極寒の地で拠点作り

無意識天人

防衛線作り その二


「……この辺でいいかな?」

「はぁ、やっと着いたぁ」

「それにしても……高いですね」

ケイ君に堀の方を任せて私達三人がやってきたのは、神様が言ってた質の良い木が生えている山に来ていた。

「んじゃ、早速切り始めますか!」

ハープは右手側の闇ノ短剣を抜き、一番近くの木に近寄って根本の方に添える。私とリンちゃんは念のため、少し離れた所でその様子を見る。

「頑張ってね」

「お願いします!」

「はいよー」

そしてハープは、ノコギリの様に前後にダガーを動かして切り進めようとする。

「ねえ、二人共! 凄いよ、これ!」

「なになに? どうしたの、ハープ」

どうやら、ダガーの切れ味についてらしい。
少し近づいて見てみると、ハープが驚く理由がよくわかった。
既に刃は木の幅の三分の一ぐらいまで切り進んであって、その進み具合はもうダガーのソレでは無い様に感じる。神様が自信を持つのも納得出来る。
ハープがダガーを動かすと忽ち刃が食い込み、木屑を撒き散らしながら遂に反対側まで通りきってしまった。

「おーい、切り終わったよー!」

「おおー!」

ここまで多分一分半もかからなかったんじゃないかな。それでハープは切りきった木に両手を着いて、

「じゃあ、倒すよ!」

「うん。何時でもいいよー」

思いっきり押す。
すると木は、根本からズレて他の木に枝をぶつけながら斜面にドサッ、と倒れた。

「ふう……まずは記念すべき一本目、っと」

「記念すべき……ね」

「そ、『記念すべき』。だってここら一帯、多分何も無くなるもの。色んな意味で記念だよ」

山の広場作りの第一歩ね、とか言っちゃうし。間接的に絶対そうなっちゃうのは確かに拭えないけどさぁ。

「ハープさん…………何気に凄いこと言ってますよね?」

「まあ、本当のことになるだろうし」

「とりあえず二本目行っちゃうね」

ハープはハープで早く切りたいみたい。
それなら、ジャンジャン切らせてあげよう。私とリンちゃんがどれだけ運べるかは別として……
因みに一番最初は柵作りである。
ケイ君が作る堀、そしてその予定地に沿って作るんだけど高さはだいたい二メートル程度にする予定だ。
それで、運ぶ役割は何度か言ってる通り私とリンちゃんの二人だけ。場合に応じてハープも入ってくれるけど、それでも三人だ。

「ねえ、リンちゃん」

「はい、なんでしょう」

「あの木、ちょっと持ってみて」

「ええっ? も、持てるでしょうか……」

リンちゃんは私に言われてさっき切られたばかりの原木を持ち上げようとする……が、当然ながらそれが地面から離れることは無い。
というかほんとにリンちゃん可愛いよね。頑張って持ち上げようとするリンちゃん可愛い。

