極寒の地で拠点作り

無意識天人

遭遇


私達は日曜日に行われるイベントに向けて、レベル上げ兼対策を行っていた。

「凄いじゃん、ハープ! この調子なら本当に上位とか……」

「でも、普通の敵モンスターで出来ても対プレイヤーでこんなこと出来るとも限らないし……」

ハープは自信なさげである。
今やってるのは、背後から密かに忍び寄って一撃で相手を仕留める練習で、その前は持ち前の素早さで相手の懐に一瞬で潜り込み仕留める練習をしていた。
それで、出来る限り人型の敵を相手にして行っている。その方が弱点が何処なのか学ぶことが出来るからだ。

「なら、実際に対人戦で……」

「いやいや、ユズも分かってるでしょ? 運営が定めてるルールにある訳じゃないけど、暗黙の了解でプレイヤー間のPKが御法度だってことぐらい……まさかまた、どうにかなるとか思ってたりしないよね?」

怪訝な顔をして聞いてくるハープに私はちゃんと、

「大丈夫大丈夫!」

冗談だよ! と答えた……筈だったのだけど、ついそう言ってしまった。

「じゃなくて、冗談だよ冗談! 本当に冗談だって!」

「ホントに?」

「本当だって!」

じとーっ、とした目でこちらを見てくるハープ。
どうしてもこう、口を滑らせてしまうことがあるのは何とかしなければ……とりあえず反省反省っと。
そして私が、うんうん、と腕を組んで頷いていると、

「自己完結しない! ほら、そこに座って!」

「えっ? いや、ここ、道の真っ只中……」

「いいから!」

やばい、ハープの説教が始まる。
たまに私が爆弾発言やその様な行動をとった時に行われる、ゲリライベントだ。因みに避けては通れない。
面倒見が良いが故の行動なんだろうけど、私にとっては耐え難い物で何とかして避けようとするんだけど、走っては追いつかれ、身を隠しては見つけられ、果てには『私を探さないで』的なニュアンスの置き手紙を残したが結果は虚しく、終わる頃には辺りは真っ暗になっていたこともあった。
という訳で、私がこのイベントに遭遇してしまった場合、避けることは出来ないのである。

だけどここは現実世界では無く、ゲームの中の世界、現実では出来ないことだって出来る。
例えば、こう……

「だからね? ユズは……」

「『暗転』!」

私はそれを呟いて唱えた。
よし、こうすればAGIが私の何十倍もあるハープでも追ってこれないけど、私は闇の中でも周りは見えるので問題無い。
私は早速、静かに立ち上がって振り替えるとそろりそろりとゆっくり進む。幸い、目を瞑っていてハープは暗転されたことに気づいていなかったので安心した。
抜き足で私は足元を見て慎重に歩く。暗転を抜けたら全速力だ。【AGI:20】のダッシュなんてたかが知れてるけど。

その後、私は差し足で進み、もう少しの所で初の難関イベント回避が出来るその場所へ忍び足で……進まない、否、進めない。
どうしてだろう、と、どう考えてもこの私の右肩に乗っている手の主に原因があるとの結論しか出ない。振り向いて、その手の主に声をかけようにもそれが私の終わりを示すのは明らかだ。でも私の足は動かないままなのでそうするしかない。

私が諦めて振り向くと、そこには天使の様な表情の美少女がにっこりとした笑顔で私を見ていた。
闇の中、見ていたというのは語弊があるかもしれないけど確かにその目は私を見つめている。
私にとっては悪魔な彼女に対して、引きつった笑顔で私はこう切り出した。

