極寒の地で拠点作り

無意識天人

第二回イベント その四


「ね、ねぇ、貴方、ここの人なの?」

「そうですけど……何か?」

私は不思議そうに首を傾げる。
恐らく彼女は私達が作り上げた防衛設備に驚いているのだろう。無理も無い、地図上では小規模ギルドと表示されているのだから。それにしても、こういう反応をされると作った甲斐があるね。

「それでは、どうもありがとうございました!」

「おう! また頼ってくれよな!」

そうして私は迷路の入り口へと入っていく。少し進んだ所に専用通路が隠れているので、さっさと入って彼らが見える所まで戻る。

「お疲れー……っ」

そこで私達を見ていたハープが合流してきた。けど、私の顔を見た途端に吹き出しそうになってるし。

「もう、大変だったんだからね?」

「あー、うん。良かったよ、完璧だよ完璧……っ、あはは!」

棒読みで褒めてきて、とうとう耐えきれなくなったハープは外の彼らに聞こえそうになるくらいの声で笑い出した。

「ちょっと、ハープ!」

「ご、ごめん、ごめ……あはっ、抱きついて、上目遣いで、甘えた声で、『お兄ちゃん』、とか……っははは!」

思い出しただけで恥ずかしい演技を、ハープは丁寧に説明してくれて腹を抱えて笑っている。どうしよ、ほんとにやらせようかな…………私の都合とはいえ、それはそれ、これはこれだ。

「そんな何時までも笑ってないでさ。ほら、早くしないとどっか行っちゃうよ!」

彼らは元々、西の小規模ギルドに向かう予定だったので同じ小規模でも入ってきてくれるとは限らない。何とかして迷路に入ってもらわないといけない。

「あっ! すみません、遅くなりました……」

「全然大丈夫、まだいるから」

ケイ君が来たので準備完了だ。
という訳で私とケイ君はこっそりと見張り台の上に上って匍匐前進して、彼らの姿を確認する。どうやら、まだ迷っている様だった。

「……行くよ」

そこで私はケイ君に合図をして、伏したまま杖を構える。

「『闇の眷属』」

「……!」

「お願い、シャード君」

私はシャード君を呼び出して、下に降りるようにお願いすると床に溶け込んでそのまま落ちる。そして、見張り台の影を伝って無事気づかれずに彼らの背後に忍び寄ることに成功した。

「ケイ君、お願いね」

「ええ、わかりました」

そうして私は見張り台から手を出してシャード君に合図する。

「……?」

「どうした?」

「い、いえ、ただあそこに手が一瞬見えた様な気がしまして……」

「怖いこと言うなよ……」

女の人の方に手を一瞬だけ出したのを見られてしまったが、全く問題無い。シャード君は影から現れて実体化して団長さんの肩をちょんちょん、と触れる。

「誰だ……っ!?」

「どうしたんす…………って、敵!?」

「……みたいですね」

振り返ってシャード君の姿を確認した三人はシャード君の様子を窺ってそれぞれの武器を構えようとするけど、態勢は整えさせない。

「うっ!」

「団長! こいつ、いったいどこから……っ!」

突然現れて攻撃してきたシャード君に対応しきれずに、彼らは別方向に逃れることも忘れて入り口の方に後退してくれている。元から見張り台の影が届く程度の場所にいたので追い込むのも容易だった。
そうして、三人全員が入り口の内側に入り込んだことを確認すると私はシャード君に攻撃止めの合図をする。

「今だよ、ケイ君」

「わかりました、っと。『壁』」

ケイ君がいつものソレを唱えると、真下からズズズ、という重厚な音が少しの揺れと共に聞こえてきた。揺れが収まってから見張り台から身を乗り出して入り口を見下ろしてみると、入り口の所がピッタリと長方形の石の壁で埋まってしまっている。外側には誰もいないので、一先ず入らせることは成功したみたいだ。