「うぅ…………む、無理です、ユズさん」

「うーん、やっぱり?」

私も持ち上げようとしてみるけど、私でも思いっきりやらなきゃ上がらないレベルだ。これは予め二メートルに分割して運ぶべきじゃないかな、って思うんだよね。

「おーい、ハープ!」

「んー? どうしたの、ユズー!」

「って、いつの間にもうそんなに切ったの?」

「まあね」

私が色々考えている内に、既にハープは六本程切り倒していた。多分、こんなに原木作られても運ぶペースが追いつかない。

「ハープに重ねてお願いなんだけどさ」

「うん、いいよ」

「だいたい二メートルくらいで作った原木を切ってくれない?」

「つまり、もうそのまま地面に刺して柵に使えるようにしておくってこと?」

「そういうこと!」

数が数なので、ハープの言った通り加工などはせずに原木を二メートル程に切ったらそのまま地面に刺して柵作りに使用するつもりだ。

「よっ……はい、出来たよー」

「ありがとね」

ハープはこの短時間で更に手際が良くなったのか、ただ単に横だから切りやすいのか、さっきよりも明らかに早く一回を切り終え、二メートルずつに切り分けた。

「リンちゃん、ちょっと来て」

私は待っていたリンちゃんを呼ぶ。

「はい、今度はなんでしょうか」

「これ、二人で担ぐよ」

「二本……ですか?」

「うん。でも今度は短くなったし、二人がかりで左と右に担いでいく形になるからさっきより楽だと思うよ」

という訳で私とリンちゃんは、ハープに手伝ってもらいながら肩の上…………『オン』じゃなくて『アバブ』ね。で、そこへ持ち上げる。

「大丈夫? リンちゃん」

「だ、大丈夫です。さっきよりは大分楽になりました」

「無理しないでよ、二人共」

「うん、わかったよ……じゃあ、ハープも切ったらだいたい二メートルずつに切り分けといてね」

「りょーかい」

「じゃあ行ってきます」

「行ってきます!」

そうして私達は出発した。
今、木を切っているのは山に入ってすぐの斜面だから今でこそ楽と言えるだろう。でも、幾ら沢山木が山の至る所にあるとしても、何時かはもっと奥に入らなければならない。そうなれば、降りることも頭に入れて運ぶことになる。まあ、転がせばいいんだけどね。
とりあえず今は運ぶことに集中しよう。今は今、後は後、それが私だった筈だ。後のことを考えるのは私の性にあわない。

山から離れればいつも通りの荒野が広がる。そうなれば、あとは丘と丘の間の低い所を通っていけば良い。因みに行きは十分程だったので十五分か二十分あれば着くだろう。
それにしても、荒野の風がほんとに邪魔だ。その寒さに慣れはしても、悴んだりするのはどうしようもない。また、その強い風は私達や原木を煽ってくるので時折落としそうになったり倒れそうになる。足場が悪いのは元からなので下からは問題無い。

「リンちゃん、大丈夫? 休憩しようか?」

「だい、じょーぶ、です。はい……」

と、言いつつも割と息切れしてるリンちゃん。
仕方無いよね。リンちゃんまだ小学生っぽいし。こんな肉体労働させてる方が悪い。明らかに年相応の仕事じゃない。とは言っても私一人じゃ運べないし、運べたとしても今でさえ悪い効率が更に悪くなるだろうから仕方無い。
だから何としてもリンちゃんを励まさなきゃいけないのだけど。

「あー、ほら、リンちゃん。やっとギルドホームが見えてきたよ」

「あぁ……やっと、やっと…………!」

やばい、リンちゃんがゴールしそう。勿論、悪い意味で。
そうして私達はやっとの思いでケイ君の所へと辿り着いた。

「あ、ユズさん、リン。おかえりなさい。どうしでしたか?」

「……うん、ね。色々ヤバい」

「で、です……ね」

これだけ頑張って、まだ全体のほんのちょっとぐらいって現実が私にとって結構重くのしかかってくるのだから、リンちゃんにとっては絶望以外の何物でも無いと思う。何かしらのスキルを取るまでの辛抱なんだろうけど、神様はなかなかにブラックなことをさせてくる。

「……それで、ケイ君の方はどう?」

「えっとですね。まだ始めたばかりなので何とも言えませんが、正直言って間欠泉だけでは微妙ですね」

「そっかぁ……」

「まあ、工夫次第って所でしょうか」

「工夫ねぇ……」

こっちは『運ぶ』っていう簡単にも残酷にも聞こえる単純作業だから工夫のしようがね……でもほんとにどうしようか。スキルがあるとも限らないんだよね。
因みに組み立てるのはある程度貯まってきた、と思ったら建てることにしているので今はとりあえず運んできた二メートルの原木は放置だ。

「まあ、お互い頑張ろうね」

「そうですね」

「じゃあ、また行ってくるよ。ほら、リンちゃん」

「ふぇ……またですかぁ?」

顔を上げたリンちゃんの目が一瞬凄い死んでた。

「ごめん! あとちょっと……は無理矢理過ぎかな」

「ほら、リン。ユズさんだって大変なんだから……すみません。本当はこういうこと、男の俺がやることなんですが…………」

「ケイ君はケイ君にしか出来ないことをやってるんだから。気にしなくていいんだよ」

「そう言って頂けると嬉しいです」

「うん。こちらこそありがとうね。じゃあ、今度こそ」

「はい。お互い頑張りましょう」

という訳で私とリンちゃんは再び、ハープの下へと歩く。山に向かう途中、何故か振り返って見えるギルドホームが少し恋しく感じた。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く