極寒の地で拠点作り

無意識天人

イベント結果


「うわぁぁぁぁっ!」

「またのご来店をお待ちしておりまーす」

叫び声をあげながら吸い込まれていく最後の一人を、上から営業スマイルで見送る。

残り三十分を過ぎた今、私というお得商品を求めて攻撃が激化し始めたけど、こちらとしても人数が多ければ多いほどポイント回収が捗るから嬉しい。でも流石に二度目とかそれ以上の人が多くなってきて一筋縄で行かなくなってきてる。
まあ、ワンパターンなのが駄目なだけで、最近出番の無かった心の闇を組み合わせたら、問題無くなった。

「これで、一気にドボン! っと」

明らかに混乱以上の効果がある心の闇で、虚空を見つめて叫ぶ人や座り込んで呟く人を生み出しては奈落の穴に落とす、そんな感じ。
ただ、たまに何度も倒されて学習している人がいる様で、

「これで……『ポイズンシャワー』!」

と、休憩していた私へ突然、少し離れた所から、如何にも毒ですよ、って色の液体が頭上から降ってきた。闇魔法以外の六種類はデフォルトでLv.1の物しか知らないからよく分からないけど、これは毒魔法なんだろう。
なるほど、近寄ると危ないから遠くからじわじわと弱らせていくって魂胆か……猛獣じゃないんだぞ、私は。
まあ、それでも、

「うぇ……なんか、ベトベトしてるぅ……」

「なっ!?」

うんうん、驚いてる驚いてる。
今頃あちら側に表示された文は恐らく、

【ユズは毒に侵された!】
【ユズは毒状態を解除した!】

と重なる様に表示されていることだろう。
これで何とかなると思っていたのか、

「おい! どうなってんだ!」

「知らないわよ! あんたが大丈夫だって言ったんでしょ!」

「おいおい、落ち着けって!」

焦って建物の陰に引っ込んで、一緒に居るであろう仲間と丸聞こえな相談、否、喧嘩を始めた。

やっぱりこんな時、状態異常即時解除は役に立つ。けれど、もう一度あの感触の悪い液体を浴びるのは嫌なので、一番こちら側にいた彼の後ろにこっそり近づいて、

「すみませんが、当店ではドロドロとした液体のご来店はお断りしておりますので……それでは」

「えっ……うわぁぁぁぁ!」

一瞬、驚き振り向いた彼は、毒の雨を降らせた女の人ともう一人を巻き込んでスリル満点奈落の旅に出発した。



そんな感じで、当店名物『急降下型アトラクション・奈落の穴』を他プレイヤーの皆様に悲鳴をあげて楽しんで頂いていたら、いつの間にかイベント終了の時間が来ていた。
私達プレイヤーは元の広場に戻され、結果発表が行われた。

結局、五位より上の順位変動は無く、無事というか、まあ一度も倒されなかったのだから無事なんだろう。

「それでは、一位、二位、三位の方はこちら……壇上へお上がり下さい!」

そう、司会役の人が言う。
そういえば、このイベントが運営主催なら、この人は運営の一人ということになるのだろうか。とりあえず今は、今までの文句は置いといて素直に壇上に登ることにする。
実際に登ってみると、観客や参加プレイヤー含め多くの人が広場を覆い尽くしていた。これは滅茶苦茶緊張する。あー、二位ってこんなに重みが……

「……ズさん! あのー、ユズさん?」

「あ、ひゃいっ!」

順位の重みを感じていたら自分が呼ばれてるのにも気づかなかった様で、更に返事も噛んでしまった。これはかなり恥ずかしい。
隣にいるブラストさんは、親指を立ててにっこりしているけど励ましてくれてるんだろうか。

「何か、一言お願いします!」

どうやら一言を言えばいいらしく、あまりこの世界に似つかわしくないマイクを私に向けている。
私は緊張と恥ずかしさで頭が真っ白になっていた上、いきなり言われた様なものなので咄嗟に、

「あ……え、えっと、皆様、当店へのまたのお越しをお待ちしておりますっ、はい!」

と、答えてしまった。
やばい、これ絶対、変な子だと思われた。
ざわざわしてるし、もう駄目……

「はははっ、ユズちゃんは面白いな! ……じゃあ次、俺でいいかな?」

あまりの恥ずかしさに俯いているとブラストさんがフォローしてくれた。

「あ、はい……」

私はブラストさんにマイクを渡した後も前を向けず、結局、表彰式終了までそんな調子だった。



「本当にありがとうございました!」

「いいっていいって。別にそんな感謝されることはしてないさ」

私は記念品と賞品をもらった後、真っ先にブラストに感謝する。
正直、ブラストさんのことはあまり良く思ってなかったけど、さっきのことで実は好青年なんじゃないかって思えてきた。

