極寒の地で拠点作り

無意識天人

防衛線作り その九


「やっと、見つけた……! ユズさん、ただいまです」

「おかえり、ケイ君。でもわざわざ報告なんてしなくてもいいのに。探すの大変でしょ?」

チャットで伝えてくれればいいよ、と言った所を、距離が近いのですから使うまでもありませんよ、と返してきた。確かに直線距離だったら早いだろうね。直線距離だったら。

「こんなだだっ広い迷路なんだから、大変でしょ?」

「まあ、位置情報もありますし」

「位置情報って言っても、この柵の内側の広さだと地図の縮尺が小さ過ぎるからアイコンが重なるんじゃない?」

「まあ、そこは…………勘です」

ケイ君ってこんな子だったっけ?
なんかこの短い期間に大分私達に毒された様な気がするし、最近は特にそう思うようになった。

「そういえば、リンはまだ来てないですね」

「普段なら事前に伝えてくれるから、多分急な用事が出来たんじゃないかな?」

「かもしれませんね…………っと、噂をすれば来たみたいですよ」

ケイ君はウィンドウを開いてリンちゃんのログインを確認した。

「うん。じゃあ一旦、リンちゃんのこと迎えに行こっか」

「そうですね。今日分の話し合いもしたいですし」

そうして私達のいつもの開始場所、ギルドホームへと向かう。リンちゃんのアイコンはギルドホーム内で止まっているので神様と話でもしてるんだろう。

「それにしても、迷路、いつの間にかこんなに大きくなりましたよね」

「ね。お陰ですぐそこのギルドホームに行くにも時間かかっちゃうよ」

勿論、私達専用の隠し通路はあるのだけれど、そこを通るための入り口は多く作ってる訳じゃないのでそれこそ迷うことは無いものの、こう面倒くさいことになる。因みに、転移の石を使えばいい、と言うかもしれないけどこれは屋根や天井があったりすると使えないので迷路内では無理だ。

そんな訳で、少し時間をかけつつもギルドホーム前に到着する。そして私は向かってる最中、ある箇所を通る度に思うことについて呟く。

「それにしてもケイ君も悪いことするなぁ」

「何がですか。まあ言いたいことはだいたいわかりますが、普通の迷路じゃ面白くないですよ」

「でもさぁ…………ゴールを女湯の隠し扉にするのは、流石に悪いこととしか言い様が無いと思うんだけど?」

ケイ君は確かに前に言っていた通り、ゴールを温泉付近に置いた。ただケイ君は、

「迷路の出口即ちゴール、じゃなくてもいいんじゃないですかね」

とか何とか言い出して、迷路の出口を温泉の横のあからさまな場所に、南側に出るように作り出した。
出口とはその名の通り迷路の外へ出る物なんだけど、ソレは迷路の外だけではなく柵の外にまで出てしまう。当然ながら、ギルドホームへ通じてはいない。
水流か、どういう仕組みかは知らないけど、一方通行になっているので戻ってこられる心配は無いらしい。なので、とりあえず温泉に入ってもらった後、隠し扉に気付かずにごく自然に出口へと入ってもらってそのままお帰り頂けるという訳だ。男性の方は特に。

「いいじゃないですか。罠とか作っておいて隠し扉なんて今更どうってことないですよ」

ケイ君が言う罠とは、迷路中に作られた落とし穴などの罠のことだ。

「まあ、いいけどさぁ。とりあえず入ろうよ」

「ええ、わかりました」

リンちゃんは相変わらずギルドホームから動かずにいる。そんなに会話弾んでるのかな。

「おーい、リンちゃーん!」

「ひ、ひゃいっ!?」

中に入ってリンちゃんを見かけた私が声をかけようとしたら、何か知らないけど過剰に驚かれた。

「リン、どうした? 神様と話でもしてたのか」

「……い、いえ」

「……?」

リンちゃんは誤魔化す様に否定した。

「神様、何かあったんですか?」

「む。いや、私も知らないぞ。お主らの所へ向かうと思ったら戻ってきて、そこらをウロウロしていた様だが……」

「リンちゃん。何かあったの?」

「あ、い、いえ、大丈夫です! ……すみません」

リンちゃんはそう言いながらぎこちない笑顔を浮かべている。今日のリンちゃんは何処かおかしい。

「そう? まあ、何かあったら何時でも相談してね」

「あ、はい……わかりました……」

とりあえず、そんな感じのリンちゃんと共に今日の予定を決めた。

「では、さっき俺が天井の上に作っておいた囲いの内側に毒を撒きます」

「天井伝っていきなりギルドホームの入り口まで来られない様にするんだよね。大変だったでしょ」

「まあ、単純作業でしたけどね」

「それでもありがとね。じゃ、早速行こっか」

毒は毒魔法Lv.1を使えばいい。ここにいる三人はそれが出来るので分担作業が出来る。毒を広げるのは即時解除の私と水上歩行のケイ君の役目だ。
道具はギルドホームにあったブラシでやる。

「おっとっと……んしょ、っと」

「じゃあ次、リン、そこに立って」

「はい……」

「そこでいいよ。じゃ、『壁』」

ケイ君は私とリンちゃんを『壁』で押し上げてエレベータの様にする。その後、自分を乗せて天井の上まで来た。文字通り壁にも出来れば天井にも出来てエレベータみたいに移動にも使えるんだから、やっぱり『壁』って万能だ。

