極寒の地で拠点作り

無意識天人

ラアト

「何だと?」

少年は、私が秘密と答えたのに対して苛立ち、そして動揺してる様だった。多分、今まであの光を使って、入ってきたプレイヤー達を足止めしてから拘束したりしてたんだろう。そうなれば、それを封じられたら動揺しても仕方無い。

「だから、秘密」

「そんなことはどうでもいい! 早くここから出せ!」

そっちから聞いてきたのに……
まあ、明らかに動揺してるよね。しかし私はその要望に答えることは出来ない。

「やだ」

「くっ……『一面の光』!」

白ローブの少年がもう一度あの魔法を唱えた。しかしそれも虚しく、声だけが響くのみで何か起きる気配は無かった。流石、神様の闇と言った所かな? さて、この隙に、

「ハープ、お願い!」

「りょーかい」

隣にいたハープが少年に向かって走り出す。勿論、ハープには見えてないけど、そこはいつもの察知能力でどうにかなるみたい。それにしてもほんと、人外じみてる……あ、良い意味でね?

「よっ、と」

「うぐっ……!」

「おーい、ユズ! 拘束完了したよー」

「うん、ありがとね」

ハープは見えないにも関わらず、少年を組み伏せたついでに持っていた杖を取り上げる。流石ハープ、手際が良い。
そして私はすっかり余裕の消え去った少年に歩み寄る。

「くそっ、放せよ!」

「……貴方は何? このギルドのリーダー?」

「おい! こんなことしてただで済むと思うなよ!?」

ハープによって地に伏せられている少年はそんなことを言った。それに対してハープは、

「そんなこと言って、私達が騙されると思う?」

「ああ、いいさ! 後悔するぞ?」

「ご勝手に」

「あ、ハープ、一応聞いてみようよ!」

「もう遅い……おい、『ラアト』! 僕を助けろ!」

少年は、ラアト、と石像に向かって叫んだ。
そしてそれに答える様に、男の声が返ってきた。

「あーあー、女二人にやられてんじゃねぇか。無様だな、タクト」

「うるさい! さっさと助けろ!」

「へいへい」

少しチャラチャラした感じの若い男の声がそう答えると、闇の奥の方にキラッとしたのが見えた。
これはやばい。

「……ッ! ハープ、逃げてっ!」

次の瞬間、バシュッ、と何かが射出される様な音がした。

「……!」

「よっし! 仕留め……あ?」

一閃。
少年の少し上を光の線が通り過ぎていった。それを間一髪で避けたハープは、少年から距離を取る様にしてこちらへ戻ってきた。

「あ、危なかった……」

「大丈夫、ハープ?」

今、光が私の闇の中にいた。
普通の光は、神様の闇である暗転の闇には存在出来ない筈。ということは、普通の光では無いということになる。それほどの光となるとやっぱり……

「おいおい、この女、避けやがったぜ! なぁ、タクト! これ、俺の物にしていいか?」

「勝手にしろ」

「よっしゃあ!」

「……ねぇ、貴方は何? 神様?」

ハープを『これ』呼ばわりしたのもあって、少し腹を立てていた私は少し声のトーンを落として単刀直入にそう聞いた。

「あ? 確かにそうだが……何故それを知っている?」

ビンゴだった。いきなり神様かと聞いて正解だった。
それで、そのラアトという神様のそれまでのテンションは何処かへ行って、打って変わって威圧を含んだ声になった。相手も神様なら、私達の神様のことも話していいだろう。

