極寒の地で拠点作り

無意識天人

人助け


「ていっ!」

「いいよ、リンちゃん!」

私達は今、リンちゃんのレベル上げをしている。
さっきギルドホームで確認させてもらったけど、その時点でレベルは21、私達にとっては高い方だけど、リンちゃんを捨てたギルドの人達っていうのはそんなにも高レベルなのか。

「あ、ありがとうございます!」

「大丈夫? 疲れてない?」

「あ、はい……ちょっと慣れないですけど。大丈夫です」

リンちゃんは戦闘役であったらしいけど、前衛役ではなかった。どちらかと言えばサポート役で、主に回復魔法を得意としてる様だ。
HPを回復させる……これは育てるしかない。そう思った私達は、回復魔法を続行してもらうことにした。

「それにしても、杖仲間が増えて嬉しいよ」

「そ、そうですか」

「でもユズは、本来あまり使えない筈の殴打を積極的に使うから、同じ杖でも別々だよね」

「それは、私はメイスでリンちゃんはロッドだし……まあ私のは特殊な物だけど」

「特殊、ですか?」

「ああ、そういえば言ってなかったね」

私はリンちゃんに、ユニークシリーズやユニークスキルについて説明した上で、私達の装備について説明した。

「へぇ……お二人のそれは、そのユニークシリーズって物なんですね。で、でも、入ったばかりの私にそんな詳しいこと話しちゃっていいんですか?」

「え?」

リンちゃんは少し申し訳なさそうに聞いてきた。

「で、ですから、まだ入りたての私にそんなステータスの話とかしちゃったら……」

「私はリンちゃんのこと信頼してるから、ハープもそうだよね?」 

「うん、リンちゃんはそういうことしないって私達信じてるから」

「もう、お二人とも。私が裏切ったらどうするんですか」

「その時はその時だよ、大丈夫大丈夫!」

「そうですか……まあ、ありがとうございます」

多分、リンちゃんはそんなことしないだろう。
今はそんなの気にしても仕方無いので一旦置いておく。

「じゃ、レベル上げ再開ね」

「はい!」

そういう訳で私達はレベル上げを続ける。
因みに今回は少し遠出をしている。理由はただ単純に、たまにはいいかな、とそんな感じだった。

それからは特に何も無く、森の中を進み、順調にやることが出来た。しかし、そういう時こそ何かあるもので、

「この辺はだいたい倒しきっちゃったかな?」

「そうみたいですね……お二人のお陰で私もすっかり慣れましたし」

「あはは、リンちゃんはユズみたいになっちゃ…………っ!?」

突然、ハープが立ち止まって辺りを見回す。
私達にも止まるように手を出してきた。

「どうしたの、ハープ」

「しっ! 静かに」

「えっ? な、何が……」

ハープは声を抑えるように言ってきた。
でも、その意味がすぐわかった。

「……ろ!」

「お…………ない!」

「……だと!」

姿は見えないが、私達の右方向から微かに声が聞こえた。聞き取りにくいけど、怒鳴り声が聞こえるあたり襲われているのだろう。

「どうする? 行く?」

「うーん、まあ気になるし、助けることは悪いことじゃないと思うから行くかな」

「じゃあ、決まりだね。リンちゃんはここで待っててね?」

「わ、私も行きますよ、ハープさん!」

「危ないし、リンちゃんまで来る必要は無いよ!」

「いえ、私もギルドの一員です。お二人もさっき、信じてるって言って下さったじゃないですか! それってつまり私をギルドメンバーとして認めたってことですよね?」

そう言ったリンちゃんの目は真剣で、いつものおろおろとした雰囲気では無くなっている。

「……うん、わかった。一緒に行こう。でも危なくなったらちゃんと逃げるんだよ?」

「はい、大丈夫です! 私、ユズさんより速いですから!」

「あはは、それもそうだね」

「えっ? ハープまで……」

なんか凄い貶された様な気がする。
仕方無いじゃん、STR値しか上がらないのは環境がそうさせているんだから。

「まあまあ、そういじけてないで……」

「いじけてないから早く行こうよ!」

やけになって私は、茂みを先行する。
息を潜めてゆっくりと……それで声が近くなってくるにつれて身を屈めていく。
すっかり聞こえる様な位置に着いてから状況が明らかになった。

