極寒の地で拠点作り

無意識天人

特殊イベント


「ケイ、お願い!」

「わかりましたよ、っと!」

私達は、最初にケイ君と会った場所で今までやってみたかったことをレベル上げついでに、やることにした。という訳で何処にでもいるファットキャタピラーを相手にする。
今、ケイ君はハープに頼まれて、あの水魔法Lv.1と毒魔法Lv.1の組み合わせ技を繰り出す。

「弾けろ、『毒の雨』!」

【ファットキャタピラーAは毒に侵された!】
【ファットキャタピラーBは毒に侵された!】

その、毒の雨とやらは前イベントで浴びたポイズンシャワーにそっくりだけど、ポイズンシャワーの方が量は多いし、範囲も広い。何より手間がかからない。
まあ、このコンボ技自体、ロマンに限りなく近いと思うのでそういう所は置いておく。
それで、ファットキャタピラーの前にいたハープも毒魔法の影響を受けない筈が無く、

【ハープは毒に侵された!】

「うぇぇ……なんかちょっと気持ち悪い……」

こんな調子で、吐き気を催してる様だ。
へぇ、この世界では毒を受けると吐き気がする様になるのね。でも、私は即時解除されてしまうので永遠にそれを体験することは無いと思う。
それで、次の流れは何だっけ?

「あ、リンちゃん! ハープの毒を解除してあげて!」

「そ、そうでした! 『ポイズンヒール』!」

【ハープの毒状態を解除した!】

「うぇ…………あ、楽になった! ありがとね、リンちゃん」

「は、はい!」

因みにこの『ポイズンヒール』、ポイズンと書いてあるけど、HP減ってく系なら何でも治せるらしい。まあ、普段は毒しか減ってく系は見ないから文字通りになることが多いんだけどね。
そうして、毒が抜けたハープはさっさと毒で弱ったファットキャタピラーを倒してしまう。

「よっ、ほいっ」

「キィッ!」「キッ!」

【ハープはファットキャタピラーAとファットキャタピラーBを倒した!】

「やったね!」

「やりましたね!」

「連携、成功ですかね?」

あ、そうそう、やりたかったことっていうのは連携プレイね? 人数も増えたからやってみるに越したことは無いし、そもそも連携プレイに憧れを持っていたっていうのが大きい。
今やったのは、ハープが相手を足止めしてる間にケイ君がハープ諸共相手を毒状態にして、そこにリンちゃんがハープに毒解除の魔法をかけてあげて、ハープが毒で弱った相手を攻撃……という流れの連携技だった。ハープだけで倒せる敵にそこまでするのは非効率的だ、と言われたらそこまでだけど、私達は何よりも楽しめればそれでいいからこれでいい。

…………私? 私は足遅いから足止め出来ないし、魔法といえば主に精神攻撃したり身を守る系しかないから、役回りは支援を行うケイ君とリンちゃんの護衛のみ。ハープの所をすり抜けて、近寄ってくる敵をばったばったと殴り倒す。
私の武器は魔法だけじゃない、魔法を行使する杖自身もまた武器なのだ。

そんな感じで、この連携技其の一を繰り返しているとハープが嬉々としてこちらに走ってくるのが見えた。
……でも、なんかデジャヴを感じるんだよね。

「皆、見て見て!」

「どうしたの、ハープ……あ、まさか?」

「うん、多分そのまさか」

ハープは、『毒耐性(小)』なるスキルを手に入れてた。あれだけ浴びてるんだから当然と言えば当然なんだけど……何より、またハープの所にスキルが行ったのがね。
思えば、私は混沌の克服を除くとスキルはラビットハンター以来何も手に入れていないことになるので、いい加減何か欲しい。
それをハープ達に相談した所、ケイ君が、

「それなら、スキルショップに行きませんか?」

なんて言ってきた。
スキルショップ? 聞いたことの無い店だ。

「スキルショップ?」

「あれ。ご存知無かったですか」

「うん」

「私も」

ケイ君の話によると、どうやらスキルショップとやらはスキルが売っている店らしい。
流石に、私も何かスキルは欲しいから、自分の手で手に入れたいなんて贅沢言ってられない。その内その内……って感じでやってたら、いつ手に入るかわからない。だから、行こうと思う。
そんな訳で、私達は連携プレイ練習からショッピングにシフトチェンジし、街へと向かうことになった。

