極寒の地で拠点作り

無意識天人

プロローグ

 私、冬木柚葉ふゆきゆずはは、親友であり幼馴染の九条琴音くじょうことねの頼みでとあるゲームをプレイすることとなった。

「えーっと?これをこうして……」

 元々ゲームなんてあまりやらなかったので始め方とかその辺りは琴音に教えてもらった……けど、機械音痴な私はゲーム機の親機で行うゲーム機の設定の時点で既に詰まっている。

「うーん……どうすればいいんだろ」

 琴音に教えられたゲームは所謂VRMMOと言ったジャンルのゲームで、丁度貯まったお金の使い道を考えていた所だったからいい機会だと思ってゲーム機と一緒に買ってしまった。

「あー、もうわかんない!こうなったら適当に……」

 私には少し向こう見ずな所がある。だから面倒くさくなるとすぐにこう後先考えない行動に移ってしまう。

「あっ、出来た!」

 ただ今回はそれが良い方向に向かった様で、無事設定を完了することが出来た。
 早速私は城のような建物が描かれたパッケージからディスクを取り出し、親機に挿入した。あとはヘルメットのような子機を装着してボタンを押すだけだ。

「うー、緊張するなぁ……」

 VR技術が凄い!というのは、一年ほど前から今も続いてるブームの影響で頻繁にCMや夕方のニュースでやっているせいか、私もよく知っていた。ただ、いざやるとなるとやっぱり緊張する。

「よし……じゃあ、VRMMOの世界へ!」

 覚悟が決まった私は頭に装着した子機のボタンを押した。

「極寒の地で拠点作り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く