「これだけやっても吐かねぇとはな」

「誰がお前らなんかに……」

「どうする? 埒あかねぇしギルホに連れてくか?」

「そうするか」

男二人がそこの青年を囲み、いたぶって何か秘密を聞き出そうとしている感じで、既に青年のHPバーは赤で残り少ない。かなりキツい状態だろう。痛みは現実のソレに比べて抑えられているとはいえ、攻撃されると痛い時はかなり痛い。痣とか残らないのは良いだけど。

「どうする? 行っちゃう?」

「ユズが行きたいのならユズが行ってもいいけど」

「うーん、ここは……ハープにお願いしようかな?」

「りょーかい、じゃ、行ってくるね」

この状況では素早い解決が求められる。だから、消音持ちでちゃんとした実力を持ったハープが適任だと思った。私の奈落の穴だとあの青年まで巻き込みそうだし。

「まずは一人目っ!」

「ぐあっ!」

「なっ、なんだてめぇ!」

ハープは慣れた手つきで弱点を突き、一人を一撃で仕留めた。
避けられても掠れば状態異常なので、奇襲ならハープの右に出る人はいないんじゃないかって思う。そしてもう一人は剣を振りかざす間もなく、

「なっ!?」

そのままハープに倒された。
流石ハープ、四位なだけあって近接の戦闘は凄い。私達は茂みから出て、

「す、凄いです! ハープさん! 私、あんなに素早いの見たことありませんよ!」

リンちゃんが凄い驚いて、尊敬の眼差しを向けている。私と言えば、凄いは凄いでも、リンちゃんまでAGI教に入信しないか凄い心配だった。因みにそのAGI教の教祖様はブラストさんだ。

「あはは、そうかな?」

「そうですよ!」

「あ、ちょっと君達……」

助けてあげた青年が声をかけてきた。

「はい、なんでしょうか?」

「助けてくれてありがとう」

「はい、礼には及びませんが……盗賊に襲われでもしたのですか?」

「はは……まあ、そんな所だ」

青年はそう答えたけど、何か隠している様な気がする。まあ、「吐け!」とか言ってたあたり何かかなり重要なことなのだろう。

「とりあえず、回復を……リンちゃん!」

「は、はい!」

【リンはハイヒールを唱えた!】

「あ、ありがとう……これくらいで充分だよ」

まだ全回復はしてなかったけど、その青年はしっかりと立ち上がりそう言った。

「お兄さんはこれからどうするんですか?」

「ああ、ギルドホームに戻るよ。君達は?」

「私達はレベル上げに来ていたので、もう少しここにいます」

「そうか、気をつけてな? あ、そうだ。ここであったのも何かの縁だ。いつかお礼がしたいし、フレンド登録したいんだが……いいか?」

「はい、大丈夫ですよ」

私達はその青年とフレンド登録をする。

「ユズ、ハープ、か……何処かで見た様なと思ったが、この前のイベントの第二位様と第四位様じゃないか。通りで強い訳だ」

ははは、と笑い出す青年。

「いえ、そんな……」

「はは、謙遜しなくてもいいよ。じゃ、俺はこれで」

と言って転移の石で帰っていってしまった。
これで一件落着、と思っていると、

「はわわ……」

「ん、どうしたの、リンちゃん?」

リンちゃんがなんかすっごい青ざめてる。

「い、いえ、あの……お二人ってあのイベントの……」

「うん、私が四位で、ユズが二位だよ」

「それがどうかしたの?」

「わ、私、それも知らずにあの時……」

リンちゃんが何を想像しているかは複数あってわからないけど、青ざめてる理由はなんとなくわかる気がする。
そんな様子のリンちゃんを差し置いて、何やらじっ、とウィンドウを見ているハープが私に、

「ねぇ、ちょっと、ユズ」

「どうしたの?」

「これ見て」

これ、とはウィンドウのフレンド一覧でハープの指差す先には、先程の青年、「カイト」の欄だった。

「カイトさんがどうかしたの?」

「ほら、所属ギルドを見て」

「所属ギルド?」

「カイト」と表示された名前の下には、特殊な紋様と共にこう書いてあった。

『所属ギルド:騒乱ノ会』

私ははっとした様にハープを見る。

「何か、ありそうじゃない?」

ハープはほんの少し笑った様な顔でそう言った。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く