「よし、と。それじゃあ、巻き始めますか」

「最近の任意スキルと違ってMP使うから、MP足りなくなったら私に言ってね」

「わかりました……ほら、リンも」

「は、わ……わかりました……」

「まあ、使い過ぎるとハープに怒られちゃうから出来るだけ広げる感じで行くからね。んじゃあ、早速私から……『毒』」

そんな感じで毒撒きが始まった。
私とケイ君は積極的に囲いの内側に降りて、唱えてはブラシで広げ、を繰り返す。リンちゃんはそういったスキルが無いので通路から広げてもらう。

「あ、ユズさん。ちょっと提案いいですか?」

「いいよ。どうしたの?」

シャッシャッ、とベトベトヌルヌルした紫の液体を引き伸ばしているとケイ君が話しかけてきた。

「俺が前に使ってた、『毒の雨』って覚えてますか?」

「ん……あー、えっと、『毒』と『水』のコンボ技だっけ」

「そうです。それで、この前それを使ってて思ったのですが、『毒の雨』の時の毒って普通の『毒』よりもよく滑るんですよね」

「つまり、ハープとかそういうAGI重視の人への対策をしたい、ってこと?」

そういうことです、とケイ君は大きく頷く。
確かにAGI値の高い人には毒にやられる前に天井上を抜けられて毒を回復されることもある筈だ。
それに対して、足下が滑りやすくなっていればそのまま転んでタイムロスし、毒の効果をしっかり受けてくれるだろうとケイ君は踏んだのだ。

「多少消費MPは増えますが、毒の効果は薄まらない上に作業効率の向上も図れると思ったのでいいかな、と」

「うん、いいと思うよ。それで行こう」

もし、ポーションを使いきってもちゃんと説明すれば大丈夫だろう。わかってくれるだろう……きっと。大丈夫大丈夫、怒られたらその時はその時だ。

「リンちゃんもそれでいいよね?」

「……や……ことは……っ」

「……リンちゃん?」

リンちゃんはすぐそこで話を聞いていたと思ったら、何か怯えた様な目で少し俯いてうわ言の様に呟いていた。

「……め……ません……」

「おい、リン!」

「ひゃっ!? ……あ、ああ、あ、すみません……」

「リンちゃん、なんかおかしいよ? 今日はもうログアウトした方が……「嫌です!!」」

「えっ?」

私が休むように言うと、明らかに様子が豹変して大きな声で思いっきり拒否された。それでも、その時の目に先程よりも強い怯えが現れていたのを私は見逃さなかった。

「あっ、いえ、何でもないです……すみません」

そう言って、転移の石で戻っていってしまった。
その様子を私達はただ訝しげに見つつ、心配していた。

結局リンちゃんは、ギルドホームからこの日の作業終了まで出てこなかった。

「えっ? リンちゃんの様子がおかしい?」

「そうなんだよ」

一応、ハープにはまだ木を切ってもらっており、作業終了を伝えて合流した私達は今日のリンちゃんの様子についてハープに伝えていた。

「でも、おどおどしてるのはいつも通りじゃない?」

「それが、何かよくわからないんだけど何かに怯えた感じでね」

「距離を感じるというか、よそよそしいというか……そんな感じですかね」

「うーん。とりあえず、本人の様子を見るよ」

そうしてギルドホームの中に入る。
リンちゃんは別に神様と話してる訳でもなく、部屋の隅に虚ろな目をして座り込んでいた。

「リーンちゃんっ!」

「ひゃっ、ひゃい! あっ、ハープさん……」

「二人から聞いたよ? どうしたの?」

「あ、いえ、ご迷惑をおかけしてすみませんでした……私は大丈夫ですので、どうぞ。いつも通り今日のまとめを始めてください」

これは駄目だ。昼間と全く変わっていない。
それに対してハープは優しい声で話し始めた。

「……リンちゃん、何か悩みがあったりする?」

すると、リンちゃんは少しハッ、とした様な顔をした。でもまた元の感じに戻ってしまった。

「……いえ、本当に大丈夫ですので」

「本当? 何かあったら、何時でも相談してよ? 私達は仲間なんだから」

そう言うと、今と同じ動作をして俯いてしまった。
とりあえず、言う通り今日分のまとめをする。
私とケイ君は、今日は毒撒きを半分程度終えた。ハープは変わらず木を切っていた。もう、天井上から見る限り、大分山肌が露出している。どうせ、こんな辺境に他にギルドホーム置く人なんていないだろうから存分に使わせてもらうけど。

「よし、じゃあ今日はこの辺で!」

「おつかれー」

「お疲れ様でした」

「…………」

そんな中でリンちゃんは淡々とウィンドウを開き、ログアウトしようとする。そこにハープが声をかける。

「リンちゃん。明日は演技のリハーサルやるからね」

一瞬、リンちゃんの体がビクッ、と震える。

「……はい、ありがとうございます」

そうして、リンちゃんはログアウトボタンを押す。光に包まれて消えるその瞬間、リンちゃんが、

「……すみません、皆さん」

と、言った様な気がした。
気のせいかもしれなかったけど、二人からは角度的に見えなかっただろうから、確認のしようもなかった。



翌日、私達は残りの毒撒きを終わらせた。
しかしリンちゃんは来なかった。
その次の日も同様に、その次の日もそのまた次の日も、そんな感じで現れず…………そしてリンちゃんが来ないまま、私達はイベント当日を迎えた。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く