「知り合いに神様がいるもので……この闇とかさ、見てわからないかな?」

「……チッ、そういうことかよ」

「多分、そういうことだよ」

理解してくれた様で何よりです。
それにしても、この悔しがってる様子を感じ取れる辺り、本当に神様は凄い存在なんだろう。

「おい! どういうことだよ! てか、さっさとこの暗いのどうにかしろよ!」

空気が読めずに騒ぐ少年は、ラアトに向かってそう叫び散らす。君だけだぞ、理解してないのは。まあ、それも仕方無いか。

「タクト、悪いがこの闇は無理だ」

「はぁ!?」

「クソッ! あのクソジイイ……やってくれるじゃねぇか」

神様に毒を吐いている所で、私は気になっていたことを聞いた。

「……ところで、貴方は何の神様なの?」

「あ?……仕方ねぇ、答えてやるか。俺の名はラアト、光と真理の神だ。丁度、お前らのとこの爺さんと真反対って所だな」

「あと、聞きたいんだけど、神様……いや、アフィポスさんってそんなに凄い人なの?」

「は?」

なんか……すっごい、呆れられた様な声を出された。こんな性格の相手だからか、少しイラッとする。

「ははははっ! お前ら、そんなことも知らねぇでその装備とか武器とか使ってんのかよ!」

「はぁ!?」

今度はハープが笑うラアトに対して声を荒らげる。私も今ので、少しがかなりになった。

「ああ、悪い悪い……まあ、なんだ。あの爺さんは俺ら神の中でも最高位の存在だ。悔しいが俺の力じゃ到底適わねぇよ」

こんな性格だから信じられないけど、悔しみながらも意外と身の程をちゃんと理解してるみたいだから安心した。

「だから、この暗転、神様の闇は払えないと?」

「ああ。でもあの爺さんのことだ、本場は暗さだけじゃねぇ筈だろ?」

本場……つまり、あの混乱付きの闇のことだ。

「まあ……」

「つーことは、あの爺さんのとこ行って迷宮で本場を受けた上で抜けたってことかよ! 人間なのにすげぇな、お前ら! コイツだったら、入ってすぐ頭やられてるぜ」

「うるさい! お前こそ、何時までそう喋っているんだ! さっさと倒せよ!」

さっきからこのタクトって子、うるさいしか言ってない様な気がする。

「だーかーら、無理だっつってんだろ。ついでに言っとくが、お前の夢はここで潰えた」

「はぁ!? どういうことだよ!」

ラアトは少しうんざりした声で答える。

「……アフィポスの爺さんに目ぇ付けられた以上、終わりなんだよ。俺はまだどうとでもなるが、ここで俺達の関係は終わりだ。丁度、お前に対して興味も失せてきた所だ……そもそもお前、世界征服なんて夢下らな過ぎなんだよ!」

「なっ! お前、あの時、手伝ってやるって言ったじゃないか!」

「そりゃ、お前、嘘に決まってんだろ。あの時はギルドリーダーが好かねぇ奴だったから前々から興味持ってた、惨めに雑用してるお前を使って倒させたまでだ……そしたらお前が勝手にその夢とやらを語り始めたんだろうが」

「なん……だと?」

なんか話が悪い方向に行ってる。
この話から思うになんかそれなりに複雑な感じっぽいけど。流れを止めるついでに、それについて聞こうかな、と思っているとそれをハープがラアトに聞いた。

「ねえ、ラアトさん、何があったの?」

「あー、まあ、話してもいいか」

ラアトが述べた詳しい話はこうだ。
最初、騒乱の会と同程度のギルドがここにはあって、そこのリーダーがラアトのダンジョンを攻略して裏ツリーに変えたらしい。
それで、ラアトはそのギルドリーダーに対して良い感情を抱いていなかった様で、その時、雑用に使われながらも野望を持つタクトに興味を持ったみたいで、タクトを使ってギルドリーダーを拘束させてギルドの主をタクトに変えようとしたらしい。
それで、見事それを達成した後、タクトが今後の方針として、世界征服を掲げた様で馬鹿馬鹿しいと思いつつも前よりはマシだと考えて協力する様になった。そんな感じで今に至る……みたいだ。

ブラストさん達、騒乱ノ会といざござを起こしていたのは多分前のリーダーだろう。タクトは、少し横暴になっても怪しまれないと思ったのか、その元からのギルドの方針を利用して、ギルド占領を繰り返し行った。そういうことなんだろう。

「じゃあ、これからはどうするの?」

「どうするも何も、俺は逃げるから後のことは知らねぇ。コイツが決めることだ」

「くっ……」

「え? 神様って、石像から出られるの?」

「は?」

なんかもう、私がこんなことを聞く度に呆れた声出すからもう聞くの止めようかな。

「何、また笑うの?」

「いや、笑わねぇよ。まあ、そうだ。つか今まで出られないと思ってたのかよ」

「うん……まあ……」

そう言われればそうだ。
神様だって元はあの迷宮にいたんだ。石像に固定なんて有り得ない。

「で、タクト。お前、どうするんだ」

「……」

「……仕方ねぇ。お前らが決めていいぞ、コイツなんも喋らねぇから」

「え、でも……」

「別にいい。さあ、早く決めろ」

「ユズ、とりあえずギルドの人達を……」

ハープもそう言うので、私はタクトを置いといて決めることにした。

「うん、わかったよ。ラアト、ギルドの人達は今何処にいるの?」

「ん、ああ。奴らならこの地下だ……ほら」

すると、壁の一部がぐにゃっと曲がり地下への扉が現れた。

「ラアト、ありがとう」

「いいってことよ。さあ、早く行け」

私が暗転を解除し、進もうとした所、

「待て」

そう、しばらく黙っていたタクトに声をかけられた。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く