「や、やあ、ハープさん……こんにちは」

「ええ、こんにちは……『柚葉ちゃん』?」

あっ、これ駄目やつだ。
ハープは現実では割と本気で怒ると、ちゃん付けになる。それはこの世界でも同じの様で、柚葉と言っている辺り相当ヤバい。

「あ、あのぉ、離し「何?」……ひッ! い、いや、どうして気づいたのかなぁ、って」

「そんなの簡単よ、気配を感じ取ればいいの……特に柚葉ちゃん、貴女の気配は察知しやすいの」

「それって既に境地に達してるんじゃ……」

「あはは、そうかな? まあ、とりあえずこちらへ来なさい、ね?」

「ひぁっ!」

先程の「何?」と言い、今の「ね?」と言い、普段のハープからは想像出来ない程低い声で言われるものだから、どうしても小さな悲鳴を上げてしまう。
そんなハープに逆らうことも出来ずに私は元の場所へ引きずられていった。その際、ハープが片方のダガーを地面から抜き取っていく姿が見えた。
多分、『影縫い』でも使ったんだろう。あれって影じゃなくて闇でも使えるんだぁ、何かに使えるかなどと考えつつ、元の場所へと戻されていく私であった。



「ふう、やっと終わったぁ」

「ん? 柚葉ちゃんはまだ続けて欲しいの?」

「ひッ……い、いや、何でもないです反省してます、はい」

「なら、よろしい……じゃあ、ユズ、レベル上げ再開しよっか!」

「あ、う、うん、そうだね、それがいい」

変に話を戻してまた地雷を踏んだらたまったものじゃない。私もハープに賛成だった。

「じゃあ、また人型の敵を狙っていくよ?」

「うん、いいよ」

レベル上げとは言っても、対策中心のつもりだ。
私と言えば、ハープが戦ってるのを傍で見てるだけだ。何故かって? 私が魔法以外で出来るのはこのメイスと言う種類の杖で殴るのみ、ハープみたいに高いAGIと元からの運動神経を活かして敵を殲滅するなんて芸当は、ただSTRが高いだけの私には技術を磨こうにも磨けないので出来なかった。
まあ、私は一応、魔法使いだし近接戦闘する必要は本来は無いんだけどね。

そんな訳で色々やってると、木陰で休んでる私の所に向かって、少し離れた所に居るハープがこちらに走ってきた。

「おーい、ユズ!」

「どうしたの? いきなり走ってきちゃって……」

「あのね、これ見て!」

嬉々として話し掛けてくるハープが、ウィンドウを開いて見せてきた。

「えっ? これ、新しいスキルじゃ……」

「そうだよ!」

ハープが見せてきたウィンドウのログには、

【ハープは『消音』を手に入れた!】
【解放条件:一定の回数以上、相手を視認した後、気付かれずに攻撃を加える】

「えー、ハープばっかりズルいぃ……」

「あはは、ユズもすぐゲットできるって!」

そう慰めてくれるんだけど、この対応も二度目なのであまり信じられない。

「まあ、それはいいとして、効果はどうなの?」

「ああ、えっと、『行動する際の音を消す』文字通りね」

「あれ? でもさっき走ってくる音がした様な?」

「あ、そうそう、このスキル常時発動じゃなくて、任意発動みたいなの。まあそれでも走る動作音は消せなかったけどね?」

へぇ、ということはやっぱりこっそり進む時とかだけになるのか……でもハープならその素早さでどうにかなるから、そもそも走る時の音なんて気にされないか。
という訳でハープのスキルがユニークスキル含めて四つになった訳だ、しかも二日連続。
これはいけない、流れが出来てしまえばどうしようもない。なんとかしなければ……
まあ、それはいいとして、

「ねぇ、ユズ、気づいてる?」

「やっぱり、ハープも?」

「そりゃあ、あんなバレバレなのはね」

「だよねぇ……どうしよっか」

私達はついさっき、尾行されていることに気づいた。ストーカーかな? と疑ったけど、時折見せる姿からはそんな物騒な物では無いことに気づいた。

「私が行ってこよっか?」

「まあ、何かあってもハープなら大丈夫だろうし、実戦経験積めるのは良いことだもんね」

「そうならない様にしてくるよ、相手も相手だしね」

そう言って私は再び暗転を唱え、木々を闇に包む
すると、ハープは右の茂みに飛び込む。

「解除、っと」

闇ドームは収縮して消え、私だけが現れる。
尾行者はさぞ警戒することだろう、いつから尾行してるか分からないけど、イベント参加者なら偵察に来てもおかしくはない。でもなんで私達の所に来たのか、それが不思議でならない。
まあそれも捕まえてから吐かせればいいので、今はハープの仕事が上手く行くよう祈るだけで、私は素知らぬフリを続ける。
すると、後方の木の裏から、

