勇者のパーティーから追い出されましたが、最強になってスローライフ送れそうなので別にいいです

初柴シュリ

彼らはようやく帰還して





「おおアンタ達! 良く帰って来たな!」


 集落へと戻ると、入り口では何人もの獣人達が俺たちのことを待ち構えていた。その集団の中から、慌てた様子で先程俺と話した男が駆け寄ってくる。

  背負ったベリオを下ろすと、彼もまたフラついた足取りで男へと駆け寄る。いや、駆け寄るとは言っても足を怪我している為非常に非常に遅いものだったが。


「狂獣の吠え声が響いてたから皆心配してたんだ。ロジスにあんなことがあったばかりで、その上ベリオまでやられてしまったら……ってな。本当に無茶しやがって!」

「フルさん……すいません。でも俺、このペンダントだけはどうしても見捨てられないんです。だから……」


  深刻な表情で胸元のペンダントを握りしめるベリオ。そんな彼に対して、フルと呼ばれた男は困ったような表情で頭を掻く。


「別に責めるつもりは無いんだ。ただ、お前の事をそれだけ心配している奴がこれだけいる……その事を知って欲しかったんだ」


  フルは背後に並ぶ人々に向かって顎をしゃくる。幼子から老人まで、様々な人々が皆一様に不安げな顔をしてこちらを見ている。

  自身の行為がどれだけ周りに気を遣わせていたのか、ベリオは漸く思い知ったようだ。大きく目を見開いた後、悔やむようにほぞを噛む。


「……ありがとうございます。俺……」

「その先は俺が聞くべき言葉じゃない。ほら、妹さんが待っているぞ……これに懲りたら、もう暴走はやめるんだ」


  ベリオは軽く一礼すると、入り口で待つ人々に向かって歩き出す。その姿を見送ると、フルは俺の方へと顔を向けて来た。


「アンタにも礼を言わなきゃな……ベリオの事、守ってくれて助かった。なんだかんだ言うが、アイツのお袋さんのペンダントは探すつもりだったからな」

「いや、俺もあいつと飛び出した時点で同罪だ。礼を受ける謂れはないよ」


  頭を下げてくるフルに、俺はやんわりと否定の意を示す。そもそも、俺のやった事は打算まみれの行為だ。それが結果的にある程度人助けとなっただけ……偽善以外の何者でもない。

  そんな行為に対し頭を下げてくるこの男は、純朴であり根っからの善人なのだろう。そんな人を利用し、俺は裏切った……自身の犯した行為に後ろめたさを感じつつも、それを口に出す事は決してない。俺も随分とひん曲がってしまった物だ、と心の内でため息を漏らす。


「そう言ってくれると助かる。迷惑かけたな旅人さんよ……おっと、確かもう旅人じゃないんだっけか?」

「ああ、改めてラトラの家に滞在することになった。名前はバグス。バグス・ラナーだ。好きなように呼んでくれ……それにしても、ここを出る前のやり取りなんかよく覚えてたな?」

「へへ、生憎記憶力には自信があってね。お望みならばこの集落の女性達ののスリーサイズ全部言って見せようか?」

「いや結構……って、え゛」


  シリアスな雰囲気から唐突に振られた下ネタ。思わず硬直してしまった俺を見て、フルはニヤニヤとした笑みを浮かべている。

  一瞬の静寂の後、彼は大口を開けて盛大に笑い始めた。


「ハーッハッハッハ!!!  いや、なんだよその惚けた面!お前、鳩が豆鉄砲どころか猟銃でも食らったかのような顔してるぜ!  ヒーッ、ダメだ笑い死ぬ!」

「あんた……」


 どうやら自分はからかわれていたようだ。笑い転げるフルのことを腕を組みながら冷たい目で見下ろしていると、ようやく笑いが収まったのか彼は目じりから流れる涙を拭い、呼吸を整える。


「冗談冗談! そんなの俺が調べられる訳無いだろう? いやー、兄ちゃん意外と初心だねぇ。もしや未経験かい?」

「……だったらなんだって言うんだよ」


  フルのにやけ笑いから目を背ける。別に俺も事に興味が無い訳ではない。ただ、勇者パーティーとして活動していた最中には現を抜かす程の余裕がなかったというだけだ。

  大体勇者パーティーに加入したのが俺が二十一の頃。まだ夢を見れた時期で、初めては好きな人となどとのたまっていた辺りだ。そこから二年かけ、パーティーから追い出される時期になるまでは仲間に追い付こうと日がな一日魔獣との戦いに明け暮れる毎日だった。