「あ、こっちです。こっち」

私もハープもリンちゃんも場所がわからないのでケイ君に先を歩いて案内してもらうことにした。それにしても、こんな人目につかない路地に入って、本当にあるのだろうか。
その疑問をケイ君にぶつけてみると、どうやら、スキルショップとやらは一般的に知られておらず、限られた人間しかその存在を知らない上、ちょくちょく場所が変わるという。まあ、隠し要素って言った所かね。

「あ、着きました! あそこです!」

「ここが……?」

「スキルショップ?」

「なんか普通の家っぽいですよね」

見た所、看板なんて物は存在せず、リンちゃんの言う通り普通の家っぽい。近くに来てみると尚更で、店が開いてる様には……あれ?

「あれ、開いてないんじゃない?」

「え?」

「だって、ほら……」

私が扉に貼られてる貼り紙を指差す。

『諸事情により暫くの間、閉店させていただきます』

そこには、休業のお知らせだけが書かれていた。

「ねえ、ケイ君。実装前ってことは無いんだよね?」

「はい。前に来た時は開いてたのでそれはまず無いです」

「そっかぁ。じゃあなんで……?」

NPCの店なので、勝手に休むことは無い筈だし。これは何かありそうだ。

「わっ! えっ、な、何?」

そう思ったその時、リンちゃんが何かに驚いた。
見ると、何やらウィンドウが浮いている。

「どうしたの?」

「こ、これ見てください!」

リンちゃんがその浮いたウィンドウを指差す。
それを皆で囲む様にして見る。

「これって……」

「わ、私が扉に手をかけようとしたら出てきて…………びっくりしましたぁ……」

そのウィンドウにはこう書かれていた。

『特殊イベント! 行方不明の店主を探し出せ』

「イベント?」

「そうみたいですね」

その特殊イベントとやらは参加型らしく、既に何人かがこれを受けている様だ。
そして注目なのが報酬、

「クリア報酬は……『パーティメンバー全員に一つずつお好きなスキルをプレゼント』だってさ!」

「どうする、ハープ。受ける?」

「まあ、ほぼノーリスクだし。やってみてもいいんじゃない?」

「リンちゃんとケイ君は?」

「わ、私は問題無いですよ!」

「俺も大丈夫です」

「じゃ、決まりだね」

という訳で、私はウィンドウの一番下にある『受諾』を押す。これでイベント開始だ。

「でも、ユズ。受諾したはいいけどさ。何処にいるんだろうね」 

「あー、なんかね。説明文に書いてあったけど、店主さんは素材集めに西の…………地図で言うとここら辺に向かったんだって」

私が地図を使って皆にそれを教える。
店主さんはこの、西の山の谷っぽい所に一人で向かったらしい。

「へぇ、なんか結構大変そう……」

「そうね。ちょっとしたハイキング……にはならないか」

「谷、ですもんね。そもそも、その谷に行く途中の山の中で彷徨ってるかもしれませんし」

「は、範囲広いですね……」

うーん、と皆で唸り始めたけど、ここで悩んでも仕方無いのでとりあえず向かうことにした。
谷へは、山道があってそこを店主さんは進んでいったと思われる。なので辿る形で捜すことにした。

「店主さーん!」

「スキルショップの店主さーん!」

「……いないね」

まあ、山道で声をかけて見つかる程甘くないのはよくわかっていたことだから別にいい。そうして私達は更に深い所へ進む。

開けた場所に来た。
地図を見れば、もう少しで谷って場所だ。そこで一旦休憩する。

「ふぅ…………見つかりませんね」

「そうだね。こんな所にまでいないとすると、やっぱり谷の下かなぁ」

「かもね」

暫く経ってから私達は立ち上がって、店主さん捜しを再開しようした…………のだけれども、

「リンちゃん、危ない!」

それはハープの叫び声で止めることになる。しかし、その叫びの原因はすぐにわかった。
だってソレは、リンちゃんのすぐ後ろで短剣を振りかざしているんだから。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く