極寒の地で拠点作り

無意識天人

勧誘二人目


あの騒乱ノ会とタクトのいたギルドとの問題から暫く経った。あの後、ブラストさんは相手ギルドリーダーさんと和解、解放してやったそうな。
因みに和みの館と騒乱ノ会の臨時同盟は正規の物となり、同盟関係は継続中だ。
で、今はいつも通りギルドホームの石像の広間で何するかを決めながら、くつろいでる訳だ。

「あ、そういえば、和みの館のメンバーって私達四人だけですよね?」

四人? いつ増えた。
リンちゃんは普通に答えてる辺り、ふざけているつもりは無いんだろうけど。
隣に座ってるハープが身を乗り出してリンちゃんに言う。

「四人?」

「あれ、違いましたか?」

リンちゃんはキョトンとしている。
あ、もしかしてアレかな?

「ハープ。リンちゃんは多分神様も含めてるんだよ」

「リンは私をちゃんと和みの館の者と認識してくれているのか……嬉しいな。それに比べてお主らと来たら……」

「い、いや! 私は流石に神様を同じ立場として見るのはどうかと思って……!」

だって、神様だよ? ラアトの話聞いてからはなんか意識しちゃって畏れ多いし……
そんな風に私が必死になって弁明していると、ハープが何か神様に言おうとしていた。
あぁ、なんかすっごい嫌な予感がする。

「え、ユズ。神様ってマスコットじゃないの?」

「は?」

うん、やっぱりね。神様はこのギルドの象徴みたいな物だから、あながち間違ってないけどさ。
よくわからないけど、こういう時のハープって何処からともなく天然が飛んできて爆弾発言するんだよね。まあ、意地悪そうな顔しながら言う時もあるから、結局ハープの神様に対する対応は天然アンド故意で常に神様にダメージを与えるのではあるが。

「えっ、何言ってるんですか、ハープさん! 神様に失礼ですよ?」

「あー、神様、今のは完全に天然の方ですので、許してやって下さい」

「まあ、ハープはそういう奴だからな……わかっているよ」

「え? えっ?」

メンバー全員にそんな反応をされたハープは珍しく狼狽える。あー、写真撮りたいなぁ……こんな表情あんまり見ないからね。

「……で、話は戻るんだけど。リンちゃんはギルドメンバーが三……四人がどうしたの?」

神様がメンバーとして認識されるのは悪くないことの様なので、私もそう感じることにした。私も一応、ギルドリーダーだからそこの所はちゃんとしたい。

「あ、そうでした! お二人は私を街で勧誘して下さった時、掲示板でメンバーの募集を載せてきたんですよね」

「うん、そうだったね」

「……五人目候補、そろそろいてもおかしくないんじゃないですか?」

「あー、そういえば見てなかった。ハープは勿論見に行ってないよね?」

「うん。まあ、私とユズは基本二人同じ日にログインするからね。それで必然的に一緒にいるからそれは無いよ」

掲示板は不便なことに通知要素が無く、個人ともリンクしていないのでいちいち街に行って確認する必要がある。とても面倒くさい。

「うーん、でもどうかなぁ……私達のは他の募集要項にどうせ埋まっちゃってるだろうし」

「でも、まあ行ってみるだけ行ってみようよ」

「そうですよ! 行ってみましょう!」

「リン。お主、なかなか張り切っているな」

リンちゃんは神様にそう言われて途端に恥ずかしくなったのか、赤くなって元の調子に戻ってしまった。

「え、あ、はい……まあ、仲良い人と賑やかにやるのってなんか、こう、いいじゃないですか」

「うん、リンちゃん。私も同意見だよ。というか、少なくとも私は最初からそのつもりでメンバー募集したんだけどね」

とりあえず、リンちゃんが同じ考えで良かった。
という訳で私達は街へ向かうことにした。

例によって経験値稼ぎをしながら街へ向かった私達は、これまたいつも通り賑やか商店街から入る。

「あれ……あれって……」
「闇の魔女……今日は何しに来たんだ?」
「馬鹿! 声が大きい! 聞かれたらドボンだぞ!」

ヒソヒソ話が聞こえるのもお約束だ。
いつの間にか、闇の魔女なる不名誉なあだ名が出来たらしいね。ほんと、どうにかならないかなぁ?
そんな感じで私達は掲示板の所に着いた。

「さて、掲示板に着いたけど」

「どうだろうねぇ」

「きっと募ってくれた方がいらっしゃいますよ!」

そうして私はくじ引きをする様な感覚で掲示板に近づいてウィンドウを表示させる。

「どう、どう?」

ハープが横からずいっ、と覗き込む形で割り込んで乗り出してくる。リンちゃんはというと、

「み、見えないですぅ……」

ぴょんぴょんしてウィンドウを見ようと頑張ってる。それが凄く可愛いんだけど、悪戯するのも悪いので素直にウィンドウの位置を下げて見せてあげる。

「あ、ありがとうございます」

「ギルドの新メンバーに関わることだからね。皆で見た方が良いでしょ?」

という訳で、ギルド名を入力して、投稿した募集要項の欄を開く。すると、投稿した要項の左上に赤く『!』と表示されていた。これは来たんじゃないか? ってことで、いざオープン、っと。