「あー、なんとか成功したねぇ……」

「ほんとですね。壁はそんな早く生えませんから、乗り越えて逃げられてしまいますからね」

だけどほっとしている暇は無い。まだ始まったばかり、まだまだやることはある。

「成功した?」

「うん、ばっちりだよ。あ、そうそう、ハープは戻ってていいよ」

「わかった、気をつけてねー?」

そうしてハープと私達は別れる。というかハープ、万が一の付き添いだったけど終始笑ってただけじゃない?
まあそれは今、置いておく。

「で、ケイ君、あの人達今何処にいる?」

「はい。えっとですね……ここ、一つ目の丁字路の右側、つまり行き止まりですね。あ、引き返してますね」

そう、ウィンドウを広げてケイ君は言う。何故、フレンドでも無い他人の位置がわかるのかというと、第一回イベントの時に記念品と一緒に貰った三位以上への賞品の効果が、四点で囲んだ内側のプレイヤーの位置情報を専用の地図で確認出来るという代物で、幸いギリギリで限界範囲内に収めることが出来たのだった。
悪い所といえば、一人しかその専用の地図を所持出来ないというだけで他は特に何も無く、限りなく最高に近い恩恵を受けている。

「うーん、確かこの後すぐ罠あったよね?」

「ええ、落とし穴がありますね」

「……それって入ってる感じ? 可哀想に」

「まあ、そのための温泉ですし。それより、満足してお帰り頂けるように早く行きましょう?」

ケイ君の言う通りだ。という訳で、彼らの真横の専用通路まで来た。

「うう、どうしてこんな迷路が……団長、もうそこら辺の壁の木折って抜けましょうよ」

「やめてくれ、下手にそんなことやって天井が落ちてきたりしたらどうしてくれるんだ。それに、そうした所でどうする。遠くから見た感じかなりの規模だぞ」

「小規模ギルドっすよね…………小規模って何でしたっけ」

そんな声が壁越しに聞こえてくる。いやぁ、そんなこと言って下さるとこちらとしても有難いです。

「あー、もう、それにしても寒い。何ですか、この微妙な壁の隙間は! 風が入ってくるでしょうが!」

「そうっすよね、ほんとここら辺寒いっす」

「こんな所にギルドホーム建てるなんて、物好きもいるものだな」

物好き、ねぇ……私、そんな特殊な感性持ってないんだけどなぁ。
この際それは置いておくことにして、

「ケイ君、今だよ」

「了解しました。『作動』」

「なら早く抜けちゃいま……ってうわぁっ!」

「大丈夫か!?」

驚く声が聞こえた同時に何か大きな物が水に落ちた様な音がした。

「お、落とし穴です……」

「そりゃ見ればわかるが……中の液体は、毒か?」

「え? い、いえ、違うと思います。ただ……」

「ただ?」

「滅茶苦茶冷たいです! お願いします、団長! 早く上げてください!」

そう。落とし穴に入っている物というのは、水魔法Lv.3で覚える、熱湯/冷水の冷水の方だ。因みに、『作動』とケイ君は言ったけど、『穴掘り』を使って落とし穴を作っていたら任意スキルを手に入れたっぽかったんだけど、あくまで任意と言うのか、出来た落とし穴も落とすには『作動』と言わなければならないらしい。

「お、おう……よいしょ、っと」

「大丈夫っすか?」

「だ、大丈夫よ……それよりも、ささっ、寒い……」

冷水を思いっきり浴びた彼女は、柵作りの壁の隙間から吹く風も相まって、その震えた声を聞いただけでかなり寒いだろうことがわかる。
可哀想なことだ。まあ、私達のせいだけれど、これも温泉の為。それにまだ用意している罠は色々あるので頑張ってもらわないといけない。

そうして彼ら三人を様々な罠や仕掛けつつ、ある程度精神を削ってやった所でやっと迷路を抜ける直前の所まで来た。ここまでだいたい一時間は過ぎている。この間、勿論のこと新しい侵入者さんはいなかった。
とりあえず、ここでまた私の出番である。

