極寒の地で拠点作り

無意識天人

装備確認

「えっと休憩スペースは、っと」

私達は今、神様から貰った装備品やら武器やらを確認するため、屋台などが立ち並ぶ商店街の様な通りを抜けて休憩スペースに向かっていた。

「あ、ハープ。あれじゃない?」

そこには、休憩スペースという名前の割には開放感も無くフリーな感じもない、旅館の様な建物が建っていた。
いざ入ってみると、カウンターに店のご主人であろう人が立っていて、

「いらっしゃい、二名様ですか?では、40Gになります」

流石NPCと言った所か、かなりスムーズに手続きが進む。

「それでは、ごゆっくりー」

ごゆっくり、とは言うけどそんなに長くいるつもりは無い。本来の目的である、ポーションとかその辺りもあるし。

「えっと、私達の部屋は……」

鍵はハープが持つことになって、その鍵には『112』と部屋番号が刻まれている。
壁に掲げられている案内板を元に進むと、私達の部屋は角部屋で、畳が敷かれた普通の旅館という感じの部屋だった。

「なんか旅行に来たみたいだね。泊まる気は更々無いけど」

休憩スペースと言うからには空間的にも金銭的にもフリーな施設なのかと思えば、この通りなんだから。休憩スペースじゃなくて宿泊施設に名前帰ればいいのに、そう思った。
もしかして、私達が文句を言おうとしている運営って感覚が少し外れてるのかな?
そんなことを考えていると、ハープがこっちを見て何か言おうとしている。

「ハ、ハープ?」

「……それではお待ちかね。装備確認たーいむ!」

いえーい、とでも言う様にハープは盛り上がった感じで言う。なんかよく分かんないけど、既に目がキラキラしている。
私と言えば、なんて返したらいいか分からなくて、

「い、いえーい?」

「じゃあ、ユズ。装備セットしてみて?」

あ、同時にじゃないのね。まあ、そんなことは目が輝いているハープには届かないだろうから言わないけど。
内心、私もワクワクしてるから早く着てみたいって言うのはあった。
早速、インベントリから装備欄を開いて、装備一式と武器をセットしてみる。
すると、

【ユズは闇の魔道士シリーズ(ユニークシリーズ)を装備した!】

「ん?」

「え?」

何か表示された。
いや、特定の装備一式を〇〇シリーズと言うのは初期設定の時のヘルプ欄にちょこっと載ってたから分かるんだけど、ユニークシリーズって何だろう。ハープも分からないらしく、浮かんだ表示に首を傾げている。
そして、装備を確認するついでに、私は一つの問題に気づいた。


装備
【頭:闇の魔道士のローブ】
【体:闇の魔道士のローブ】
【右手:闇ノ戦棍】
【左手:(闇ノ戦棍)】
【脚:(闇の魔道士のブーツ)】
【靴:闇の魔道士のブーツ】
その他装備品
【空欄】


私は改めて思った。

「に、似合わなくない?」

その、闇の魔道士シリーズとやらは頭にはフード、体全体を布で覆っている。しかも真っ黒と来た。これじゃ、見た人に明らかな怪しさを与えてしまう様な、まさに不審者とでも言う様な装備だった。
しかしそんな反応を見せる私に対して、

「わぁ……ユズ、それすっごくかっこいいよ!」

相変わらず目をキラキラさせているハープにはとてもかっこよく見えた様で好評だった。別にかっこよさは求めてないんだけど……正直、もっと可愛い方がよかった。
まあ、そんな所で微妙さを感じていると、更なる問題を私は発見してしまった。
それは武器、装備の追加効果にあった。


闇の魔道士シリーズ《やみのまどうししりーず》
装備者のSTR二倍、INT+10

闇ノ戦棍《やみのせんこん》
STR+60、INT+8、MP+15

装備固有スキル
【混沌の克服】:状態異常即時解除


STRの超強化、状態異常の即時解除、そして武器、装備に付く申し訳程度のINT上昇…………

うん。

「ねぇ!この装備っ!全っ然!私に魔道士させる気っ!無いんだけど!」

私は何処にいるでも無い、あの神様に向かって文句を言う。杖まで何故かSTR上がるし。まあ戦棍、即ちメイスは殴打用の杖らしいから仕方ない……仕方ないのかな?
そんな疑問を持っている私にすかさず、ハープが寄ってくる。

「いやいや、強いじゃん!凄いじゃん、ユズ!」

と、気が収まらない励まし?を入れてくる。まあ、ハープが良いって言うならいいか。私が見ても強い装備だって分かるし、プレイスタイルも広がるだろうから。

「あ、ありがとう」

「へぇ……ユズの方も凄い装備だし、私のはどんな感じかな?」

確認する前の私の様にハープはワクワクしている様だった。どうかその期待が私の様に壊されないか願うばかりだ。
当の私は前線で戦う魔法使いってどうなんだろう、斬新で結構面白そうかも、とか何とか考えてた。
戦い方は実戦で覚えればいいし、まあ、そこの所は何とかなるでしょ。
それでハープはと言うと、