「おーい! ユズー!」

「あ、ハープ!」

ブラストさんの評価が私の中で急上昇している所で、私を見つけたハープが声をかけてきた。

「私も居るわよー」

「シェーカ、お疲れさん」

「ええ、貴方もね」

「ユズ、あのコメント……」

「い、言わないで……」

今、そのツッコミをされると主に私がへこむ。
あー、なんか本当に変な名前付けられてもおかしく無いかも……せめて可愛い名前でお願いしたい。

「……それにしても、貴女達がこんな上位に行くとはねぇ」

「はい、ありがとうございます」

「そうだよな。ユズちゃんは二位でハープちゃんは四位……って、シェーカ、お前二人に負けたのか!」

「何? 私は元々、戦闘は得意じゃないし……何より、新人が活躍してくれるのは良いことじゃない」

「え? でもシェーカさんお強いですし、あの分身とかで私達なんかより効率的に出来るんじゃないですか?」

「ははっ、まあそう思うよな」

「え?」

「この人の言う通りよ。私の分身は、文字通り身を分けるからステータスも分割されるの」

シェーカさんの話では、分身を含めたシェーカさんのユニークスキルは、光魔法の延長であるので実はシェーカさんの主武器は杖らしい。だから普段使ってる短剣は副武器で、そんなに攻撃力が強くないみたい。分身自体も遠くへは行かせられないみたいだし。

「……と、いう訳なのよ」

「へぇ、それでも八位まで上り詰められるなんて凄いです!」

「四位の貴女に比べればそうでも無いわよ」

「あっ、いや、そんなつもりじゃ……」

「いいのよ、さっきも言ったでしょ? 新人が活躍するのは良いことだって」

そう言ってシェーカさんは微笑んでくれた。

「ウチのギルドは運営さんの意向通り、『協力』してるからな。生産職が居て、素材採集役が居て、戦闘役の中にもサポート役と前衛が居る。因みにシェーカは主にサポートな?」

分担出来るっていいぞ、とブラストさんは言う。
そういえば私達がこのゲームを始めて一週間だけど、私達のギルドに他人を入れるなんて考えたことも無かった。
まあ、生産職もよく分かってないし、せいぜい矢や銃弾を作る程度のことしか知らない。今度、色々考えてみようかな。

「そういえば、ブラストさんのユニークスキルって、AGI四倍なんですよね」

ハープがブラストさんに聞く。
あれ、なんか目がキラキラしてる様な……?

「そうだが、それがどうした?」

「あの、ブラストさんのAGI値って……」

「ふふっ、ハープちゃん、詮索は……ね?」

と、シェーカさんが手でバツを作っている。
確かにステータスそのものの様に分かりやすく、数値に出る物はマズかったかもしれない。

「いや、別にいいぞ?」

「えっ? いいんですか?」

ブラストさんはと言うとそんなこと気にしてない様な感じでいた。単純にそういう性格だからか、自信があるからか。どちらにしろ、かなり高いに違い無い。ハープで468なのだから下手したら……

「ああ、でもあまり細かいの言っちゃうとアレだからちょっと伏せて言うが……1400ちょいだな」

「せ、せんよん……?」

それって結構細かい所、言っちゃってる様な気がするけど……野暮かな?
それはいいとして、思ってたより高かった。ハープなんて驚いて止まって……いや、「おぉ!」とか言って目をキラキラさせてる。

「ハープちゃんもこれくらい行けるよ、もう少しで500なんだろ?」

「はい!」

「上を目指す者同士、頑張ろうな」

「いえ、そんな……こちらこそ!」

ハープはブラストさんにそう言われて尊敬の眼差しを向けている。ハープもブラストさん苦手なんじゃなかったっけ? まあ私も救ってもらったばかりだから、何も言わないけどさ。

「……パートナーがこういう者同士、私達も頑張っていきましょうね」

「そうですね……」

そうして目の前が熱くなっている中、ひっそりとこうした縁が生まれるのであった。

その後、広場に居る人も疎らになってきた頃に私達も解散しギルドホームへと戻った。
記念品である、銀のトロフィーを神様の横に置いたら遠回しに喜ばれた。喜んでくれて何よりです。

そんな感じで私とハープの初イベントは幕を閉じた。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く