「あー…………やっと、終わり?」

「そうらしいな」

「まだあったら大変っすよ。なんすか、あの冷水の中、泳いで進まなきゃいけない仕掛けは……落とし穴よりキツいっすよ」

「はは。まあ、何とか乗り切ったって訳……あれ、あれって」

「あっ、お兄ちゃん達じゃないですか! どうしたんです?」

「あ、え、えっとだな…………何か、襲われたんだよ、影みたいな敵にな」

団長さんは少し狼狽えた様子でそう答える。不可抗力とはいえ、迷子で助けてあげた、自分のことを『お兄ちゃん』と言ってくる少女のギルドに侵入したことになるんだから仕方無い。

「そうでしたか……それはお気の毒に。あっ、ということは私達の迷路を通り抜けたということですか?」

私はさも驚いた様な顔をして見せる。

「あ、ああ。そういうことになるな……ああ、別に謝らなくてもいい。実際に侵入したのはこちらだからな」

そして少し申し訳なさそうにしてみると、そんなことを言ってきた。罠や仕掛けも含めてこちらに悪意があってやったとも知らずにね?

「あっ、では、これと言っては何ですが、大したおもてなしも出来ませんしお礼として温泉に入って行って下さい!」

「温泉?」

ここぞとばかりに手を差し出して、後方の建物を差してやると、彼ら、特に女の人の表情が変わった。そういえば、一番用心してたのに一番落とし穴に落ちたのは彼女だったっけ。

「ねぇ、入りましょうよ!」

「うーん、でも何か怪しくないっすか?」

「何処がだ? あの子が俺達を騙す訳無いだろうが!」

「その理由は何処から……あの子の何が団長をそこまでにするんすか……」

「とにかく! 入って損は無いだろう?」

「はあ……わかったっすよ」

「決まりましたか? ではこちらへ」

そうして私は温泉の建物へと案内する。入ってすぐにカウンターで次に談話スペース兼休憩スペース、そして脱衣所で大浴場、岩風呂の露天風呂付きだ。私は受付のカウンターの所で色々やりとりをして温泉に入ってもらった。

その際、冗談っぽくその団長さんが一緒に入らないか、と誘われたけど、ここは生憎混浴で無ければ従業員が一緒に入る様なそういう店でも何でも無い。
ほんと、変わり具合が凄いものだから、口調が軽い感じの男の人が言う様に私の何がそうさせるのか、私にはわからなければ、理解するつもりも無い。

「ふう……とりあえずお客様、第一号だね」

「意外と上手く行きましたね」

「それでユズ、次もやるんだよね?」

私は怪しまれない様にそのまま施設内に留まっていると、ケイ君とハープが合流してきた。

「勿論だよ。でも出来るだけ多くとは言ったけど、やっぱりそんなに多くなくてもいいかな。だから、ペースはこのままでいいよ」

実際、彼ら三人だけで割と満足したので別にいいかな、と思ったからだ。

「そう? まあ、ユズがいいならいいんだ」

「俺も任せますよ」

「うん、ありがとね……あ、そろそろ上がって来るっぽい」

脱衣所の方から音がしたので、確認には行けないが念のためハープとケイ君にはまた何処かに隠れていてもらう。

「はー、いい湯だった。お、お前も丁度か」

「ええ、やっぱり冷えた体には良いわね」

「やっぱり入って損は無かったっす」

「だろう?」

「お気に召した様で何よりです」

「ああ、良かったよ」

「ふふ、ありがとうございます、お兄ちゃん」

満足した彼らは少し涼んで休憩した後、帰る頃になって出口、ギルドホームに繋がってない方に見送りに行った。

「おう、色々ありがとうな」

「いえ、して下さったことに比べればこの程度のことはどうってことはないですよ」

そうして私は営業スマイルで、出口である穴に下りていく彼らを見送る。これで私の目的は、今回分は達成した訳だ。さてと…………

「あとはよろしくね、ハープ」

「任せといて!」

うん。目的は達成したけど、後処理はまだ終わってないからね。仕方無い、だってPK数もカウントされるのだから。
温泉に毒を入れるのはあからさまだし、私が直接手にかけるのは演技していたとはいえ少し気が引けるので、仕事がゼロに等しかったハープにやってもらうことした。

私は彼らを少し気の毒に思いつつ、次はどうするかを考えながらPK数が+3されるのを確認するのであった。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く