なんか転移したのでチート能力で頑張ります。

山下 昇

第14.5話 闇の蠢き

Sランクモンスターの襲来を退けて、パーティーをしたこの街で、一人の男は今まさにとある行動に移ろうとしていた。

「さて、すべての準備は整った。」
その男はニヤリと不気味な笑みを浮かべながら更にこう続ける。

「あとは、我々が必要とするのは…新垣真琴のみだ!これで我々の悲願が達成される!」
彼は拳に力を入れながら叫ぶ。

「盟主よ、この作戦必ずや成功させましょう…フフフハハハーーー!!!」

こうして、Sランクモンスターの襲来を終えたこの街で闇が蠢き始めたのであった。

しかしこの時はまだこの後の男の行動が、愚かであることを知るよしは無かったのであった…

「なんか転移したのでチート能力で頑張ります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く