【ハープは闇の暗殺者シリーズ(ユニークシリーズ)を装備した!】

「あ、これ何か動きやすい!」

ハープの装備もユニークシリーズで暗殺者?なんか物騒だなぁ。
見た目としては軽装で、私なんかよりも正反対で露出が少し多くて……うーん、なんて言ったらいいんだろ。とりあえず現実じゃないから普通に着れる様な装備とでも言っておこう。
そして、ハープの装備を見せてもらうと、

装備
【頭:なし】
【体:闇の暗殺者のコート】
【右手:闇ノ短剣(右)】
【左手:闇ノ短剣(左)】
【脚:闇の暗殺者のブーツ】
【靴:闇の暗殺者のブーツ】
その他装備品
【空欄】


ついでに武器、装備スキルも見せてもらうと、


闇の暗殺者シリーズ《やみのあんさつしゃしりーず》
装備者のAGI二倍、STR+10

闇ノ短剣《やみのたんけん》

STR+15、AGI+20

STR+15、AGI+20

装備固有スキル
【無作為な混沌】:攻撃時、相手をランダムに状態異常にさせる。


えっ?強くない?私より強くない?
武器の上昇値、私より大きいし。片方使えなくても何とかなりそうだし。

「どう?似合ってる、かな?」

ハープは私と同じ様な反応をした。
少し恥ずかしいのか、先程までの勢いは失速気味だ。

「うん、かっこいいよ!なんか強キャラ感出てるよ」

「そ、そっか……」

未だ恥ずかしそうに前まで締まらないコートをくるまっている。
こんなハープを見るのは珍しいことかもしれない。
一通り確認も終わったから、私はハープに提案する。

「じゃあどうしよっか、ポーションとかその辺り買っておく?」

「え?ちょ、ちょっと待って?」

やっぱり恥ずかしいのかな、と思っているとどうやら違った様で、

「武器スキルのポイント振り分け、やってなかったでしょ?だから、それやってからにしよ?」

そういえば私も六種類の中から選ぶとか言っておいて、結局何選ぶか決めてない。
火にしようかなー、風にしようかなー、なんて考えながら武器スキルの振り分けをしようと思ってその欄を開くと、

【第七魔法が解放されました!】

「え?」

「ん?どうしたの、ユズ」

またなんか出てきた。
第七魔法?何だそれ、と思いながら、火、水、風、土、光、毒、と言う様に横に捲っていくと、さらにその先に『闇』という欄があった。
闇魔法、それが第七魔法のことか。そしてその闇魔法はどうやら他の魔法よりもスキルレベルを1上げるのに二倍のポイントが必要の様で、今の私ではLv.2にギリギリ届くくらいで先はまだまだある。その闇魔法の欄は、


闇魔法一覧
Lv.1 【暗転】
Lv.2 【心の闇】
Lv.3 【???】
Lv.4 【???】
Lv.5 【???】
Lv.6 【???】
Lv.7 【???】
Lv.8 【???】
Lv.9 【???】
Lv.10【???】


と言う形だ。
暗転は恐らく、光魔法Lv.1の逆だろうけど、心の闇はなんかやばそうな気しかしない。
Lv.2でこんななんて大丈夫なんだろうか。あ、勿論強すぎてって意味ね。
多分私が特殊な武器スキル解放したから、ハープも解放してるだろうと思って聞いてみたら、

「あはは、秘密……お楽しみだよ」

と言ってきたので、こちらもお楽しみにしておく。

「ふう……もう何も無いよね?」

武器と装備の確認良し、スキルの確認良し。
問題は無さそうだった。

「うん、私はもう無いよ」

「それじゃあ、もう出る?」

「あ、う……うん」

何故かは知らない……って言うのは嘘だけど、やっぱり恥ずかしそうにしている。お腹とか出てるしね。まあそんな格好に私が思うことと言えば、ただ単純に寒そうってだけなんだけど。

「大丈夫だって!私なんか不審者だし」

真っ黒いローブでフード被る、不審者以外の何者でもない。まあでも多分慣れれば何とかなる。

「それフォローになって無いよ……」

あれ、そうかな?まあそれもそうか、私がこんな格好してたら嫌でも目立つか、何てったって不審者だもの。

「まあでも……何とかなるよ!うん」

「それ更に信用出来ない奴だよ」

そして、何だかんだあって結局そのまま外へ出ることにした。ご主人に鍵を返して、挨拶をしてそのまま出る。滞在時間は僅か三十分と言った所だった。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く