  つまり、俺は二十三にして未だ童貞だ、という事である。あまり積極的に口にはしたく無いが、事実なのだから仕方がない。

  俺のほぼ肯定とも取れる台詞を聞くと、フルはニヤニヤとした下世話な笑みを浮かべ肩を組んでくる。


「いやいや、そう落ち込みなさるなって。幸いにして、お前さんの下宿先には集落一の美人がいるだろ?」


  耳元で囁かれる言葉。若干の気持ち悪さとくすぐったさを感じた為、俺はフルの腕を振り解く。

  集落一の美人……まさかラトラの事ではあるまい。確かに将来的には美人に育ちそうだが、この集落の人々が幼女を崇めるロリコンの集まりでは無い限り違うはずだ。となると、一緒に住んでいるもう一人の同居人か……。


「……サウリールの事か?  別にあいつと俺はそんな関係じゃ」

「だーっ!  それはこれから育んでいきゃいいんだよ!  いいか、想像してみろ?  アイツが色っぽくお前に迫ってくる光景を!」

「そんな、迫ってくるって……」


  戸惑いながらも、頭の中には自然と光景が浮かび上がってしまう。兎耳とその大きな胸を揺らしながら、バニーガールの服装で此方を色っぽく見つめるサウリール。ベッドに座った俺が唖然としていると、彼女は網タイツを纏った足をベッドに乗せ、ゆっくりとにじり寄ってくる。やがて俺の目の前にその魅惑の谷間を近付けると、持ち上げられた胸がマシュマロのようにふにょんと変形し……


(って何を考えてるんだ俺は!!??)


  慌ててかぶりを振って脳内の妄想を打ち消す。なんだバニーガールって。確かに同じ兎モチーフだが、それにしたって安直過ぎないだろうか。というか人生でバニーガールを見た事など数える程しかないというのに、随分と妄想逞しい頭である。

  俺の様子を見て何かを察しているのか、フルは相変わらずニヤついた笑みを浮かべている。その笑みに若干苛ついて、思わず彼の肩を小突いてしまう。


「ハハハ、悪い悪い。でもサウリールさんが集落一の美人ってのは本当だぞ?  幸薄そうな雰囲気と色っぽい見た目が大人気だ。ライバルは多いから注意しとけよ」

「余計なお世話だよ。ったく……俺は帰るから、後は頼んだ」


  そう言い残し、呑気に手を振るフルを尻目に俺はラトラ達の家に戻ろうと歩を進める。取り敢えず、帰ってから今後の方針を決める必要があるだろう。精霊の取り扱い方も話し合わねばならないし、星魔王の事もある……問題は山積みだ。

  と、足早に集落の入り口を抜けようとした時、背後から声が掛かった。


「あ、待ってくれバグス!」


  振り向くと、そこにはベリオとその親戚の方達が。面識が無い相手の方が多いが、皆一様に真剣な顔を此方へ向けている。

  その中からベリオが一歩前へ出ると、彼は深く俺へ向かって頭を下げた。


「今回の件、全部バグスが居たから出来たことだ。有難う、本当に感謝している!」


  唐突の謝辞に戸惑っていると、後ろに並んだ親戚達も一斉に頭を下げた。小さい子供から老人まで、皆一様に。

  その礼からは、欠片としておざなりな感情は見当たらない。全ての人が例外なく、俺へと純粋な感謝を向けているのが分かる。分かってしまう。人から向けられる悪感情については、人一倍敏感になっているから。


「っ……こういうのには俺、あんまり慣れてないから止めて欲しいね」


  俺は慌てて背中を向ける。そうでもしなければ、この真っ赤に染まった頰を見られてしまうかもしれないから。

  勇者パーティーとして活動する中で、こういった事はもしかしたらあったかも知れない。ただ、二年の旅路の中で小さな記憶は磨耗していき、他愛の無い過去として処理されていく。今残っているのは、目的と努力の跡のみだ。


「その…………此方こそ、ありがとう」


  裏返りそうな声を必死に抑え、漸く言葉を絞り出す。だが、絞り出せた勇気はそこでガス欠となったのか一気に奥から恥ずかしさが込み上げて来た為、それだけを言い残し俺はより早足でその場から歩き去った。

  将来の事など全く分からない。星魔王の事や、同じ地にいる元仲間の事……不安要素は尽きる事がない。

  だが。偶然に立ち寄った集落だが、えにしもない人ばかりだが、ちょっとだけ。


(……ここで暮らして行くのも、悪く無いかもな)


  自身の頰がだらし無く緩んでしまっている事に気付いたのは、それから暫く後精霊に指摘されてからだった。

「勇者のパーティーから追い出されましたが、最強になってスローライフ送れそうなので別にいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く