚きだよ。

「ふふっ、はは、あはは! ケイ、何か知らないけど色々言われて……っ、ははは!」

「知りませんよ! だいたい、なんで俺がハープさん達に、その……そんな行為をさせるって言うんですか!」

「いやっ! ケイ、駄目だって! そういうの、私達、そういう関係じゃ……」

「……マジでやめてください、怒りますよ?」

「いやー、ケイに襲われるー」

少し赤くなりながら顔に青筋を浮かべるケイ君とそれをからかうハープ。
こっちはこっちでまた別の世界を形成しているので、良い……のかな? うん、まあ、良いってことにしとこう。

「二人共、イチャイチャしてる所悪いけど、もうちょっと近く、温泉裏まで行くよ?」

「ちょっと、ユズさん! 俺達の何処がイチャついてる様に見えるんですか!」

「えー? 違ったぁ?」

「違いますよ!」

そんなケイ君が面白く感じたので私も少しちょっかいを出してみた。うん、良い反応だ。
そうして、温泉裏の隠し扉からの通路に着く頃にはブラストさん達は既に建物内に入っていて、あの女性陣にバレたりしないか結構ドキドキしていた。けれど、意外とそんなことも無くて、温泉を楽しんでくれている声が聞こえてきたので安心した。

「バレなさそうだね」

「流石、性格悪い罠師さんの力作だよねー」

「……もう、ツッコまないことにします。本当は性格悪い訳でも罠師でも力作でも何でもないんですが」

それもう結構ツッコんでない? とか言ったらケイ君がいじけちゃうからやめておく。

「んんっ、まあ、あれですよ。油断は禁物って奴です」

ケイ君は咳払いをして、そう忠告してくれた。

「そうだね。敵は思わぬ所から来るかもしれないよね」

「あー、もしかしたら、シェーカさん達じゃなくてブラストさんがそこの扉から…………」

ハープが、来るかもねー、と言おうとしたであろうその時、

「おおっ!?」

ドーン、という音が通路の奥、隠し扉のあった所から驚く声と共に聞こえてきた。ハープの言ったことが本当に起こるとは思ってもみなかった私達はかなり驚いていた。

「痛ぇ……でもまさか、本当にあるとはな」

その音の主はやはりブラストさんで、思いっきり開いたらしく地面にぶつかって痛がっていた。

「ん……おっ! ユズちゃん、ハープちゃん、久しぶりだな! それから、性格悪くて女の子三人を手玉に取ってる奴は……」

「そんなことしてませんって!」

「おっ! 君か! ……ああ、でも、この仕掛けといいさっきまでの罠達といい性格悪いのは事実だぞ?」

そんなことを言われてやっぱり何も言い返せなくなるケイ君はとうとういじけてしまう。

「いいですよ……俺はどうせ性格悪いんですよ……」

「まあまあ、ケイ君。で、ブラストさん、こちらの隠し扉、女湯ってわかってて見つけたんですよね」

「ああ、大丈夫だ。『ちゃんと許可は取ったからな』」

その時だった。

「死ね……」

頭上からフードを被ったローブ姿の少女が、大槌を振りかぶって落ちてきたのだった。

「……っ!」

私はそれを反射的に横に避ける。

「クソが……」

「来るよ、二人共!」

ハープが叫ぶと、シェーカさんとサラさんも下りてきた。

「避けられてるじゃん、クアイぃ」

「やっぱり、流石よねぇ」

「だな。見込んだ通りだ」

すると、女性陣全員が服を着て、更に武器もそれぞれ持った上で温泉の壁を飛び越えてきた。

「な、なんでっ!?」

「あら、ハープちゃん達には悪いけど隠し扉があることはわかってたのよ。だから安心して飛び越えさせてもらったわ」

「やっぱり敵いませんかぁ……」

「あっ、サラ、あの罠とか作ったのあの男の子だぞ」

「なっ! 何ですって!」

「ええっ!?」

突然矛先が自分に向けられて狼狽えるケイ君は、いつ襲いかかられてもいいように杖を構えている。うーん、そういえば皆さん全員、近接武器っぽい。なので、私はいきなり接近戦になってもいいように打撃武器として使える様に構え直す。

「あれ、そういえば、もう一人……リンちゃんの姿が見えないが……」

「え、あ……リンちゃんは、いません」

ブラストさんから放たれた言葉に少しだけ空気が暗くなった様に感じた。

「団長……」

「そ、そうか。まあ、なんだ……すまん」

空気を読んだクアイさんがブラストさんに呟きかけるとブラストさんは謝ってきた。

「いいんですよ。私達だって、リンちゃんが何故来なかったのかはわかりませんから」

「ただ、最後に来た日はちょっと、いや、かなり様子がおかしかったですけどね」

「そうか……まあ、協力出来ることはやってやるから何時でも相談してくれ」

「あ、ありがとうございます!」

「いいっていいって」

すると、ブラストさんは背負っている大きな両手剣を抜いた。

「んじゃ、仕切り直しと行きますか」

そんなブラストさんの目つきはガラリと変わった様に感じ、雰囲気も変わった様に感じた。

「っ、二人共、構えて!」

「……数はあちらの方が多いですね」

「なら、こっちから先に仕掛けてあげるものだよ。『暗転』」

私は最早、戦闘では定番となったソレを展開するとその場から少し離れる。

「ああ、先輩、これが噂に聞いていた暗転ですか!」

「そうだ。割と厄介だが、設置型の筈だ。それに使用者中心だろうから、展開されてもすぐに中心に向かって何かしら攻撃すれば問題無い。まあ、今は既に逃げているだろうがな」

くっ、読まれてる……特徴も色々知られていて驚いた。やっぱりブラストさんは凄い、戦闘だけじゃなく観察眼もしっかりしてる。油断は出来ない。

「やっぱり慣れませんね。目を閉じても開いても暗闇というのは…………」

そう言って外へと体を向けているケイ君はそう言って構えている。
ケイ君には、以前から少しずつ暗転の暗闇に慣れてもらう練習をしてもらっていた。それこそ、ハープのおかしいくらいの気配察知能力には届かなかったけど、それなりに暗転内なら気配がほんとに何となーくだけどわかってくれるようになって、方向感覚も掴める様になったみたい。

「よし、じゃあ二人共、頑張るよ!」

「おー!」

「やってやります!」

そんな感じで、ブラストさん達と初の戦いを交える覚悟を決めるのだった。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く