なんか転移したのでチート能力で頑張ります。

山下 昇

第23話 領主邸にて

「着いたぞ、さっさと降りろ。」
と俺は男に乱暴に言われて仕方なく指示に従った。
ちなみに移動はなんとも古典的な馬車であった。
馬車というと乗り物酔いしやすいものがほとんどだと思っていたのだが、今回のものはそうでは無かったらしい。
「はいはい。」
とりあえず俺は指示に従いながら適当に言葉を返しておいた。

しかしここ、本当に凄いな。俺は思わず見とれてしまった。
やはり、領主の屋敷というのが良くわかる。
まず、先に目がつくのは一介の貴族では手が出せなさそうな金属を使って作られたであろう噴水。
流石異世界というべきなのか、仕組みが元の世界とはまるで違う。
なんというか、見る感じ魔石による魔力行使みたいな感じの仕組みだと思われる。
そして次に目がつくのはその豪華絢爛な屋敷だろう。
というか、俺でなければこちらが先に目がいくと思われる。
やはり領主だけあってか、他の家々とは一線越えた大きさ、色使いをしていた。
「凄いな。」
俺はそう思いながら、男に着いてこいと言われたので仕方なく着いていくのであった。

さてこうして俺は一人こうして屋敷に呼ばれた訳だが、他にも色々な用で来ている人達もいるらしい。
流石に領主だけあって忙しいのだろうか。
まぁ、そんなことは俺にとっては関係がないお話だ。
しかし、そんな用がある人達はこちらを見つめて話しているっぽい。
面倒くさいことこの上ないと思い、俺はただただ男達に着いていった。

そして俺はとある部屋に入れられた。そして、男は次に俺にこう言ってきた。
「さて、貴様はこの街の領主様と話をする訳だが、決して無礼な事はするなよ!わかったか!あと、領主様は貴様と違ってお忙しいからな、その部屋で待っていろとのことだ。わかったか!」
俺はうるさくて仕方ないのでとりあえず「ほーい」みたいな感じで返しておいた。
それを決めるのは俺だからな。反対にお前らの領主が死なないように擁護でもしてあげな。
と思っていたら彼らはそさくさと逃げ足で去っていった。

「なんだ、あれ…」
そう思いながらもらとりあえず俺はその領主を待つことにしたのであった。

さて、待ちはじめてから既に30分が経過したわけだが一向に来る気配はないので、とりあえず俺は仕方なく、適当にあった物をソファーで寛ぎながら読み漁ったりしていた。この場で得た知識も今後上手く利用していきたいものだ。
そんなことをしていたらとうとうお見えになるらしい。なんとなく部屋の外からの気配で分かった。
そして、その予想通りその男は部屋に入ってきたのであった。

体型は大男という訳ではないが、身体が筋肉で締まっていることは服の上からも伺えるし、何より気配で当人が強いということがわかる。
そして生まれて初めて経験してしまったこの威圧感というかなんというか。
とりあえず、こいつはただ者ではないということがこの数秒で身体で理解したのであった。

「君が、新垣真琴君か。」
その男は俺を見てきてそう言う。
俺は答えるのが面倒なので、沈黙でその言葉に返した。
「なるほどそういう返しをする者は初めてのことだよ。」
と別に初めてでもないような感じでそんな事を言ってきた。
そして、彼はソファーに腰を掛けてからこんな事を言ってきた。
「まずは自己紹介をしておこう。私の名前はアルス・エイティグナである。この街に来た、ということはこれからも付き合いがあるかも知れないからな宜しく頼む。」
と意外にも紳士的な対応をしてきたので俺は少し驚きながらも
「私の名前はもうご存知のようですが、改めて紹介させて頂きます。
新垣真琴と申します。いつもお話を伺っている領主様の屋敷にお呼ばれするとは思いもしませんでした。」
と少しは板についていればいいなとでも考えている尊敬語を使って自己紹介をしておいた。
すると相手もこれは意外だったようで、「ほう…」と興味深そうにこちらを見つめてきていた。
まぁこんな感じで挨拶を終え、今回呼ばれた要因について話を聞くとした。
「それでなのですが、今回私をお呼びにしたのは如何な理由でしょうか?」
「なに、先のモンスター襲来の件についての褒美を取らそうとでも思ってな。」
「それならば、他の方々にも褒美をつかわせた方がよろしいのでは?私の力は微量なものでしたし。」
と謙遜しながらもそう俺は伝える。
しかし、そんな事は読んでいたのか、
「いや、私のところに来ている報告では君が一人で魔法を使用し、討伐したという話だが?」
「いえ、私一人ならば確実にこの街は無くなっておりました。しかし、他の方々も自分のために時間稼ぎをしてくださったおかげで、なんとか討伐することが出来ましたので一人の力とは…」
「ふむ…なるほど、そなたの言うことは分からんでもない。分かった、他の者達にも後日贈るとしよう。」
「はい、それでよいと思われます。」
しかし、この人物何気に有能感が漂っているな。おまけに羽振りがいいしな。
「しかしまぁ私の願いを聞いてくれるというならばだがな。」
と急にそんな事を言ってきた。
「何でしょうか?」
「ふむ、では今回呼ばせて貰った本題に入るとしよう。………新垣真琴よ、我が忠実な僕になるつもりはないか?」
と彼はそんな事を俺に言ってきたのであった。

「なんか転移したのでチート能力で頑張ります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く