「ひゃっ!?」

何とも可愛らしい声が聞こえたが、これはハープの声ではない別の誰かの物だ。私もその木の方へ向かうと、

「ユズ、ほら、問題無かったよ、この通り」

「む、うぅ……!」

そこには私達より幼い、小学生か中学生くらいの少女がハープによって首筋にダガーを当てられて怯えている。

「ほらほら、どうしてこんなことしたのかな?」

「むぅぅー!」

黒いコートと限りなく黒に近い紺のローブの二人に囲まれてる少女の図、周りから見たら私達の方が怪しくて悪者に見えるだろう。

「ハープ、とりあえず離してあげたら? そんな口を塞いで苛めないでさぁ」

「だって、一応この子が何かやらかそうとしてたのかもしれないよ? だったら、未遂でもそんな甘いこと言ってないでちゃんと締めとかないと駄目だよ」

確かに暗殺とかされて、デスペナルティ食らうのは嫌だけど生憎私達はたまに出る素材程度しか持ってなくて、経験値が惜しいくらいのみである。
因みに混沌の鍵は、デスペナ回避の特殊効果持ちなので全く問題無い。
そしてハープは相変わらず少女の首にダガーをあてがいながら左手で口を塞ぐ。

「そんな物騒な……まあ、とりあえず事情だけでも聞いとこうよ、ね?」

「むぅ……ユズがそういうなら……ほら!」

「ぷはぁっ!」

「……ねぇ、どうして私達に着いてきたの?」

これで迷子とか言われたら大変だ。
私達は本当に悪者になってしまう。ここがゲームの中で良かった、良くないけど。

「あ、あの、す、すみませんでしたぁっ!」

そう言って深々とお辞儀をする少女は慌てて謝罪している。

「どうしてこんなことしてたの?」

「……あ、あの、私、この通り、自分で言うのも何ですけど、幼いじゃないですか。年相応って言えばそうなんですけど……この性格のせいでうざったらしく思われたみたいで」

何だか話が見えてきた様な気がするけど、ここはこの子に任せることにした。

「それで、つい先程ギルドホームを追い出されちゃいまして……周りにパーティを組んでくれたりギルドに入れてくれる様な方も見つからず、途方に暮れていた所、お姉さん方を見つけたと言う所です……本当にごめんなさい!」

「ああ、いいのいいの! 事情も分かったことだし、さっきはいきなりごめんね?」

ハープはその半泣きな少女に謝る。

「い、いえ、すみませんでした……で、では私はこの辺で……それではっ」

「あっ、ちょっと!」

私が呼び止めようとしたけどそのまま走って逃げてしまった。ハープが追いかけて捕まえるのも良かったけど、これ以上事を荒らげても仕方無いので放っておいた。あの子は心配だけど、きっとまた近い内に会うことだろう。
それにしてもあの子の親は何してるんだろ。放任主義なのかは知らないけど、一緒にプレイしてるなら付き添ってあげればいいのに……
何にせよ、これ以上の詮索は出来なかった。

「うん、まあ色々あるのよね、世の中には」

「そうだねぇ……名前聞き忘れちゃったし。とりあえず今日はもう戻らない? なんか疲れちゃった」

「ユズ、何かやったっけ?……まあいいや、賛成」

主に私はハープの説教を受けた。
この世界の痛覚は足の痺れまで再現する様だった。
私達は転移の石で帰還後、神様と少し話した後はすぐにログアウトした。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く