「あっ!」

「えっ?」

「おおっ!」

本文と線で区切られた、下にある欄にはこう書かれていた。

『ケイ 男
   水魔法が得意です。
   まったりやってるのでよろしくお願いします。

   主な活動場所:街から少し南に行ったところの草原
   ※地図を添付しておきますので参考にしてどうぞ』

とりあえず、安心。
折角意気込んで期待して来たのに何も来てなかったらかなり残念だっただろうから。

「やりましたね!」

「うん、良かった良かった!」

「そうだね。でも近接系の人だったら良かったなぁ……」

ハープはちょっとだけ残念がっている。
そっか、私とリンちゃんに続いて新しい人も遠隔で魔法だもんね。

「まあまあ。まだ掲示板には貼り付けたままにしとくから、ね?」

「うん。でもまあ、私も皆と楽しく出来ればいいし、魔法は遠隔の支援が心強いから大丈夫だよ」

ハープはやっぱり優しい。今度何か労ってあげないと。

「じゃあ、早速ケイさんの所、行っちゃう?」

「良いと思います!」

「私も賛成。早いことに越したことは無いからね」

「よし、それではケイさんがいるであろう草原に、れっつごー!」

「おー!」

「おー!」

そんな感じのテンションで街を商店街の反対側の大通りから抜け、すぐそこの草原に向かう。

いざ、着いてみるとその草原は割りと広いことに気づいた。でも、視界は開けているからすぐ見つかると思う。

「それにしても水魔法の使い手ね」

「攻撃魔法の中でも、基本的にちゃんとした実体がある技なので迫力ある魔法に期待出来ますね!」

他に実体がしっかりあるのって六種類の中では土と……毒、かな? 私の闇魔法は完全に物理攻撃じゃないし、寧ろ精神攻撃だから論外。
そういう意味では、新鮮だ。新鮮と言ってもそれが普通な筈なんだけどね。

「ん? あれじゃないかな?」

「あれって?」

「ほら、あれだよ」

「あっ!」

私達の位置から見て右前の方向、少し遠くの所で敵モンスター五体と交戦中の人が見えた。次の瞬間、その五体の図上に大きな水の塊が出来た……と思ったらそれがどんどん紫色に濁っていく。そして、

「あ、割れた」

「割れましたね」

それが割れて五体に雨の様に降り注ぐ。
それから少しして、一体、そしてまた一体と倒れる。私達は最後の一体が倒れたのを見計らって、彼に近づいて話かけてみる。

「凄かったです! 貴方の魔法!」

会話の第一声は、興奮気味のリンちゃんの物となった。突然、声をかけられて驚いたのか一瞬身構えた彼だったけど、

「ありがとう……えっと、君たちは?」

あ、なんか優しそうな声だ。
近くで見てみると、私とハープよりは年下でリンちゃんよりも年上って感じの少年だった。

「和みの館……って言えばわかるかな?」

彼はハッとした様な顔になった。
良かった、人違いじゃないっぽい。

「あっ、あの募集要項は貴方がたの物でしたか……では、自己紹介ですね。俺はケイ、水魔法が得意です。ああ、えっと、さっきのは毒魔法を水魔法と組み合わせたコンボ技で、しょっちゅうそういうのを試したりしてます」

「へぇー!」

リンちゃんがさっきから凄い興奮気味だ。
リンちゃんは回復魔法専攻だった筈なんだけど、凄い攻撃魔法に興味を持ってる様だ。
私のも一応攻撃魔法なんだけどなぁ、って思いつつ、私達も自己紹介しようとする。

「私はユズ。一応、和みの館のリーダーだよ」

「私はハープね。私達のギルドで唯一の近接系よ」

「わ、私、リンです! あ、あの、もっとそういう魔法見せて下さい!」

「リンちゃん、回復魔法専門って言わないの?」

「あっ、そ、そうでした……」

これで一通り、自己紹介が終わった。

「私達は貴方のことなんて呼べばいい?」

「ああ、普通にケイでいいですよ」

うーん、じゃあ私はケイ君で行こうかな。

「じゃあ、よろしくね。ケイ君」

「よろしく、ケイ」

「よろしくお願いします、ケイさん!」

見事に全員分かれた。
私は一人っ子なので、どうしても自分より年下の子は君やちゃん付けで呼んでしまう。ハープは呼び捨てで呼ぶ弟がいるので、呼び捨てはその影響だろう。リンちゃんは年上に対してのソレなので、普通だ。

「ケイ君はここで経験値稼ぎ?」

「いえ、コンボ技の検証を……」

「今から早速ギルドホームに向かいたいんだけど、いいかな?」

「ああ、はい。構いませんよ」

「わかった。じゃあ早速行こうか」

リンちゃんの時と同じく、一旦ギルドホームに着いてからじゃないと転移の石は貰えないので徒歩だ。道中、ケイ君には一応、こう注意しておいた。

「うちのギルドホームは環境的にも内部のことでも色々と特徴があり過ぎるけどあまり気にしないでね」

多分、かなり寒く、風は吹き荒れ、草木の全く生えていないごつごつとした不安定な岩石砂漠の上に建つ黒い城、そしてその中の喋る石像を見て、気にしない方が難しいだろう。あ、あと迂回が面倒な川も追加で。

ギルドホームに着いてから案の定、

「さ、寒いですね……ううっ」

風が吹く度に震えるケイ君が可哀想なので、さっさと混沌の鍵で開錠して入ることにした。
それにしてもハープは最初、かなり寒がってたのに今は特に何ともない感じだった。勿論、服装はお腹や胸元が出て前まで締まらないコートのままだ。やっぱり慣れって凄いね。
それで、入ってからは例の如く、

「おお、帰ったか……これで五人だな」

「えっ?」

驚いてくれた。
まあ、そうだよね。驚かない方がおかしい。

その後は、特にリンちゃんの時の様な騒ぎもあること無く普通に色んなことを教えあったりして、ケイ君は私達、和みの館の正式なメンバーとなったのである。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く